これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナー契約|登録やり方・配達員なり方

ウーバーイーツ Uber Eats 配達パートナー契約 登録 やり方 配達員 なり方

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナー契約|登録やり方・配達員なり方

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー契約」について、「登録のやり方」や「配達員のなり方」を、解説していきます。

Uber Eatsの「配達パートナー」になる

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 おすすめ 便利アイテム 持ち物ウーバーイーツ(Uber Eats)持ち物|配達員服装・必需品・あると便利アイテム・雨の日対策・レイングッズ

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、「ユーザー(注文者)」「レストランパートナー(飲食店)」「配達パートナー(配達員)」の「3者」を、個人タクシーの配車サービスである「Uber(ウーバー)」の「テクノロジー(プラットフォーム)」でマッチングすることにより、効率良く仕組みを回し、利用者へ、人気店の美味しい料理を届ける「フードデリバリーサービス」のことです。

Uber Eatsの「始め方」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナーの仕事とは

uber eatsとは ウーバーイーツとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」とは、「ユーザー(注文者)」が注文を出し、「レストランパートナー(飲食店)」が調理した「商品」を、「ユーザー(注文者)」の元に届ける配達の仕事を担う人達のことを言います。

なお「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」との「直接的な雇用関係」がないために、「社員」「パート」「アルバイト」という関係ではなく、「個人事業主」として、「登録」することになります。

つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事は、「個人事業主」という立場で、「レストランパートナー(飲食店)」から委託される「配達の仕事」を、業務委託という形で引き受けることになるのです。

「会社員」として「本業」を持っている人も、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としての仕事は「個人事業主」の扱いとなりますので、自分で「確定申告」をする必要も出てきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が「個人事業主」となることで発生する「メリット」と「デメリット」についての詳細は、後ほど、言及します。

Uber Eatsの「配達パートナー」は個人事業主

Uber Eats ウーバーイーツ ダイエット 痩せる方法Uber Eats(ウーバーイーツ)ダイエット商品(サラダ・スムージー)頼み方・注文方法

個人事業主として働く「配達パートナー」メリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として働く場合、強制的に「個人事業主」として「登録」するしか選択肢がないため、「配達パートナー(配達員)」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」との間には「雇用関係がない」ということは、先ほど説明しました。

つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「社員」「パート」「アルバイト」として働く一般的な「雇用」とは異なるということなのです。

では、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」となり「個人事業主」として働くことで、起こるメリットやデメリットにはどのようなモノがあるのでしょうか、僕が考え得る「メリット」と「デメリット」について、記載していきます。

「個人事業主」としての「配達パートナー」の「メリット」

「個人事業主」としての「配達パートナー」の「メリット」を、以下に挙げてみました。

「配達パートナー」として働く「メリット」
  1. 自由な時間で働ける
  2. 上司や同僚などの煩わしい人間関係がない
  3. 働くための「面接」がないので、これまでの「経歴」や「今の立場」を他人に評価されることなく、働き始めることができる
  4. 稼げる収入は、完全成果主義
  5. 勤務という概念がないため「出勤日」や「シフト」もない
  6. 個人事業主となるため、本業を持っている人には、「会社にバレない副業」になる
  7. サービスエリア内であれば、どの地域で働いても良い
  8. サービスエリアをまたいで働いても良い(例:大阪⇒京都⇔神戸)

もし、今あなたが「会社員」として働いていて、貰っている「給料」に不満があるのなら、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、一時的に「副業」をするのは、個人的には「アリ」だと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となります。

企業に「雇用」されて「労働者」となる、一般的な「正社員」「パート」「アルバイト」などの働き方だと、仕事を始めるまでにも、その会社の「面接」に通過しなければなりませんが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、登録が終われば、基本、誰でも働くことが出来ます。

厳しい面接で、これまでの「経歴」や「今の立場」を評価されることもありませんので、「働きたい」と思ったら、比較的、すぐに「働き始める」ことができます。

また、「税金」の話になるのですが、「企業」に雇用されて「労働者」として働く場合は、「アルバイト」や「パート」であっても、「源泉徴収」という「税制度」によって、雇用されている「企業」が、僕たちの代わりに税金を支払ってくれています。

しかし、これだと、副業で税金を支払ったために起こる「住民税」の増額を、「本業」の会社にもバレてしまい、それによって「副業をしていること」自体も、バレてしまうことになりかねません。

これに対して「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」として「登録」するために、自分で「確定申告」をして、税金を納める面倒臭さは発生するのですが、「確定申告」の際に、納税方法を「普通徴収」へと選択することで、住民税などの税金を自分で納めることが出来るようになり、本業の会社にも「住民税が増額していること」を、悟られずにすむため、「副業がバレにくい」という「性質」があります。

「副業」をやる人で、よく失敗するのが、このように「企業」と雇用関係を結んでしまい、労働者となって「副業」をしてしまう事例で、こういう「副業」を始めてしまうと、「会社に副業をしていること」がバレてしまいやすくなります。

一方、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「社会的な保証」は受けられない代わりに、「会社にバレにくく」、副業では、「頑張れば頑張った分だけ収入を得る」ことができるようになるのです。

ですので、僕は、「本業」」としては、「会社員」のまま「安定」や「社会保障」を享受した上で、「会社員」だと中々伸びない「収入面」を、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のような「個人事業主」として働ける「完全成果主義型」の「副業」で、補っていくのが、今の「副業のトレンド」だと感じています。

これから「副業」をしたい人には、この「会社員としての本業」+「個人事業主としての副業」の組み合わせが、正直「最強」だと思います。

副業で「配達パートナー」として働く

ウーバーイーツ Uber Eats 現金払いできない 支払いカードのみ? クレジットカード支払いウーバーイーツ(Uber Eats)現金払いできない?支払いカードのみ?

「個人事業主」としての「配達パートナー」の「デメリット」

「個人事業主」としての「配達パートナー」の「デメリット」を、以下に挙げてみました。

「配達パートナー」として働く「メリット」
  1. 雇用されている労働者ではないため「雇用保険」「社会保険」「労災」などがない
  2. 病気やケガなどで配達の仕事が出来なくなると収入が途絶える
  3. 「個人事業主」として、1年に1度「確定申告」を行い、自分で税金を納めなければならない
  4. バイクで配達する人の「ガソリン代」や、「交通費」「道具の購入費」なども、自分で「経費」として負担することになる

やはり「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として働く場合の「デメリット」として影響が大きいのは、「不安定さ」ですよね。

正直、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」一本で働いて、病気やケガで、本人が動けなくなってしまうと、その間、「収入」が途絶えてしまうのは痛いです。

「会社員」であれば、病気やケガで、一時的に仕事が出来なくなったとしても「労災」が下りたり、会社の給料が入ってきたりしますので、かなり「安定」していますが、「個人事業主」となると、一気に「収入面」は不安定になってしまいます。

「会社員」には戻らずに、「個人事業主」に専念をして、生活していきたい人は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」だけではなく、「自分の事業」を立ち上げたり、賃貸不動産を購入して「不動産収入」を得たり、今流行りの「ブログ」や「YouTube」で副収入を構築しながら、「複数の収入源」を、自分で作っていくことが、何よりも重要です。

もしくは、先ほども言及した「会社員としての本業」を続けながら、収入がなかなか増えていかない部分を補うために、平行して「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「副業」を行うのは、非常に理にかなった「収入」を上げるための方法だと思います。

ウーバーイーツ Uber Eats 配達料 アルバイト 比較 いくら 稼げるウーバーイーツ配達料|Uber Eats・アルバイトと比較!いくら稼げる?配達員・配達エリア

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー契約」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事は、「スキマ時間」を有効活用でき、レストランパートナー(飲食店)が届けて欲しい「商品」を、「ユーザー(注文者)」の元に、「配達パートナー(配達員)」が、代わりにデリバリーすることで、「収入」を得ることが出来ます。

このように「好きな時」に「好きな場所」で働くことが出来るのも、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の特徴です。

Uber Eatsの「配達パートナー契約」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナー登録のやり方

では、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に興味がある人のために、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録する「やり方」を、簡単に説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録するには、「オンラインで配達パートナー登録を完了させる」段階と、「パートナーセンターでアカウントを有効化させる」段階という、2つのステップを踏む必要があります。

「Uber Eats」の「配達パートナー」登録の手順
  1. オンラインで配達パートナー登録を完了させる
  2. パートナーセンターでアカウントを有効化させる

上記、2つのステップのやり方を、順番に説明していきます。

ウーバーイーツ(Uber Eats)神戸エリアの人気店・おすすめ店舗ウーバーイーツ(Uber Eats)神戸エリアの人気店・おすすめ店舗

まずは「会員登録」をする

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナーのなり方

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」への登録手順を、順番に見ていきましょう。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になるには、「2つのステップ」を踏む必要があります。

①オンラインで配達パートナー登録を完了させる

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として登録するには、まず最初に「オンライン」での「会員登録」を完了させなければいけません。

オンラインでの配達パートナー登録の方法
  1. 配達パートナー募集サイトを開く
  2. 配達パートナーのアカウントを作成する
  3. 配達に使用する車両を選択する
  4. 必要書類を理解する
  5. 登録書類をアップロードする
  6. 報酬の振込先である「銀行情報」を登録する
  7. Uber Driverアプリをインストールする

「配達パートナー募集サイト」を開き、「会員登録フォーム」から、まずは指示された項目の入力をお願いします。

ウーバーイーツ uber eats 配達パートナー 登録方法

また、「会員登録」の途中で、「車両登録」をしなければならないのですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として使用が許可されている「車両」の条件は、以下の通りとなります。

ウーバーイーツに使用が許可されている車両
Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で使える車両
自転車自転車は、自分の車両、またはレンタル自転車の使用が可能です。
原付バイク125cc以下の原付バイクであれば、自分の車両、またはレンタルバイクで、Uber Eatsの配達に使用できます。
軽自動車または125cc以上のバイク(事業用車両に限る)まず「軽自動車」や「125cc以上のバイク」は「事業用車両」に限り、登録できます。125cc超のバイクであれば、「ナンバープレートが緑色」、軽自動車であれば「ナンバープレートが黒色」の車両のみです。ナンバープレートが白色の車両は、自家用車なので、Uber Eatsの配達には使用不可です。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では「事前に登録されている車両」以外で、配達をしてしまうと、最悪、ペナルティとして「アカウントの削除」をされてしまう場合があるので、登録車両以外での配達は、十分注意してください。

②パートナーセンターでアカウントを有効化させる

uber eats ウーバーイーツ パートナーセンター 所在地

「オンライン」で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」への会員登録が完了したら、次はお近くの「パートナーセンター」と呼ばれる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「事務所」へ行き、作成したアカウントを「有効化」してもらう手続きを進めてください。

この「パートナーセンター」での「アカウントの有効化」が完了すると、すぐに「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」を開始することが出来るようになりますので、あと少し頑張りましょう。

ちなみに、「パートナーセンター(事務所)」で行われる、この「登録説明会」は、「予約不要」で参加できるのと、所要時間も「40分前後」で終了します。

配達の仕事に使用する「配達用バッグ」も、この「登録説明会」で配布されますので、「WEB(ウェブ)」での「会員登録」が終わった人は、早めにお近くの「パートナーセンター(事務所)」へ行き、「登録説明会」に参加して、配達の仕事ができる状態にしておいてください。

パートナーセンターでアカウントを有効化する
  1. Uber Eatsの仕組みを説明
  2. Uber Eatsの配達パートナーの業務形態や仕事内容について説明
  3. コミュニティガイドラインを説明
  4. 配達パートナーの配送料金を説明
  5. 登録に必要な書類や写真の確認
  6. 銀行口座情報の確認
  7. Uber Driverアプリの使い方の説明
  8. 配達用バッグの受渡
  9. 配達用バッグの使い方の説明
  10. 配達用バッグのデポジットの説明
  11. 友だち紹介キャンペーンの確認
  12. 作成したアカウントの有効化
  13. Uber Driverアプリの確認
  14. 最終確認

上記のような流れで、「登録説明会」と「アカウントの有効化」を行ってくれますので、オンラインでの「会員登録」が完了したら、お近くの「パートナーセンター(事務所)」へ、早めに行き、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」への登録を、完了させてください。

Uber Eatsの「配達パートナー」に登録する

ウーバーイーツ(Uber Eats)京都エリアの人気店・おすすめ店舗ウーバーイーツ(Uber Eats)京都エリアの人気店・おすすめ店舗

まとめ

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)契約」について、解説してきました。

現在、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に、興味を持っている人がいましたら、是非、この機会に、配達パートナー募集サイトから、「会員登録」をしてみてくださいね。

Uber Eatsの「会員登録(無料)」

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ副業」主婦や女性でも稼げる在宅スマホ副業33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録