これからは「個人で稼ぐ時代」です。

個人間カーシェアリングの副業|Anyca(エニカ)・GO2GO(ゴーツーゴー)・dカーシェア・CaFoRe(カフォレ)

個人間 カーシェアリング 副業 Anyca エニカ GO2GO dカーシェア CaFoRe カフォレ

個人間カーシェアリングで副業する方法

皆さん「シェアリングエコノミー(共有経済)」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

「シェアリングエコノミー(共有経済)」とは、「人」「物」「場所」「乗り物」「スキル」などを、インターネット上の「プラットフォーム(仕組み)」を介して、個人間で「シェア」していく、「新しい経済」のことを言います。

「シェアリングエコノミー」が流行している背景には、「スマホ」や「ソーシャルメディア(SNS)」の普及が「カギ」となっています。

「スマホ」や「ソーシャルメディア」の普及で、個人が持つ情報が、不特定多数の個人へ、瞬時に可視化することが可能となり、ソーシャルメディア上のコミュニケーションが、一般的になりつつあることと、「位置情報」や「決済システム」などの向上によって、インターネット上で、個人が持っているリソースを、簡単にシェアする仕組みが、急速に発展してきているのです。

「シェアリングエコノミー」の代表格と言えば「Airbnb(エアビーアンドビー)」や「Uber(ウーバー)」といった世界的な企業が有名ですが、まだまだ規制の多い「日本」でも、徐々にではありますが、「シェアリングエコノミー(共有経済)」を、実践する企業が出てきております。

在宅副業も可能な「個人間カーシェアリング・サービス」

カーシェアリング・サービス」には「個人間で車を貸し借りする」ことができる「個人間カーシェアリング・サービス」と、「企業と個人が車を貸し借りする」ことができる「カーシェアリング・サービス」の「2種類」があります。

日本で利用できる「カーシェアリング・サービス」は「2種類」

  1. 一般的な「カーシェアリング」(企業⇔個人)
  2. 「個人間カーシェアリング」(個人⇔個人)

上記の2種類を比較すると、「個人間カーシェアリング・サービス」の方が、「車のレンタル料金は安くなる」ので、利用者には、便利です。

そこで、今回は、数ある「カーシェアリング・サービス」の中でも、「個人間」の「カーシェアリング・サービス」だけを抽出して、皆さんにご紹介したいと思います。

日本で利用できる、利用者の多い「個人間カーシェアリング・サービス」を、以下の表に記載しましたので、確認してください。

個人間カーシェアリング・サービス

個人間カーシェアリング・サービス
Anyca(エニカ)個人間カーシェア登録台数NO.1の「Anyca(エニカ)」。会員登録数25万人以上のカーシェアサービスです。損保ジャパン日本興亜や東京海上日動の自動車保険も完備しています。チェックする
GO2GO(ゴーツーゴー)3時間から気軽にシェアできる個人間カーシェア・サービス「GO2GO(ゴーツーゴー)」。マイカーをあまり使わない人も、他の人にシェアして、車の維持費を削減できます。あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と共同運用する自動車保険も完備しています。チェックする
dカーシェア「dカーシェア」はドコモのカーシェアサービスです。いつでもどこでも乗りたい場所や日時、車種などで、車の検索から予約から決済までをスムーズに行うことが出来ます。個人間カーシェアは、車のオーナーとのチャット機能も搭載しているため、予約も安心です。チェックする
CaFoRe(カフォレ)「CaFoRe(カフォレ)」も個人間カーシェアリングサイトです。「カフォレ」の特長としては「法人名義」の車も貸し出すことができる点です。チェックする

個人間カーシェアリングは「おすすめの副業」

「個人間カーシェアリング」は、一般人である「僕たち」が、既に所有している車を貸し出して、収入を得ることができるサービスです。

つまり、「個人間カーシェアリング・サービス」を利用することで、今までは「お金を生んでいなかった自家用車」が、明日から「お金を生み出す自家用車」へと変化することになるのです。

ただでさえ「ガソリン代」「保険料」「ローン代」「駐車場代」「車検代」など、持ってるだけでお金が出ていくことも多い「自家用車」ですので、使わない時間を、他人にレンタルすることで、「臨時収入」を得ることが出来れば、「車の維持費」ぐらいは「そのお金」で賄えるようになり、とても助かります。

僕は「個人間カーシェアリング・サービス」は、会社員の人が行う「副業」としても、おすすめだと思います。

例えば、旦那さんの個人情報で、車を登録しておき、普段、家にいることが多い「奥さん」や「家族」に、日中の「車の引き渡し」をお願いしておけば、本人が仕事で外出中であったとしても、「副業」として、上手にまわしていくことが可能です。

以下に、先ほど紹介した「個人間カーシェアリング・サービス」の詳細を記載しましたので、是非、会社員の人も、手軽に始められる「副業」として、「個人間カーシェアリング・サービス」に、取り組んでみてはいかがでしょうか。

Anyca(エニカ)

anyca エニカ 個人間カーシェアリング 車 トラブル 副業

Anyca(エニカ)
プラットフォーム手数料オーナー側の使用料から10%
法人名義の車法人名義の車は登録不可(個人名義の車のみ)
自動車保険自動車保険あり
最大レンタル日数7日間
1台あたりの月額平均収入約25,000円
詳細はこちら

「Anyca(エニカ)」は、個人間カーシェアの登録台数で日本NO.1、会員登録数25万人以上の、日本最大級の「個人間カーシェアリング・サービス」です。

実は、この「Anyca(エニカ)」の運営は、あの有名な「DeNA(ディーエヌエー)」がやっています。

気になる料金体系については、「Anyca(エニカ)」の「会員登録」は「無料」、「月額料金」も「無料」ですので、車のオーナーは、「Anyca(エニカ)」に車を掲載するまで、一切のお金がかかりません。

料金が発生するのは、レンタルが成立した時に、入ってくる収入から、10%の手数料が取られる時だけです。

個人間のカーシェアリングが成立した場合のみ、車を貸し出している「オーナー側」から「使用料の10%」が、「Anyca(エニカ)」への「手数料」として、差し引かれるだけなので、誰でも気軽に、「会員登録」~「車の掲載」までを、行うことが出来ます。

逆に、車のオーナーではなく、「Anyca(エニカ)」で、車をレンタルしたいと考えている利用者にとっては、「手数料0円」で、オーナーが設定した「車のレンタル料金」だけ支払えば、好きな車をレンタルすることが可能です。

その他「オーナー側」には安心の「自動車保険」も、「時間単位」「1日単位」のモノが、しっかりと完備されていますので、もし万が一、事故などが発生した時でも、自分の任意保険を使わずに済みます。

「Anyca(エニカ)」の「メリット」

  1. 個人間カーシェアリングの登録車台数で日本NO.1
  2. 「損保ジャパン日本興亜」「東京海上日動」の自動車保険を完備
  3. DeNA SOMPO Mobilityがトラブル解決をサポート

Anyca(エニカ)の使い方【車をレンタルする流れ】

エニカ anyca カーシェアリング 個人間 車

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

GO2GO(ゴーツーゴー)

go2go ゴーツーゴー 個人間 カーシェアリング 副業

GO2GO(ゴーツーゴー)
プラットフォーム手数料オーナー側の使用料から20%
法人名義の車法人名義の車は登録不可(個人名義の車のみ)
自動車保険自動車保険あり
最大レンタル日数1日間(延長可能)
1台あたりの月額平均収入約15,000円

「GO2GO(ゴーツーゴー)」は、比較的新しい「個人間カーシェアリング・サービス」です。

他の「個人間カーシェアリング・サービス」と同様に、車を所有するオーナーは必要な情報をアプリに登録するだけで、簡単に自分の車を他人にシェアして、収入を得ることができます。

もちろん、車を利用するドライバーは、自動車保険に加入するために、車を貸し出すオーナーと、車をレンタルするドライバーの双方が、安心して利用できる仕組みが、「GO2GO(ゴーツーゴー)」にも作られています。

また「GO2GO(ゴーツーゴー)」の運営会社は、中古車販売の「ガリバー」と同じ運営会社である「IDOM(いどむ)」ですので、全国にあるガリバーの直営店の約520店舗でも、「GO2GO(ゴーツーゴー)」のサポートを受けることが可能です。

「GO2GO(ゴーツーゴー)」の分からないことや、始める前に不安な点がある人は、お近くの「ガリバー」で、色々と相談してみることも、おすすめです。

dカーシェア

dカーシェア カーシェアリング 個人間 副業 おすすめ 在宅

dカーシェア(ディーカーシェア)
プラットフォーム手数料オーナー側の使用料から10%
法人名義の車法人名義の車は登録不可(個人名義の車のみ)
自動車保険自動車保険あり
最大レンタル日数7日間
1台あたりの月額平均収入約20,000円

「dカーシェア」は「ドコモ」が運営する「カーシェア・サービス」です。

「dカーシェア」には、3つのサービスがあり、「カーシェア」「マイカーシェア」「レンタカー」と用途に分けて利用できます。

この「3つのサービス」の中で、「個人間カーシェアリング・サービス」は、「マイカーシェア」です。

「dカーシェア」の選べる3つのサービス

  1. 「カーシェア」(短時間からの利用に便利)
  2. 「マイカーシェア」(個人間カーシェアリング)
  3. 「レンタカー」(長時間からの利用に便利)

上記「3つのサービス」の中で、「個人間カーシェアリング」を利用したい人は、「マイカーシェア」サービスを利用してください。

サービス内容は、他の「個人間カーシェアリング・サービス」と、ほとんど一緒です。

あと、「dカーシェア」を使う「メリット」としては、ドコモが運営しているサービスですので、ドコモのポイントである「dポイント」が使える点です。

普段から、ドコモの携帯を利用していたり、その他のドコモ・サービスを利用していて、「dポイント」が貯まっている人は、その貯めた「dポイント」で「dカーシェア」が利用できますので、「ドコモユーザー」が「個人間カーシェアリング・サービス」を選ぶなら、「dカーシェア」が、おすすめです。

CaFoRe(カフォレ)

cafore カフォレ カーシェアリング 個人間 副業 おすすめ 在宅

CaFoRe(カフォレ)
プラットフォーム手数料貸し手10%(借り手5%)
法人名義の車法人名義の車は登録不可(個人名義の車のみ)
自動車保険自動車保険あり
最大レンタル日数
1台あたりの月額平均収入約15,000円

「CaFoRe(カフォレ)」は、2009年4月にサービスを開始しており、日本の「個人間カーシェアリング・サービス」の、先駆け的な存在です。

「CaFoRe(カフォレ)」の最大の「メリット」は、「法人名義」の車もレンタルできる点です。

ほとんどの「個人間カーシェアリング・サービス」では、「個人名義」の車、つまり「自家用車」しか、登録することが出来ない決まりになっています。

これは、「利益目的に車を貸し出す法人」は「レンタカー事業」と区別することが難しいからです。

「CaFoRe(カフォレ)」のスタンスとしては、車を貸したい人と、車を借りたい人を、プラットフォームを使って、あくまでマッチングさせているだけだ、というスタンスのため、「個人間カーシェアリング・サービス」の中では、めずらしく、「法人名義の車の登録」を許可しているのです。

ですので、登録されている車をよく見てみると、「中古車業者」や「レンタカー業者」も、車を登録して貸し出しています。

まとめ

今回は「個人間カーシェアリング・サービス」を「副業」として活用しよう、という記事を書きました。

消費税が上がり、保険料が上がり、今の時代、給料がなかなか上がらない会社員の人は、特に、経済的にも苦しいのが、現実だと思います。

「個人間カーシェアリング・サービス」は、「特殊なスキルの習得などは必要なく」、普通の会社員の人でも、簡単に始められる「副業」として、今、脚光を浴びています。

車を持っている人なら、普段、自家用車を使わない時間を活用して、新しい「副収入」を得るチャンスを、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

「おすすめ副業」主婦や女性でも稼げる副業33選