これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトできるASP

uber eats ウーバーイーツ アフィリエイト ASP 広告

Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトができるASP

Uber Eats(ウーバーイーツ)の、アフィリエイト案件を持っているASP(エーエスピー)を紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、2014年にアメリカのサンフランシスコで始まった「オンラインフードデリバリーサービス」です。簡単に言うと、オンラインを使った「出前サービス」ということです。

Uber Eats asp アフィリエイト ウーバーイーツ logo ロゴ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利点は、「色んな飲食店の料理を、お手軽に出前してくれる点」です。出前と言えば、利用する時は、1店舗を選び、そのお店のメニューだけを選ぶことが一般的ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、色んなお店の料理を、まとめて出前で注文することも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、ウェブブラウザ・スマホ・タブレットから「専用アプリ」を使って、登録されている飲食店に、出前を注文することが出来ます。

Uber Eats asp アフィリエイト ウーバーイーツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「アプリ」では、アプリ使用者の居場所を探知して、「現時点で営業中の飲食店」を表示してくれます。料金は、注文時に、料理の代金+配送料を合わせた「総支払額」が表示さるため、納得できる料金である場合、注文を行います。支払いは、Uberに登録された「クレジットカード」や「デビットカード」に対応して、自動で支払いを行ってくれます。(※配達員にチップを渡す機能もあります)

また、注文後には、配送状況を追跡できる機能もあり、注文した出前が、いったいどこまで迫っているのかを、随時、把握することが出来ます。

それと、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、出前を配達してくれる「配達員」が、特徴的です。Uber Eats(ウーバーイーツ)の「配達員」は、一般の人たちです。Uber Eats(ウーバーイーツ)に、配達をしたい一般の人たちが「配達車登録」をすることで、自分が持っているバイクや自転車などの二輪車や、自動車(※もしくは徒歩)を使い、配達することができるようになります。

Uber Eats asp アフィリエイト ウーバーイーツ 広告

(※世界のほとんどの都市では、配達車登録ができる年齢は「19歳以上」です)

配達車の報酬は、「配達回数」や「飲食店と配達先の距離」に応じて、変化する「報酬」を受け取ることが出来ます。また、配車サービス「Uber(ウーバー)」のドライバーも、配達車登録が可能のため、Uberでお客を車に乗せていない時の、スキマ時間を使って、Uber Eats(ウーバーイーツ)でお小遣い稼ぎを行うことも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)サービス利用者のメリット&デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の特徴・メリット

  • 注文確定から配達完了までが迅速
  • 一品からでも注文できる
  • 出前の到着時間がわかる
  • 決済が簡単
  • 配達者の顔写真と名前がわかる

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリット

  • お店で食べるより料金が高い
  • 利用エリアが狭い

Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトがあるのは「アクセストレード」

各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を調べたところ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のアフィリエイト案件は、「アクセストレード」というASPに存在します。

※アクセストレードとは、「アフィリエイト事業とメディア・コンテンツ事業を手掛ける株式会社インタースペースが運営するASP」です。

まだ、会員登録のない人はコチラから登録してください。

⇒ アクセストレード

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のアフィリエイト案件は、「サービス利用者」案件と「配達パートナー募集」案件の、2つが登録されています。

1つ目の「サービス利用者」案件では、利用者が「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を使って「初回注文配達」を完了した時点で、成果対象となります。

2つ目の「配達パートナー募集」案件では、配達パートナーになりたい人が、「登録後、初回配達」を完了した時点で、成果対象となります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のアフィリエイト報酬

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の、アクセストレードでの、アフィリエイト報酬は以下のようになります。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のアフィリエイト案件で広告を貼ると、どのくらいアフィリエイト報酬が貰えるのか、気になる人もいるかもしれないので、念のため、載せておきますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアフィリエイト報酬

  • Uber Eatsで出前注文(926円)
  • Uber Eatsで配達パートナー登録(6,350円)

Uber Eatsの利用者として「出前を注文した場合」は、926円の報酬が貰えます。

また、配達車として「配達パートナー登録」を行った人が出た場合は、6,350円の報酬が貰えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアフィリエイトも、「即時提携ではありません。一旦、「申請申込み」を行いますと、「申請中」の状態となり、Uber Eatsの審査後に、掲載OKとなった場合のみ、提携が完了して、広告が貼り付けられるようになります。

(※アフィリエイト案件や、アフィリエイト報酬は、突然に中止・変更されることがあります。正確な情報は、公式サイトで確認してください。(2019年3月時点)

・アクセストレード

これは、自動配車サービス「Uber(ウーバー)」のアフィリエイトの、申込みの時も同じですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアフィリエイトを行うにあたり、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスを利用する「ターゲット属性」や、成約却下となる条件を知ることは、非常に重要です。

広告ターゲットユーザー(注文)

  • 年齢:20代~60代
  • 性別:男女
  • ニーズ:食べるのが好きな人、パーティー、家族など

広告ターゲットユーザー(配達)

  • 年齢:20代~60代
  • 性別:男女
  • ニーズ:空時間を活用したい、副業したい人

成約却下となる条件

  • 違反行為、違反集客をしているサイト
  • 2回目以降の登録、注文、キャンセル、虚偽、いたずら、未入金、重複
  • お友達紹介クーポンなどでの登録
  • アダルト、バイオレンス、違法なページ
  • 商標リスティング、商標ドメイン

今回、紹介したように「アクセストレード」から、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の、アフィリエイトプログラムを紹介できるようになります。良かったら試してみてください。

uber eats ウーバーイーツ 配達エリア 地域 アフィリエイト ビジネスモデル ドライバー 確定申告 個人事業主Uber Eats(ウーバーイーツ)とは【始め方・登録方法・使い方】

【電子版】ウォールストリートジャーナル(WSJ)ビジネス&英語の学習に..

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録