これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)時間帯|早朝・昼・夜・深夜で配送手数料が安い時間帯は?

ウーバーイーツ Uber Eats 時間帯 早朝 昼 夜 深夜 配送手数料 安い時間

ウーバーイーツ(Uber Eats)時間帯|早朝・昼・夜・深夜で配送手数料が安い時間は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業時間帯(早朝・昼・夜・深夜)で、配送手数料が高くなるのは、やはり「昼(ランチタイム)」と「夜(ディナータイム)」です。

逆に「モーニング(早朝)」と「夜食タイム(深夜)」では、配送手数料が比較的、安くなる傾向にありますので、覚えておきましょう。

Uber Eatsの「注文者」登録をする

UberEats ウーバーイーツ ベジタリアン ヴィーガン ビーガン 料理 菜食主義者Uber Eats(ウーバーイーツ)ベジタリアン・ヴィーガン(ビーガン)料理・注文方法・商品頼み方

Uber Eatsの営業時間と店舗営業時間は違う!

Uber Eats(ウーバーイーツ)」では「Uber Eats自体の営業時間」と、「Uber Eatsに掲載されている店舗の営業時間」が異なりますので、注意してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達可能な営業時間帯は?

Uber Eats営業時間:「9:00~24:00」

(神奈川エリアのみ10:00~23:00)

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」自体の営業時間は、上記の通りとなります。

上記以外の時間帯は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」自体が利用できなくなりますので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」を利用したい「ユーザー(注文者)」の人は、上記の時間内で、サイトにアクセスしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達可能な店舗営業時間は?

Uber Eats内の店舗営業時間:「店舗により異なる」

Uber Eats(ウーバーイーツ)」には「Uber Eats自体の営業時間」と、掲載されている「店舗の営業時間」が、分かれています。

「掲載店舗の営業時間は、お店によってバラバラ」で、9時から注文できるお店もあれば、13時にならないと「Uber Eats(ウーバーイーツ)」からは、注文できないお店もあります。

また時々、店舗の営業時間になっても「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」や「サイト」で見ても、利用不可になっているお店があります。

このようなお店は、実店舗が忙しく「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達」に対応できていない状況か、食材が切れたりで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達」に対応できなくなったなど、何かしらの理由で、受注を一時的にストップしている状況です。

しばらく待つと、「発注ができる」ようになったりしますので、お目当ての「お店」がある場合は、少し待ってから、再びアクセスしてみましょう。

まずは「会員登録」

ウーバーイーツ Uber Eats 法人契約 配達パートナー 登録 やり方 なり方 個人事業主ウーバーイーツ(Uber Eats)法人契約・法人登録|配達パートナー登録のやり方

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達依頼が最も多い時間帯は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)」で「配達依頼」が最も多い時間帯は、「11時~14時」の「ランチタイム」と、「18時~21時」の「ディナータイム」です。

この2つの時間帯は、ガンガン注文が入りますので、「配達パートナー(配達員)」の人は、最も稼ぎやすい時間帯(ゴールデンタイム)となります。

逆に「ユーザー(注文者)」は、注文の手数料が、この時間帯に高くなることがありますので、料金が安い時間帯を狙うなら、あえて「ランチタイム」と「ディナータイム」の「2つのピークタイム」を、少しずらして注文をすると良いでしょう。

また「配達依頼」は少ないのですが、意外と稼げる日があるのが、「9時~10時の早朝モーニング」と「22時~24時の深夜の夜食タイム」です。

この「2つの時間帯」は、「配達パートナー(配達員)」のライバルが少なくなりますので、近い距離で、配達回数を稼ぐことが出来れば、短時間で大きく稼ぐことも出来ます。

意外と「穴場な時間帯」が上記の2つの時間帯だと言えるでしょう。

「晴れの日」と「雨の日」の時間帯の違い
配達依頼が忙しい時間帯天気
11時~14時(ランチタイム)晴れの日・雨の日
18時~21時(ディナータイム)晴れの日・雨の日
15時~18時雨の日

やはり、「晴れの日」「雨の日」ともに「ランチタイム(11時~14時)」と「ディナータイム(ディナータイム)」の時間帯が、配達依頼が多く、忙しくなる傾向にあります。

ただし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、配達している人は、理解してもらえるかもしれませんが、「雨の日」の「15時~18時」の時間帯も、結構忙しく、ひっきりなしに配達リクエストが入ってくる時があります。

「平日」と「土日祝日」の時間帯の違い
配達依頼が忙しい時間帯平日土日祝日
9時~10時(早朝)比較的少ない比較的多い
11時~14時(ランチタイム昼)多い比較的多い
18時~21時(ディナータイム夜)多い多い
22時~24時(深夜)比較的多い比較的多い

上記の表では、「平日」と「土日祝日」を比較しています。

やはり「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼ごうとすると、「ランチタイム」と「ディナータイム」の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯は、必ず抑えておかなければなりません。

また、実は、「ディナータイム」が終わると、1時間前後、ばったりと「配達リクエスト」が入らなくなる時間帯が21時~22時くらいで発生することが多くあります。

この時間帯を過ぎて、22時~23時台なると、配達リクエストが突如入りだす「深夜タイム」に突入していきます。

この「深夜タイム」では、「ディナータイム」が終了したため、多くの「配達パートナー(配達員)」は、仕事を切り上げて、家に帰る人も多くなり、配達を行う「配達パートナー(配達員)」自体が、少なくなります。

しっかり稼いでいきたい「配達パートナー(配達員)」の人は、この「深夜タイム」に頑張って配達をすることで、多くのメリットを享受することが出来ます。

まず、「配達パートナー(配達員)」の「メリット」からお話しすると、この「深夜」の時間帯は、「人も車も少ないため、道路も走りやすく、効率よく配達がしやすい時間帯」となります。

また、お店(店舗)側からしても、ディナータイムを終え、この時間帯の売上は、全体的に落ちる傾向にありますので、「配達」を頑張ってくれる「配達パートナー(配達員)」を、とても歓迎してくれます。

お店側(店舗側)のオーナーさんと、直接喋ることが出来るのも、この時間帯ならではです。

オーナーさんと仲良くなれば、色々な情報も教えてくれることになりますので、お金を稼ぐ以外にも、この仕事のやりがいを感じたい人は、遅くまで頑張ると良いでしょう。

「配達パートナー」として登録する

Uber Eats ウーバーイーツ バイト 稼げる 仕組み システム ビジネスモデルUber Eats(ウーバーイーツ)ビジネスモデル・配達員の仕組み・バイトより稼げる?

Uber Eats注文者が利用できる時間帯クーポン

現在は終了していますが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」には、「時間帯クーポン」と呼ばれ、「特定の時間帯」の注文を割引してもらえる「クーポン(プロモーションコード)」が存在しました。

また再開する可能性も高い「クーポン(プロモーションコード)」だと思うので、登場した時は覚えておいてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)時間帯クーポンとは?

過去、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」には「時間帯クーポン」と呼ばれる、特定の時間帯で使用することで、割引が受けられる「クーポン」が配布されていました。

もう既に終了してしまっていますが、今後、再登場する可能性も高い「クーポン」ではないかと思っていますので、覚えておきましょう。

時間帯クーポンの種類
  1. 朝食 9時~11時限定(30%OFFキャンペーン)
  2. ランチ 11時~14時限定(10%OFFキャンペーン)
  3. おやつ 14時~17時限定(30%OFFキャンペーン)
  4. 夕食 17時~21時限定(10%OFFキャンペーン)
  5. 夜食 21時~25時限定(30%OFFキャンペーン)

※上記の時間帯クーポンは、過去のものです。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業時間が25時までやっていた時のクーポンですので、ご注意ください。

ウーバーイーツ Uber Eats 支払いカードのみ? 現金支払い設定 支払い方法ウーバーイーツ(Uber Eats)支払いカードのみ?現金支払い設定・支払い方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)時間帯クーポンの使い方

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「時間帯クーポン」の配布は、既に終了していますが、「クーポンコード(プロモーションコード)」の使い方は、全ての「クーポンコード(プロモーションコード)」に共通しています。

「クーポンコード(プロモーションコード)」使い方
  1. アプリのトップ画面右下の「人型アイコン」をタップする
  2. 「プロモーション」をタップする
  3. 「プロモーションコードを追加」をタップする
  4. 「プロモーションコード」を入力する
  5. 画面下にある緑色の「プロモーションコードを追加」ボタンをタップする
  6. アプリで対象店舗の「対象メニュー」を注文すると、自動的にクーポンコードが適用される

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」を起動すると、現在利用できる「クーポン」の一覧を見ることが出来るので、利用できそうな「クーポンコード(プロモーションコード)」は、どんどん利用していきましょう。

Uber Eatsの「プロモーションコード」

Uber Eats ウーバーイーツ 使い方 注文方法 配達パートナー 始め方 配達員 ドライバー バイトUber Eats(ウーバーイーツ)始め方|注文方法・商品頼み方・配達員・配達パートナー登録方法・配達エリア

まとめ

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「時間帯別」の「配送手数料」や「配達頻度」などの違いを、解説していきました。

今回の記事を読んで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に興味を持った人がいましたら、是非1度、この機会に、利用してみてください。

Uber Eatsの「会員登録」はコチラ

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ副業」主婦や女性でも稼げる副業33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録