これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達料|アルバイトと比較!いくら稼げる?

ウーバーイーツ Uber Eats 配達料 アルバイト 比較 いくら 稼げる

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達料|アルバイトと比較!いくら稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰う「配送手数料(配達料)」が、いくらになるか気になっている人もいると思いますので、「レベル別」の「配送手数料(配達料)」の目安と、「配送手数料(配達料)」の「仕組み」について、解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は時給換算でいくら稼げる?

配達パートナーとしての習熟 時給換算の目安
Uber Eats配達パートナー(初心者) 約1,000円前後
Uber Eats配達パートナー(中級者) 約2,000円前後
Uber Eats配達パートナー(上級者) 約2,000円~3,000円くらい

※上記の時給換算に関しては、あくまでも、「配達パートナーへのインタビューを踏まえた目安」です。必ず稼げるという金額ではありませんので、注意してください。

※配達パートナーに支払われる「配送手数料」は、「配達回数」「配達距離」「配達エリア」「配達時間帯」「ブーストと呼ばれるボーナス」など、様々な要素が絡み合い変化します。一律のものでは御座いませんので、注意してください。

※「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人事業主」です。稼いだ金額から、個々が確定申告を行い税金を納めることになります。実際に稼いだ額が、そのまま手取りにはなりませんので、注意してください。

Uber Eats ウーバーイーツ 京都 登録 注文 配達員 ドライバー 配達パートナー パートナーセンターUber Eats(ウーバーイーツ)京都エリア登録|注文&配達員を体験

「Uber Eats」配達パートナーは「個人事業主」

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人事業主」となりますので、「稼いだ額=手取り」ではありません。

最終的には、「稼いだ金額から、配達の仕事でかかった経費を引いて所得を求め、所得に応じた税金を自ら支払う」ことになります。

ですので、上記のような目安金額を見て、「アルバイトより稼げるのでは?」とは、決して思わないで下さい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の「メリット」は、アルバイトや正社員が守らなければならない「シフト」や「勤務時間」が決められておらず、好きな場所で、働きたい時に、働きたい時間だけ、働くことができる「自由度の高さ」にあると、僕は思っています。

自分で人を雇い組織化して、効率の良い配達方法を編み出せば、時給換算の上限を突破していくことも可能かもしれませんが、人間の「身体は1つ」ですし、1人の配達員が、同じ時間で商品を届けられる範囲には、どこかで限界がきます。

それゆえ、本当にお金を稼ぎたいのであれば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」だけでは、遅かれ早かれ限界が出てくるのです。

本気で稼ぎたい人は時給労働をやめて「自分の分身」を作ろう

「自分で起業して【オリジナル商品】という分身を作り、収入の限界を突破していく」、「アフィリエイトで、自分の分身となる記事を量産し、収入の限界を突破していく」、「YouTubeで、自分の分身となる動画を量産し、収入の限界を突破していく」など、「お金を稼ぎたいという目的」がある場合は、「時給労働」から脱出しなくては、いけません。

自分の代わりに働いてくれる「商品」を作っていかなければ、ならないのです。

以前、テレビで「吉本興業の芸人」さんが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、生活費を稼いでいる番組が放送していました。

この放送をたまたま見ていた僕は「この人賢いな」と感心しました。

芸人さんの最終的な目的は、自分のお笑いレベルを高めて、「テレビ」などのマスメディアに出演し、大きなお金を稼ぐことです。

ただ、芸人さんが売れるまでの期間を、自分の芸だけで生活していけるのは、数いる芸人さんの中でも、ほんの一握りだけです。

ですので、これまで「芸人さん」は、「芸事」の合間の時間で、「アルバイト」などの仕事をして、生活費を稼いでいたわけです。

ただ、一般的な「アルバイト」だと、「シフト」などに縛られて、芸人としての活動に理解のある「アルバイト先」でないと、「芸人の仕事」が優先できないことも起こり得るのです。

本来であれば、「芸人になって稼ぐこと」が1番の目標なので、その目標を目指して、時間も投資していかなければならないのですが、「責任感」から「芸事」よりも、「アルバイトのシフト」を優先してしまうことも、起こってしまうのです。

僕が「この芸人さん、賢いな」と思ったのは、生活費を稼ぐための仕事を「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」にしていたことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」であれば、例えば「舞台と舞台の合間」などの、休憩時間にも、アプリを起動させれば、劇場周りを起点として、配達の仕事を開始することが出来ます。

本番前になれば、アプリを閉じて、劇場に向かえばいいわけです。

このように「空いた時間」や「自分の都合の良い時間」を使って、「誰にも縛られず」に、お金を稼ぐことが出来るのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の本当の「メリット」だと、僕は思うのです。

このような「自由度の高い働き方」が好きな人が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になっているのです。

Uber Eats ウーバーイーツ クーポン 招待コード プロモーションコードUber Eats(ウーバーイーツ)1000円クーポン|プロモーションコード

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達料」について

では、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(配達料)」は、どのように計算されているのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(配達料)」の計算方法について、説明していきます。

「配達パートナー」の配達料を計算する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(配達料)」は、大まかには、以下の計算式で算出されます。

配達料=(基本料金ーサービス手数料)+インセンティブ

上記の「基本料金ーサービス手数料」の部分は「配送基本料」とも呼ばれます。(基本料金ーサービス手数料=配送基本料と呼ばれている)

「配送基本料」の詳細な計算方法については、以下で詳しく説明していきます。

①配送基本料

「配送基本料」とは「基本料金」から「サービス手数料」を引いた金額となります。(配送基本料=基本料金ーサービス手数料)

「基本料金」と「サービス手数料」については、以下で説明していきます。

Ⅰ.基本料金

「基本料金」は「受取料金」「受渡料金」「距離料金」を足した料金となります。(基本料金=受取料金+受渡料金+距離料金)

基本料金の計算方法と要素
「基本料金」=受取料金+受渡料金+距離料金
受取料金 受渡料金 距離料金
レストランで商品を受け取った際に発生する料金です。配達先が2ヶ所ある場合でも、受け取り場所(飲食店)が、1ヶ所の場合は、「受け取り」は「1回」としてカウントされます。 注文者に商品を渡した際に発生する料金です。届け出先が複数ある場合には、それぞれ受渡料金が発生します。 「レストランから配達先」までの距離に応じて、計算される料金です。配達距離が遠くなれば、距離料金が比例して加算されます。また複数の配達先があった場合には、合計の距離が計算対象となります。

1回の配達で、2ヶ所のレストランに、商品をピックアップ(引き取りに行く)しに行くと「2ヶ所分の受取料金」が貰えますし、また、届け先が2ヶ所あるような配達だと、今度は「2ヶ所分の受渡料金」が貰えるわけです。

これら2つの料金に追加して、「レストラン」から「配達先」までの「距離」が遠いほど、「距離料金」が加算されます。

「距離料金」に関しては「配達車両」を「自転車」で登録しているか、「バイク」で登録しているかによっても、「短い距離の配達先へのリクエスト」が振り分けられるか、「遠い距離の配達先へのリクエスト」が振り分けられるかが、システムによって選ばれるようになります。

配達車両を「バイク」で登録している人は、「配達距離が遠いリクエスト」が優先して送られる傾向にあり、配達車両を「自転車」で登録している人は、「配達距離が短いリクエスト」が優先して送られる傾向にあります。

ただし、一概に「バイク」で配達距離を稼げば良いかというと、そうでもなく、バイクの配達では、「ガソリン代」や「バイクの維持費(保険料など)」の「経費」も、自転車よりも多く出て行ってしまうので、「配達パートナー(配達員)」は、その点も、考慮にいれなければなりません。

Ⅱ.サービス手数料

「サービス手数料」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の取り分となる「手数料」のことです。

サービス手数料=Uber Eats側の手数料として稼いだ額から引かれる料金

つまり、この「サービス手数料」の積み重ねが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「収益」となるわけです。

この「サービス手数料」、実は「各都市(各サービスエリア)」ごとに違います。

やはり「東京」や「千葉」などの、注文数が多い「配達エリア(配達地域)」では、「サービス手数料」も高く、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」側が、多く取っていくことになります。

逆に言うと、「サービス手数料」が「高い地域やエリア」は、比較的、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文数が安定していて、初心者でも、稼ぎやすいエリアだと言えるでしょう。

また、新しく追加された「サービスエリア(配達地域)」では、あえて「サービス手数料」を安く設定して、「配達パートナー」に働いてもらいやすい環境を作り、そのエリアに住んでいる人々に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のことを認知してもらうような戦略を取ることも考えられます。

また「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は日本全国の好きな「サービスエリア」で働くことが出来るのも、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の働き方の、特徴の1つですので、「稼ぎやすいエリア」を、自分で見つけていくのも、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」でお金を稼ぐ「醍醐味」でもあります。

サービスエリア毎の基本料金とサービス手数料
エリア 都道府県 受取料金 受渡料金 距離料金 サービス手数料
関東 東京都 300円 170円 150円/km 35%
神奈川県 250円 120円 60円/km 10%
埼玉県 300円 170円 150円/km 35%
千葉県 300円 170円 150円/km 35%
中部 愛知県 215円 105円 60円/km 10%
近畿 大阪府 215円 105円 60円/km 10%
京都府 215円 105円 60円/km 10%
兵庫県 215円 105円 60円/km 10%
九州 福岡県 215円 105円 60円/km 10%
注意
紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

②インセンティブ

「インセンティブ」とは、「配送基本料」に上乗せされる「追加報酬(ボーナス)」のことで、「注文の多い時間」や「注文の多い場所」で「アプリを起動し、配達が完了する」と、適用されます。

この「インセンティブ」の内容については、「各都市」ごと、さらには「配達パートナー」ごとにも、異なってきます。

「配達の注文が多いエリアや時間帯での配達」や「注文者からの評価が高い配達パートナー」には、「基本配送料」に上乗せして、「インセンティブ(追加報酬)」が付く場合がありますので、この「インセンティブ(追加報酬)」を活用して、「配達パートナー(配達員)」は、効率的に「報酬」を稼いでいきましょう。

また「インセンティブ(追加報酬)」には、「3つの種類」が存在しますので、覚えておきましょう。

インセンティブの3つの種類
  1. ブースト
  2. クエスト
  3. オンライン時間インセンティブ
Ⅰ.ブースト

ブースト=基本料金×(ブースト倍率ー1.0)

「ブースト」とは「基本料金」を「注文の多い時間」や「注文の多い場所」において、「一定の倍率」で増額する仕組みのことです。

「ブースト」が、ある時間・場所で稼働することで、普段よりも多くの報酬を得ることが期待できます。

現在、自分に適用されている「ブースト」は、Uber Eatsのアプリ内の「プロモーション」ページから、確認することが出来ます。

例:ブーストが1.5倍の時はどう計算するの?

例えば、東京エリアで配達パートナーとして配達した時の「基本料金(受取料金+受渡料金+距離料金)」が「1,000円」だった場合、【1,000円×(1.5-1.0)】で「500円」が「ブースト報酬」として増額されます。なお「ブーストによる増加額」には、Uber Eatsの手数料は引かれません

Ⅱ.クエスト

「クエスト」とは、「通常の配送料」や「ブースト」に加え、「配送件数に応じて追加で支払われるインセンティブ」のことです。

例えば「4回配達すると400円を獲得」「8回配達すると1,000円を獲得」「12回配達すると1,600円を獲得」といったクエストが存在します。

この「クエスト」は、毎回発生するわけではないので、次回、クエスト発生を目指して、普段の配達の仕事を頑張っていくという感じになります。

また、現在適用されている「クエスト」を見る場合は、「Uber Eatsのアプリ」内にある「プロモーション」ページで、確認することが出来ます。

Ⅲ.オンライン時間インセンティブ

「オンライン時間インセンティブ」とは、「指定された時間」において、「配送料」+「ブースト」の金額が、「一定額」に満たなかった場合、その「差額」が貰える「ボーナス」のことです。

例えば、「オンライン時間 1時間あたりのインセンティブ」が「1,000円」であり、その「1時間」で、実際に稼いだ「配送料金」が「800円」だった場合、差額の「最大200円」を、追加で貰えることになります。

なお、今回紹介した「インセンティブ3種類」のうちで、「オンライン時間インセンティブ」のみ、アプリ内の「プロモーション」ページには、表示されませんので、注意してください。

代わりに、あなたに「オンライン時間インセンティブ」が適用された時は、登録したメールアドレス宛に、メールが届くようになっていますので、そちらで確認してください。

ウーバーイーツ Uber Eats 法人契約 配達パートナー 登録 やり方 なり方 個人事業主ウーバーイーツ(Uber Eats)法人契約・法人登録|配達パートナー登録のやり方

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業時間

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」自体は、「毎日9:00~24:00(神奈川県内のサービスエリアのみ10:00~23:00)」の時間帯で営業しています。

この「営業時間」とは、「注文者(ユーザー)」が「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」を利用して、「飲食店(レストラン)」に注文を出すことが出来る時間帯のことです。

これとは別に、出店店舗にも「店舗の営業時間」が、設定されています。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「営業時間」と、「店舗の営業時間」は、必ずしも一緒ではありませんので、その点は、注意してください。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「営業時間」が、まだ残っているのに、店舗の営業時間が過ぎてしまい、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では注文できなくなっている場合もありますので、そのような時は、日を改めて、翌日以降の、店舗営業時間内で、再び、商品を注文し直すようにしてください。

※店舗の営業時間に関しては、お店ごとに違いますので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文者アプリ」から、チェックしてください。

個人間 カーシェアリング 副業 Anyca エニカ GO2GO dカーシェア CaFoRe カフォレ個人間カーシェアリングの副業|Anyca(エニカ)・GO2GO(ゴーツーゴー)・dカーシェア・CaFoRe(カフォレ)

まとめ

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰う「配送手数料(配達料)」の「仕組み」と「計算方法」について、解説してきました。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に関しては、アルバイトとは異なり「時給制」ではありませんので、頑張れば頑張った分だけ、自分の収入とすることが出来ます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」という仕事に、少しでも興味を持った人は、「配達パートナー登録」自体は「無料(タダ)」ですので、是非、会員登録だけでも、してみてください。

minnne ミンネ 副業 登録方法 ハンドメイド 始め方 使い方minne(ミンネ)とは|ハンドメイド副業始め方・無料会員登録方法・使い方・配送方法

「おすすめ副業」主婦や女性が稼ぐ方法33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録