これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)昼・夜・深夜・早朝のボーナス|配達員

ウーバーイーツ Uber Eats 昼 夜 深夜 早朝 ボーナス 配達員

ウーバーイーツ(Uber Eats)昼・夜・深夜・早朝のボーナス|配達員

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が配達の仕事をする場合、通常の「配送基本料」に追加して加算される「インセンティブ(ボーナス)」について、解説していきます。

Uber Eatsの「配達パートナー」に登録する

インセンティブ(ボーナス)が発生するシチュエーション例
  • ランチタイム(だいたい10:30~15:00くらい)
  • ディナータイム(だいたい17:30~22:00くらい)
  • 土曜日・日曜日・祝日
  • 悪天候の日(雨・台風など)

「インセンティブ(ボーナス)」が発生する明確なルールは表明されていないのですが、上記のシチュエーションは、これまで、数多く「インセンティブ(ボーナス)」が発生してきた状況となります。

「インセンティブ(ボーナス)」の発生には、明確なルールがあるわけではないので、確かな情報は、お伝えできないのですが、最近でも、「雨の日(台風の日)」「ランチタイム(昼ご飯)」「ディナータイム(夜ご飯)」時間帯の前後は、「インセンティブ(ボーナス)」が発生する確率が、高くなっていますので、狙い目は、上記「3つ」だと思います。

「雨の日」など、「悪天候」になる日が、事前に分かっているような状況の場合、1日・2日くらい前に、その日の配達に「インセンティブ(ボーナス)」が付くことを、「メッセージ」や「メール」などで、知らせてくれることもあります。

後は、最近、「土曜日」「日曜日」などに関しては、「インセンティブ」が付きにくい時も多いので、注意が必要です。

「GW(ゴールデンウィーク)」などの「祝日」や「連休」の時は、まだまだ「インセンティブ(ボーナス)」が、付くこともあります。

ウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツ(Uber Eats)って何?サービスエリア・配達料・配達員仕組み・ビジネスモデル

まずは「会員登録」する

「クエスト」「ブースト」「インセンティブ」の言葉の違いは?

そもそも、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」をしていると、よく目にする「クエスト」「ブースト」「インセンティブ」という言葉には、どのような「違い」があるのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事をしていると、よく目にするのが「インセンティブ」や「クエスト」「ブースト」という言葉です。

これらには、どのような「違い」や「意味」があるのかを、「初心者」ほど、まだ知らない人もいるかと思いますので、ここでは、簡単に「これらの言葉の違い」を説明しておきます。

「クエスト」とは

「クエスト」とは、「配達回数インセンティブ(ボーナス)」のことを言います。

英語で「クエスト」とは「探求」「探索」「追及」「遠征」などの意味があります。

実は、「クエスト」とは、「ある決められた時間内に、一定の配達回数を達成すると、追加報酬(ボーナス)を得ることができる、インセンティブの1種」のことなのです。

この「配達回数」に応じて、追加報酬が増えていく仕組みが、「クエスト」と呼ばれています。

例えば、「ある日」の17時30分~22時まで(ディナータイム)の間に、「4回の配達を達成すると+400円のボーナスが追加」されたり、同じ時間で「8回の配達を達成すると+1,300円のボーナスが追加」されたり、さらに同じ時間で「12回の配達を達成すると+2,600円のボーナスが追加」されたりと、制限時間内に、配達を達成した回数に応じて、貰えるボーナスが増加します。

「ブースト」とは

「ブースト」とは、「指定の時間や、指定エリアで配達を完了させると、通常の配達報酬より1.1倍~1.2倍の報酬が貰える、インセンティブの1種」のことです。

この「ブースト」のことは、「倍率インセンティブ」とも呼ばれています。

「雨の日(悪天候の日)」「ランチタイム」「ディナータイム」「土日祝日」「新エリア」などの、ある条件が合致した時に、この「ブースト(倍率インセンティブ)」が発動されます。

比較的狙いやすいのは、「ランチタイム」「ディナータイム」に発動する「ブースト」で、忙しくなる「ランチタイム」や「ディナータイム」を狙って、配達の仕事をすることで、「ブースト」が掛かった報酬を貰える可能性が高まります。

ただし、「ブースト」の発動条件は、正式には公開されていませんので、発生条件は、明確には定義できません。

ご注意ください。

「インセンティブ」とは

「インセンティブ」とは、「ブースト」「クエスト」も含めた、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に適用される、「全てのボーナス(追加報酬)」を総称して、使われる「言葉」となります。

「インセンティブ(ボーナス)」の中には、「クエスト(配達回数インセンティブ)」以外にも、「ブースト(倍率インセンティブ)」や「オンライン時間インセンティブ(最低収入保障)」なども含まれています。

つまり「インセンティブ(追加報酬)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」には登場する「ボーナス(追加)」のことを指して、使われる言葉なのです。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)個人事業主の確定申告・税金|副業・配達員・配達料

「配達パートナー」の報酬を計算する

インセンティブの1つ「オンライン時間インセンティブ」とは?

配達パートナー(配達員)」が得ることができる「インセンティブ(追加報酬)」は、大きく分けると、以下の3つが挙げられます。

配達パートナーが得られるインセンティブ(追加報酬)3種類
  1. クエスト(配達回数インセンティブ)
  2. ブースト(倍率インセンティブ)
  3. オンライン時間インセンティブ

「クエスト」と「ブースト」は、先ほど説明しましたので、ここでは「オンライン時間インセンティブ」について、簡単に説明していきます。

「オンライン時間インセンティブ」とは、配達パートナーが得られる「インセンティブ(追加報酬)の1種」で、オンラインで配達リクエストを待っているにも関わらず、配達依頼が来ない時に、「基準となる金額(基準額)との差額の収入を、保障してくれるインセンティブ」となります。

つまり、「オンライン時間インセンティブ」は、「オンラインで待機しているにも関わらず、配達依頼がない時でも、ある一定の額の報酬が支払われる」というものなのです。

例えば、「あるサービスエリア」の、10時から11時における「オンライン時間インセンティブ」の「基準額」が「2,000円」だった時、その時間内に、実際に配達して得た報酬が「1,200円」と、基準額の2,000円に届かなかった場合、差額の「2,000円ー1,200円=800円」を、自分で稼いだ「1,200円」にプラスして、貰えることが出来るのです。

その際、注意点として、上記と同じ条件の、10時から11時の間で、「配達パートナー(配達員)」の「オンラインであった時間」が、「半分の30分」しかなかった場合は、支払われる「オンライン時間インセンティブ」は、「800円」の半分の「400円」しか支払われないことになりますので、「オンライン」にしている時間が、条件と合致しているかは、注意してください。

このように、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」本体とは「雇用関係」がない「個人事業主」となりますので、「時給労働」ではなく、成果主義の「完全歩合制」となります。

つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、配達を頑張れば頑張るほど、報酬が増えますが、逆に「配達」が出来ないと「お金が稼げない」のです。

「会社員」や「アルバイト」なら、手を抜きながら仕事をしていても、1時間(もしくは1ヵ月)が過ぎれば、決められたお給料が貰えますが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の場合、配達回数が「0回」であれば、配達リクエストが入るのを、1時間待ち続けていたとしても、当たり前ですが、稼げる額は「0円」なのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」で稼ぐためには、この「配達リクエスト」が入らない状況を、なるべく起こさないように、「配達エリアを移動」したりしているのですが、この「オンライン時間インセンティブ」が得られる条件下にいると、「配達回数」が少なくても、一定の「報酬」を獲得することが出来るのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が「オンライン時間インセンティブ」を受けたい場合は、「Uber Driverアプリ」の「プロモーション」をタップし、「プロモーション」画面の下にある「その他プロモーション」の欄を見ると、近々、実施が予定されている「オンライン時間インセンティブ」の「告知」が入りますので、「告知」で指定された時間に、「配達エリアの中」で、「Uber Driverアプリ」を起動し、「オン」にして、配達を行ってください。

あとは、告知の「要件」に書かれている「適用条件」をクリアすると、「オンライン時間インセンティブ」が貰えます。

オンライン時間インセンティブの主な適用条件
  1. 原則、対象エリア内で待機していること
  2. インセンティブ期間の応答率(配達リクエストを受ける確率)が、基準を下回らないこと
  3. 最低保証料金の適用対象時間中、オンライン時間、1時間あたりの基準回数以上の配達を完了すること

「オンライン時間インセンティブ」には、上記のような「適用条件」があり、この適用条件をクリアしないと、追加報酬は貰えません。

具体的に言うと、以下のような要件が出されます。

10月12日(土曜日)9時~12時

1時間あたり1,000円の収入が保証されます。

要件
  • 50%のリクエストを受諾
  • ご乗車の90%が「Tokyo service area」からの配車リクエスト

例えば、上記のような「オンライン時間インセンティブ」が告知されていました。

この告知を見たので、当日、「東京のサービスエリア」に移動し、「Uber Driverアプリ」を起動させて待機をして、9時~12時までの3時間の間で、全6回来た「配達リクエスト」の内、4回の配達を完了させて、配達報酬が2,000円だった場合、配達リクエストの受諾率は4/6となり、要件の50%を超えているので、「オンライン時間インセンティブ」が適用されます。

3時間全てでオンラインにしていたので、上記の場合は「3,000円」の「オンライン保証収入」となります。

ですが、配達を完了して得た配達報酬は、2,000円だったため、満額の3,000円に満たなかった「1,000円分(3,000円ー2,000円=1,000円)」が、「オンライン時間インセンティブ」としてタダで貰えて、最終的に、3時間稼働した報酬が、最低限保証された、満額の3,000円に到達するという仕組みになっているのです。

Uber Eats ウーバーイーツ ダイエット 痩せる方法Uber Eats(ウーバーイーツ)ダイエット商品(サラダ・スムージー)頼み方・注文方法

Uber Eatsの「配達パートナー」の詳細

「クエスト」「ブースト」「オンライン時間インセンティブ」で稼ぐ

このように、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼ぎたい人は、「クエスト」「ブースト」「オンライン時間インセンティブ」の「3つの追加ボーナス」を、上手に絡めながら、効率良く配達していくことが重要になってきます。

「クエスト」「ブースト」「オンライン時間インセンティブ」は、「Uber Driverアプリ」の「プロモーション」という「メニュー」から、事前に確認することが出来たり、地図上のマップの特定エリア(地域)に表示されたりしますので、「インセンティブ」が発生する条件が確認できたら、指定の場所や、指定の時間まで移動して、ボーナスを獲得できるように、配達を開始しましょう。

収入保証が適用されたかを確認するためには、「アプリ」の「売り上げ」⇒「今週の売り上げ額」⇒「取引」に記載されていますので、そこで確認してください。

ウーバーイーツ Uber Eats プロモーションコード 無料 クーポン 配送料 値上げ 仕組みウーバーイーツ(Uber Eats)配送料 無料クーポン|配送料値上げの仕組み

Uber Eatsの「始め方」

まとめ

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が、配達の仕事をする際に、通常の「配送基本料金」に追加して貰える「インセンティブ(ボーナス)」について、解説してきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人事業主」となりますので、「確定申告」で「普通徴収」を選択して、自分で税金を支払えば、「会社員」の人であっても、住民税の増加からは、会社に副業がバレることはありません。

今回、紹介した「ボーナス」を上手に絡めて配達をすれば、「会社員」の人でも、週末の半日だけ稼働したとしても、毎月、十分な「お小遣い」をゲットできる可能性がありますので、「副業」や「副収入」に興味がある人は、この機会に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に、是非、登録してみてくださいね。

Uber Eatsの「配達パートナー」会員登録

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ副業」主婦や女性が在宅スマホで稼ぐ方法33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録