これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|配達員登録会の必要書類・配達エリア

Uber Eats ウーバーイーツ 登録方法 配達員 登録会 必要書類 必要なもの

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|配達員登録会の必要書類・配達エリア

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の登録方法について、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の登録方法について、説明する前に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは「どんなサービスなのか?」を、少しだけ解説しておきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、「①注文者(ユーザー)」「②レストランパートナー」「③配達パートナー(配達員)」の3者を、「Uber(ウーバー)」の革新的な「テクノロジー」で繋ぐ、「Food Delivery(フードデリバリーサービス)」です。

日本の人が、イメージし易く言うと「出前サービス」という感じなのですが、一般的な「出前サービス」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、大きく異なる点があります。

それが「配達パートナー」の「存在」です。

uber eatsとは ウーバーイーツとは

通常の「出前サービス」では、「飲食店(レストラン)」が出前の注文を受けると、「注文者(ユーザー)」に「商品」を届けるのは、「飲食店(レストラン)」側の従業員でした。

この「従業員」の代わりに、「配達パートナー」という「個人事業主」の人に、レストラン側が、「配送料」を支払って、配送業務を手伝ってもらう「仕組み」を、取り入れて成功したのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」なのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達の「仕組み」は、以下の図で描いた通りに流れていきます。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

上図の「①⇒②⇒③⇒④」の順番で、配達業務が行われていきます。

UberEats ウーバーイーツ ベジタリアン ヴィーガン ビーガン 料理 菜食主義者Uber Eats(ウーバーイーツ)ベジタリアン・ヴィーガン(ビーガン)料理・注文方法・商品頼み方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「ユーザー登録」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」を利用したい人は、最初に「ユーザー登録」をする必要があります。

この「ユーザー登録」は「注文をする人(ユーザー)」「配達パートナー」「レストランパートナー」と、それぞれに分かれていますので、登録したい所の「会員登録ページ」から、まず「ユーザー登録」を済ませてください。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」フード注文のユーザー登録

まずは、料理を注文できる「ユーザー(注文者)」について、簡単に説明していきます。

「ユーザー(注文者)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「ウェブサイト」か「アプリ」から、お目当ての「飲食店(レストラン)」に「料理」や「飲み物」の「注文」を出すことが出来ます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で料理を頼む場合、「商品の料金」とは別に、「配送料手数料」という料金が追加されます。

この「配送手数料」を見て、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を初めて利用する人は、「料理が高い」と感じる人も多いようです。

ただし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」には、「出前」では頼めない「商品」を配達してくれる「有名店」や「隠れた名店」も、多く登録しているため、本来、出前では「食べたり・飲んだり」することが出来ない「商品」も、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の人が、家まで配達してくれて、僕たちは、ゆっくり自宅で堪能できるのです。

そう思うと、「配送手数料」は、若干、高いですが、美味しい「出前」が頼める「手間賃」として考えると、それを支払っても、家でゆっくり「食事」したいと思う人には、重宝される「サービス」だと思います。

実際、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスを展開している「対応エリア(対象地域)」も、都市部が多いのですが、都会の忙しい独身「ビジネスパーソン」などは、仕事が終わって帰宅したと同時に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で頼んだ「美味しいご飯」を、ゆっくり自宅で食べられることは、とても有難いことだと思います。

コンビニばかりだと、食生活が乱れがちになるので、自分に体に投資するという意味でも、質の良い食事を、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を使って注文できるのは、素晴らしいですよね。
注文方法 uber eats ウーバーイーツ やり方

「フード注文」ユーザー登録はこちら

Uber Eats ウーバーイーツ クーポン 招待コード プロモーションコードUber Eats(ウーバーイーツ)1000円割引クーポンコード|プロモーションコード

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナー登録

次は、商品を配達する「配達パートナー(配達員)」について、解説をしていきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「ウーバー・ドライバー・アプリ」という「配達パートナー専用アプリ」を使って、「レストラン」からの「配達リクエスト(商品を配達して欲しいという依頼)」を受けて、配達の仕事をします。

「注文者(ユーザー)」が「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を介して「レストラン」に、「商品」の注文を流すと、「レストランパートナー」の近くにいて、「アプリ」を起動し、配達リクエストが来るのを待っている「配達パートナー」の元へ、一斉に「配達リクエスト」が送られます。

受けた「配達リクエスト」に対して、「配達可能」だと意志表示をした「配達パートナー」に「配達依頼」が来ますので、そのまま「配達パートナー」は「レストラン」へ「商品」のピックアップをしに行き、「注文者(ユーザー)」の元へ、「商品」を配達します。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録をして「配達の仕事」をしたい人は、以下の「流れ」で「準備」をしていきます。

①ウェブ会員登録の流れ

  1. 配達パートナー登録サイトにアクセスして「会員登録」を行う
  2. 配達パートナー・アカウントを作成する
  3. 配達車両を選択する
  4. 必要書類・登録書類をアップロードする
  5. 給料の振込先である「銀行口座」を登録する
  6. 「配達パートナー専用アプリ」をインストールする

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」への「会員登録」は、「WEB(ウェブ)登録」の段階と、「パートナーセンター」と呼ばれる「事務所」での「登録説明会」の段階の「2段階」に分かれています。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、仕事を始めたい人は、まずは「配達パートナーの登録サイト」から、「WEB登録」を完了させてください。

WEB登録はこちら

また、「配達パートナー(配達員)」に登録する際は、いくつかの「必要書類」を提出しなければなりませんので、表示された画面の案内に従って、提出書類を用意してください。

登録のための「必要書類(提出書類)」

  • プロフィール写真
  • 顔写真付き身分証明書
  • 原付やバイクの場合は「ナンバープレートの写真」「自賠責保険の証明書」「車検証」「任意保険の証明書」
  • 外国籍の人は「在留カード」または「パスポート」

ちなみに「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が使用できる「配達車両」にも、様々なルールが決められており、1番やってはいけないのは、「登録した車両以外での配達はルール違反(車両登録は変更できる)」となりますので、十分、注意してください。

チェック項目はこちら

配達可能な車両

  • 「自転車」自分の自転車、またはレンタサイクル
  • 「原付バイク」125cc以下の原付バイク
  • 「事業用登録されている軽自動車またはバイク(125cc超)」事業用登録されているもの限定です。白色ナンバープレートの自家用車は、日本では配達に使用できません

例えば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事をしながら運動をしたい人などは、配達車両は「自転車がおすすめ」ですが、自転車を持っていない人などは、東京エリアなどの都市部の対象地域では、「ドコモのレンタルサイクル」などを利用して、配達の仕事を行うことも可能です。

是非、検討してみてください。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー登録サイト」から、「配達パートナーのアカウント登録」が完了したら、次は「対象エリア」の中にある「パートナーセンター(事務所)」での「説明会(登録会)」に参加して、アカウントを有効化してもらう作業が必要です。

「登録説明会」後は、すぐに「配達パートナー」としての「仕事(雇用されていないので、バイトではない)」を開始することが出来ますでの、登録が完了した人は、早めに「パートナーセンター」での「登録説明会」に参加するようにしましょう。

パートナーセンターの場所は「パートナーガイド」で確認

「パートナーセンター」で「配達パートナー」のアカウントを有効化する

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー・サイト」から「会員登録」が終われば、近くの「対象エリア内」にある「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター(事務所)」へ行き、「登録説明会」を受けます。

まだ「アカウントが作成できていない人」は、先に「会員登録」を済ませてくださいね。

この「登録説明会」が終わると、早速、「配達パートナー」として「稼働することが可能」です。

配達パートナー会員登録

「配達パートナー」アカウントを有効化する

②登録説明会でアカウントを有効化する

  1. 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の仕組みを解説
  2. 配達パートナーの仕事内容や業務形態を説明
  3. コミュニティガイドライン(決められたルール)の説明
  4. 配達パートナーの「配送料金(給料に準ずるもの)」の説明
  5. アップロードした写真や提出書類の確認
  6. 配達パートナー専用アプリの確認
  7. 配達用バッグの受け渡し
  8. 配達用バッグの使い方を説明
  9. 配達用バッグのデポジット(預り金)の説明
  10. 友だち紹介キャンペーンの説明
  11. 登録したアカウントの有効化
  12. 配達パートナー専用アプリの動作確認
  13. 最終チェック

この「登録説明会」に参加しないと、「登録したアカウント」が「有効化」されないため、いつまでも「配達パートナーの仕事が出来ない状態が続いてしまう」ことになるので、「WEBからの会員登録」が済んだ人は、自分の家の近くにある「パートナーセンター(事務所)」を調べて、早めに「登録説明会」に参加するようにしてください。

パートナーセンターの場所を確認する

「パートナーセンター」の登録会でアカウントを有効化する

「登録説明会」の「所要時間」は、約40分ぐらいです。

「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」が終われば、すぐにでも「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として働くことが出来ますので、頑張ってください。

詳細はこちらでも説明しています。

「パートナーセンター」登録会の必要書類

以下の「必要書類」や「持ち物」は「パートナーセンター」での「登録説明」で必要なものと、必要になるかもしれないものですので、当日は、忘れずに持っていくようにしましょう。

  1. 配達に使う「スマートフォン(スマホ)」
  2. 「銀行口座情報」
  3. 登録の不備があると現場で必要になるので、アカウント登録時にアップロードした「登録に必要な書類」を念のため持っておく
Uber Eats ウーバーイーツ 求人 登録 公式サイトUber Eats(ウーバーイーツ)求人|配達員のバイト求人登録怪しい・登録方法

飲食店(レストラン)が「パートナー申請」する方法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサイトやアプリ上に、出店したい「飲食店(店舗)」も、常に「募集」しています。

ただ、会員登録をして登録説明会に参加すれば、ほぼ100%なれる「配達パートナー(配達員)」とは異なり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」になるためには、「申請フォーム」から「店舗情報」を送信した後、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」側の「審査」に合格する必要があります。

審査を通過しなかった「店舗」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に出店することが出来なくなります。

このように、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「審査」に受かった「飲食店(店舗)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のウェブサイトやアプリに、自分のお店の情報を掲載することが出来るようになるのです。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」レストランパートナー登録

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」になりたい「飲食店(お店)」の人は、最初に「申請フォーム」に、お店の情報を入力して、「Uber」に送信する必要があります。

「申請フォーム」には、「レストラン名」「詳細」「店舗数」「1週間あたりの推定配達件数」などを入力してから、送信ボタンを押して、送信します。

「申請フォーム」を入力して、送信した後は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の審査がありますので、審査が終わるまで待っていましょう。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「審査」に見事通過し、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」への出店の「承認」が得られた場合は、あなたの元に「提携の連絡」が入ります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナーへの登録」は、申請した全ての「飲食店(お店)」が合格できるわけではなく、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に適していると判断された「飲食店(お店)」のみ、採用の結果が届くようになっていますので、我慢して待ちましょう。

こちらの記事でも、「レストランパートナー」の登録方法について書いています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員・登録方法「まとめ」

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の登録方法について「ユーザー(注文者)」「配達パートナー(配達員)」「レストランパートナー(飲食店)」の「3者」それぞれで、解説してきました。

まだまだ日本では「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が利用できる「対象地域やエリア」が限られているのが現状ですが、徐々に配達可能範囲も拡大されており、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が利用できる人も、増えてきていますので、住んでいるエリアが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスに対応している都市であれば、是非、この機会に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を利用してみてくださいね。

ユーザー登録はコチラ

ペイペイ ペイペイとは PayPay 使い方 お店 導入 新規登録方法PayPay(ペイペイ)とは|PayPay使い方・お店導入・新規登録方法

「ココナラ」を使った占い副業の始め方

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録