これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)アフィリエイトできるASP

ウォールストリートジャーナル WSJ アフィリエイト ASP

ウォールストリートジャーナル(WSJ)アフィリエイトができるASP

ウォールストリートジャーナル(WSJ)のアフィリエイト案件を持っているASP(エーエスピー)を紹介します。

The Wall Street Journal(WSJ)は、ダウ・ジョーンズ社が発行する国際的な影響力を持つ日刊経済新聞です。ウォールストリートジャーナル(WSJ)には、「アメリカ版」「アジア版」「ヨーロッパ版」の他、オンライン版では「日本版」と「中国版」も発行されています。

The Wall Street Journal

経済新聞としては、アメリカ最大の発行部数を誇り、世界や全米各地の経済活動、金融に関するニュースを掲載しています。新聞の名前は、ニューヨークにある経済中心地「ウォール街」に由来しています。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、アメリカのみならず、世界を代表する経済紙の1つとされてます。国際的に大きな影響力を持つとされ、経済・金融に関するニュースの中でも、証券市場とビジネス動向についての分析に強いと定評があります。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、日本の新聞とは違い、記事はすべて「署名記事(書いた人が分かる)」であり、ニュースソースも一般的に、信頼度が高いとされています。(※経済に対する影響力の大きさから、匿名の情報源は原則扱わない方針をとっているそうです)

ウォールストリートジャーナル(WSJ)特徴&メリット

ウォールストリートジャーナル(WSJ)特徴&メリット

  • シリコンバレー、中央銀行の分析に強い記事
  • 機関投資家のバイブル「バロンズ」の記事も閲覧可能
  • WSJ主催セミナーに優先招待
  • 電子版なので日本版以外も読める

ウォールストリートジャーナル(WSJ)アフィリエイトがあるのは「A8.net」

各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を調べたところ、「ウォールストリートジャーナル(WSJ)」のアフィリエイト案件は、「A8.net」というASPに存在します。

まだ、会員登録のない人はコチラから登録してください。

⇒ A8.net

また、ウォールストリートジャーナル(WSJ)のアフィリエイト案件は、成果が発生しやすい案件ではないかと思います。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)のアフィリエイトは、「即時提携ではありません」。一旦、「申請申込み」を行いますと、「申請中」の状態となり、ウォールストリートジャーナル(WSJ)の審査後に、掲載OKとなった場合のみ、提携が完了して、広告が貼り付けられるようになります。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)アフィリエイトの特徴

ウォールストリートジャーナル(WSJ)のアフィリエイトを行うにあたり、ウォールストリートジャーナル(WSJ)を利用する「ターゲット属性」を知ることは、非常に重要です。

広告ターゲットユーザー

  • 男性
  • 30代~50代
  • ビジネス、金融、テクノロジーに興味のある人

今回、紹介したように「A8.net」から、ウォールストリートジャーナル(WSJ)の、アフィリエイトプログラムを紹介できるようになります。良かったら試してみてください。

(※アフィリエイト案件や、アフィリエイト報酬は、突然に中止・変更されることがあります。正確な情報は、公式サイトで確認してください。(2019年3月時点)

A8.net

【電子版】ウォールストリートジャーナル(WSJ)ビジネス&英語の学習に..

【ファンディーノ】未公開株の売買ができる「株式投資型クラウドファンディング」