これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber(ウーバー)アフィリエイトのあるASP

uber ウーバー アフィリエイト ASP

Uber(ウーバー)アフィリエイトができるASP

「Uber(ウーバー)」の、アフィリエイト案件を持っているASP(エーエスピー)を紹介します。

Uber(ウーバー)とは、アメリカ企業の「ウーバー・テクノロジーズ」が運営する「自動車配車ウェブサイト」および「配車アプリ」のことです。世界70ヵ国、450都市以上でサービスを展開しています。

ウーバー リフト IPO

Uber(ウーバー)の特徴としては、一般的なタクシーの配車に加えて、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って、他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」という、システムを実施しています。

Uber(ウーバー)の特徴・メリット

  • 一般人が空き時間と自家用車を使って、「簡単な小遣い稼ぎ」ができる
  • Uberで配車されたタクシーは、一般のタクシーよりも料金が安い

ASPとは、「Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」の略です。インターネットを中心に、成功報酬型広告を配信するサービス・プロバイダで、広告主は、ASPを仲介にして、個人・法人が運営するウェブサイトでの広告掲載を依頼し、結果として、広告のクリックや、掲載商品の購入など、あらかじめ設定された成果条件に至った際に、成功報酬としてアフィリエイトサイトに広告料を支払う成果報酬型広告です。

Uber(ウーバー)アフィリエイト案件があるのは「アクセストレード」

各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を調べたところ、「Uber(ウーバー)」のアフィリエイト案件は、「アクセストレード」というASPに存在しました。

※アクセストレードとは、「アフィリエイト事業とメディア・コンテンツ事業を手掛ける株式会社インタースペースが運営するASP」です。

まだ、会員登録のない人はコチラから登録してください。

⇒ アクセストレード

気になる「Uber(ウーバー)」のアフィリエイト案件は、「Uberに登録し、90日以内にタクシーの配車を行い、乗車完了する」と成果完了となります。

※ただし、利用可能の出発地域(名古屋・大阪・仙台市内)に限り、成果対象になりますので、他のアフィリエイト案件と比較すると、成約までの条件的には、厳しいかもしれません。

また、成約条件的にも、「PCブラウザから会員登録を行い、スマホデバイスでログイン後、乗車した場合は、成果対象外となる」ようです。

正直、配車に関しては、ほとんどの人が「Uber配車アプリ」を使うでしょうから、この成果発生条件では、アフィリエイトをする側のアフィリエイターとしては、なかなか確定しないでしょうから、力を入れる案件ではないかもしれませんね。

Uber(ウーバー)のアフィリエイト報酬

Uber(ウーバー)の、アクセストレードでの、アフィリエイト報酬は以下のようになります。Uberのアフィリエイト案件で広告を貼ると、どのくらいアフィリエイト報酬が貰えるのか、気になる人もいるかもしれないので、念のため、載せておきますね。

Uber(ウーバー)のアフィリエイト報酬

  • 配車後の乗車完了(1,460円)

「配車後の乗車完了」で「1,460円」の報酬発生条件ですが、成果発生条件には、制約がついており、この制約が少し厳しいものになっています。成果が却下となる条件を回避する必要があります。

「PCブラウザから会員登録を行い、スマホデバイスでログイン後、乗車した場合は、成果対象外となる」ようです。

(※アフィリエイト案件や、アフィリエイト報酬は、突然に中止・変更されることがあります。正確な情報は、公式サイトで確認してください。(2019年3月時点)

・アクセストレード

Uber(ウーバー)のアフィリエイトは、「即時提携ではありません」。一旦、「申請申込み」を行いますと、「申請中」の状態となり、Uberの審査後に、掲載OKとなった場合のみ、提携が完了して、広告が貼り付けられるようになります。

Uber(ウーバー)アフィリエイト案件の特徴

Uber(ウーバー)のアフィリエイトを行うにあたり、Uberサービスを利用する「ターゲット属性」を知ることは、非常に重要です。

広告ターゲットユーザー

  • 年齢:20代~60代
  • 性別:男女
  • ニーズ:タクシーより安く移動したい人

Uber(ウーバー)のアフィリエイト広告を掲載するにあたり、「成約却下」となる条件も、しっかり把握しておきましょう。

成約却下となる条件

  • アダルト、バイオレンス、違法なページ
  • 商標リスティング、商標ドメインのサイト
  • リスティングNG
  • 名古屋・大阪・仙台市内以外からの乗車した場合
  • Uberが提供しているプロモーション・クーポンで乗車した場合
  • 違反行為、違反集客をしているサイト
  • キャンセル、虚偽、いたずら、未入金、重複
  • PCブラウザで会員登録後、スマホでログインし乗車した場合

今回、紹介したように「アクセストレード」から、「Uber(ウーバー)」の、アフィリエイトプログラムを紹介できるようになります。良かったら試してみてください。

Airbnb(エアビー)の登録方法&使い方を解説【民泊の始め方ガイド】

Kindle Unlimited【30日無料体験】月1冊で元がとれる「多読生活のススメ」