これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達やり方とコツ|配達員の人気エリアと時間帯

ウーバーイーツ Uber Eats 配達 やり方 コツ 配達員 人気エリア 時間帯 配達パートナー

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達やり方とコツ|配達員の人気エリアと時間帯

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録する方法と、「配達パートナー(配達員)」になった場合の「配達のやり方」や「配達のコツ」について、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、オンラインを利用した「フードデリバリー・サービス」で、2016年に日本にも上陸して、認知度も徐々に広がりを見せている「サービス」になります。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

UberEats ウーバーイーツ ベジタリアン ヴィーガン ビーガン 料理 菜食主義者Uber Eats(ウーバーイーツ)ベジタリアン・ヴィーガン(ビーガン)料理・注文方法・商品頼み方

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」になろう

uber eats ウーバーイーツ 出前サービス 宅配サービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は「WEBからの会員登録」と「パートナーセンターでの登録説明会への参加」が必須となってきますので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になる方法について、「なり方と流れ」を説明していきたいと思います。

「Uber Eats」の「配達パートナー(配達員)」になる流れ
  1. 「配達パートナー(配達員)」登録ページから「アカウント登録」をする
  2. 「パートナーセンター」での登録説明会に参加する

まずは「専用の会員登録ページ」から「アカウントを作成」します。

「アカウントを作成」した後は、サービスエリア内にある「最も近いパートナーセンター(事務所)」で、作成した「アカウント」を有効化してもらい、「配達バッグ」を受け取ったら、すぐに「配達の仕事」をすることが出来るようになります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」とは

uber eatsとは ウーバーイーツとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」とは、登録者が「個人事業主」となり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が委託する「配達業務」を、手伝う人のことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「配達パートナー(配達員)」の間には、「雇用関係」はありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」には、「雇用関係」がない分、誰かに指示をされて仕事をするわけではなく、自分で決めた時間で仕事をしていくようになります

また、「雇用関係」がないために、「正社員」や「アルバイト」の人が加入できる、「雇用保険」や「労災」などには「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は入ることが出来ませんので、その点は、注意してください。

僕が考える「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になることで体験する「メリット」と「デメリット」を、整理しましたので、1度、確認してみてください。

Uber Eatsの「配達パートナー」に登録

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「メリット」

配達パートナー(配達員)」「のメリット」について、以下に記載しましたので、確認しておいてください。

「配達パートナー(配達員)」のメリット
  1. めんどくさい上司がいない
  2. 好きな時に、好きなエリアで働ける
  3. シフトや勤務という「概念」がない
  4. 個人事業主となるので税金や確定申告に詳しくなれる
  5. 働きたい時に働いて、休みたい時に休むことが出来る
  6. 連休が自由に取れるし、旅行なども行きやすい
  7. 頑張れば頑張った分だけ稼ぐ額が増える
  8. 運動の代わりにもなり、運動不足解消にも繋がる

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になる「最大のメリット」は、とにかく「自由に働ける」ということです。

理不尽な上司もいませんので、「自由に働きたい」「自分が思った通りに働きたい」「副業をしたい」という人などには、最適な「働き方」だと思います。

特に、「副業」を始めて「もう1つの収入源を作りたい人」には、個人的には、最初は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」を、おすすめします。

「会社員」として「雇用保険」や「労災」などの「保障制度」の恩恵を受けつつ、空いた時間や休日を利用して、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として仕事をすることで、もう1つの収入源を得ることが出来るようになります。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になるためには、「書類選考」や「面接」も要りませんので、「会社員」であっても「身バレすることなく」、スムーズに「副業」を開始することが可能です。

「WEB(ウェブ)登録」をして「パートナーセンター」での登録説明会に出席すれば、基本、誰でもなることが出来ますので、どんな身分の人でも始めやすいのが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のメリットだと思います。

さらに、「企業に雇用される」ような「アルバイト」や「正社員」の「副業」をしてしまうと、「住民税の金額」の増加から、副業が会社にバレやすいのですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「アルバイト」や「正社員」のような「企業に雇用される形態ではない」ので、自分で確定申告をする必要は出てきますが、確定申告で「普通徴収」を選択すると、住民税を自分で納めることができ、住民税の増加を見られることで、会社に「副業」がバレることも、未然に防止することが出来ます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「デメリット」

「配達パートナー(配達員)」の「デメリット」について、以下に記載しましたので、確認しておいてください。

「配達パートナー(配達員)」のデメリット
  1. 保障された給料がない
  2. 雇用保険や労災がない
  3. 確定申告を自分でやる必要がある
  4. 病気やケガをすると働けなくなる
  5. 備品の購入やガソリン代などは自分で何とかする必要がある
  6. 稼働できるサービスエリアが都市部にしかない
  7. 配達で街中を動き回るので、体力的に高齢だとキツイ

僕が考える「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の「デメリット」は、「自分が働けなくなった時に、稼ぎが止まってしまう」点です。

「会社員」だと「雇用保険」や「労災」などの「社会保障制度」にも守られているため、ケガや病気などで働けなくなった時は、何も考えずとも、補償が受けられますが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」だけで働くつもりの人は、個人事業主となりますので、個人事業主が加入できる保険や補償制度を見つけて、自分で入ることも考えなければなりません。

ですので、本業で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」となり頑張る人は、「短期的に一気に稼いでしまい、稼いだお金で、自分の会社を起業する」ことなど、将来を考えながら、取り組むのが良いでしょう。

また、完全に「副業」として割り切って働き、「安定した本業を持ちつつ、足りない給料を、配達パートナーで補う」ことも、賛成です。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」なら会社にもバレにくく、体力的に大丈夫であれば、長く継続して働くことも出来ると思います。

Uber Eatsの「特徴」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」登録方法

uber eats ウーバーイーツ 注文者 ユーザー 登録方法

「配達パートナー(配達員)」WEB登録の仕方について、「登録方法と流れ」を整理しましたので、確認してください。

「配達パートナー(配達員)」WEB登録の流れ
  1. 「会員登録ページ」より「アカウント」を作成する
  2. 「配達に使用する車両」を登録する
  3. 「登録に必要な書類」をアップロードする
  4. 「銀行口座の情報」を登録する
  5. 「Uber Driverアプリ」をインストールする

「WEB(ウェブ)」から「会員登録」をした後は、近くの「パートナーセンター(事務所)」に行き、作成した「アカウント」を有効化してもらってください。

「アカウント」を有効化すると、すぐに「配達パートナー(配達員)」として稼働することが出来るようになります。

まずは「WEB登録」

「配達パートナー」パートナーセンターでの「登録説明会」

uber eats ウーバーイーツ パートナーセンター 所在地

「配達パートナー(配達員)」パートナーセンターでの登録説明会の流れを、以下に記載しましたので、確認してください。

「配達パートナー(配達員)」パートナーセンターでの登録説明会
  1. 「Uber Eats」の仕組みを説明
  2. 「配達パートナーの業務形態や仕事内容」の説明
  3. 「コミュニティガイドライン」の説明
  4. 「配達パートナーの配送料金」についての説明
  5. 「登録に必要な書類や写真」の確認
  6. 「Uber Driverアプリ」の使い方の説明
  7. 「配達用バッグ」の受渡し
  8. 「配達用バッグ」の使い方の説明
  9. 「配達用バッグのデポジット」の説明
  10. 「紹介キャンペーン」の紹介
  11. 「アカウント」の有効化
  12. 最終チェック

この「パートナーセンター」での登録説明会に参加して、配達バッグを受け取り、アカウントが有効化されると、「配達パートナー(配達員)」として、すぐに稼働することが出来るようになります。

Uber Eatsの「配達パートナー」として働く

「配達パートナー(配達員)」の「配達のやり方」と「コツ」

では、次に「配達パートナー(配達員)」になった後の、実際の「配達のやり方」と「配達のコツ」のようなものを、簡単に説明していきたいと思います。

「配達パートナー(配達員)」配達の仕事の流れとやり方

「パートナーセンター」での「登録説明会」が終わり、「配達バッグ」を受け取ったら、すぐに配達の仕事を開始することが出来ます。

最初の配達を行うための「流れ」と、配達の時に必要な「アイテム」を、以下に記載しておきます。

初めての配達を始める
  1. 持ち物を確認する
  2. サービスエリアに移動する
  3. Uber Driverアプリをオンラインにする
  4. 配達リクエストを受ける(または拒否する)
  5. レストランに商品のピックアップに向かう
  6. レストランで商品を受け取り注文者のもとへ配達する

uber eatsとは ウーバーイーツとは

最初の「持ち物」を確認する段階で、「配達に必須のアイテム」と「配達にあると良いアイテム」を分けて整理しましたので、確認しておいてください。

配達に必須の持ち物・アイテム
  1. 登録した車両
  2. Uber Driverアプリがインストールされたスマホ
  3. 配達用バッグ

配達バッグの中の仕切りや固定する道具は、自分で工夫していく必要があります。

配達バッグを受け取ったそのままで使用すると、商品以外の空間が大きすぎて、配達中に「商品」が動いて、中身がぐちゃぐちゃになってしまうことが起きてしまいます。

ですので、配達バッグを受け取ったら、まず考えるべきは、「商品」以外の空間を埋める工夫です。

ウーバーイーツ 使い方 uber eats

僕のおすすめは「サバイバルシート」です。

「サバイバルシート」があれば、これを使用して、配達用バッグの中にできる隙間を埋めることも可能ですし、「サバイバルシート」には、保冷・保湿効果もありますから、一石二鳥となります。

「サバイバルシート」は、安いものであれば、100均ショップやAmazon(アマゾン)でも売っている場合があるので、数枚買っておいて、配達バッグの中に常に入れておくと、いつでも商品が固定できるので、便利です。

uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方
uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方 固定方法
配達にあると良い持ち物・グッズ
  1. ヘルメット
  2. 反射材用品
  3. LEDライト
  4. 明るい目立つ色の衣服
  5. 懐中電灯
  6. スマホスタンド
  7. モバイルバッテリー
  8. 水分補給の飲料水
  9. タオル
  10. レインコート
  11. 配達用バッグの中に入れて商品を固定するためのアイテム
  12. 配達用バッグの中の料理の温度を保つアイテム

uber eatsとは ウーバーイーツとは

※サバイバルシート、ヘルメット、スマホスタンド、モバイルバッテリーは、僕は配達に必須だと思います。

商品を固定するためのアイテム

サバイバルシート、タオル、エマージェンシーブランケット、段ボールの仕切り、カップスタンド、テープ、予備の保冷バッグ 等

保温するためのアイテム

保冷剤、カイロ、サバイバルシート、エマージェンシーブランケット 等

※自分で色々試してみて、配達に便利なアイテムを見つけていきましょう。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、配達で使用する「これらのアイテムの購入費」は、「経費」として計上することが可能です。

Uber Eatsの「配達パートナー」になる

「配達パートナー(配達員)」が貰う「配送手数料」の計算方法

次に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(インセンティブ報酬)」について、見ていくようにしましょう。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(配達料)」は、以下の計算式で算出されます。

配送手数料=(受取料金+受渡料金+距離料金ーサービス手数料)+インセンティブ(ボーナス)

それぞれの項目が、どんな料金のことを示しているのかを、説明していきます。

受取料金

「受取料金」とは、レストラン(飲食店)で商品を受け取った時に貰える「料金」のことです。

配達先が「2ヶ所」ある場合でも、受取先(レストラン)が、「1ヶ所」しかなかった場合は、「受け取り」は「1回」としてカウントされ、1回分の「受取料金」が貰えます。

受渡料金

「受渡料金」とは、注文者に商品を渡した際に貰える「料金」のことです。

商品を届ける先が複数ある場合は、それぞれ「受渡料金」が貰えます。

距離料金

「距離料金」とは、「レストランから配達先までの距離」に応じて、貰える「料金」のことです。

配達距離が遠くなれば遠くなるほど、比例して「距離料金」が増えていきます。

また、「複数の配達先」があった場合には、合計の距離が、計算対象となります。

距離料金を稼ぐために、わざと遠回りをすることは、規約で禁止されていますので、もし見つかった場合は、アカウント削除の対象となってしまいます。

注意してください。

サービス手数料

「サービス手数料」とは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に取られる「手数料」のことです。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用させてもらっている「手数料」として、稼いだ額から、引かれていきます。

また、この「サービス手数料」は、全国一律ではありません。

「配達パートナー(配達員)」が、配達を行う「サービスエリア(対象地域)」によって、「%(パーセンテージ)」が変わってきます。

インセンティブ

「インセンティブ」とは、「受取料金+受渡料金+距離料金ーサービステ手数料」で計算される「配送基本料金」に、上乗せされる「追加報酬(ボーナス)」のことです。

「インセンティブ」の細かいルールに関しては、頻繁に変わっていくので、注意が必要です。

代表的な「インセンティブ」を以下に記載しましたが、これ以外にも「インセンティブ」は用意されていますので、実際に「配達の仕事」をしながら、「インセンティブ報酬」を上手く活用して、効率的に稼いでいって下さい。

時間帯ブースト

配達する時間帯によって、報酬の基本料金部分に掛け算される「ブースト」と呼ばれる制度があります。

お昼のランチタイム、夜のディナータイムなどの「ピークタイム」と言われる混雑時に、ブースト倍率が高くなる現象が見られますので、このような時間帯を狙って、配達を行うと、効率よく稼げる可能性が高まります。

地域別ブースト

配達する地域によって、ブースト倍率が高くなることがあります。

「地域ブースト」が適用される「サービスエリア」を見つけることが出来たら、そこでの配達に集中することで、効率よく稼ぐことが出来るようになります。

例えば「新しくできた配達エリアに配達員を呼び込むため」や「配達員の人手が足りないエリア」で「地域ブースト」がかかる場合も考えられます。

ただし、地域ブーストが掛かる時のルールは、正式に公開されているものではありませんので、「地域ブースト」が掛かったら「ラッキー」という感じで、配達するのが良いでしょう。

雨の日インセンティブ

雨の日に配達すると「雨の日インセンティブ」として、「配達達成件数」ごとに、ボーナス報酬が貰えることがあります。

「雨の日インセンティブ」は、1日前や2日前に、「メッセージ機能」や「メール」で通知されることが多いです。

土日インセンティブ

土曜日や日曜日に「土日インセンティブ」として、「配達達成件数」ごとに、ボーナス報酬が貰えることがあります。

サービスエリア毎の基本料金とサービス手数料
エリア都道府県受取料金受渡料金距離料金サービス手数料
関東東京都300円170円150円/1km35%
神奈川県250円120円60円/1km10%
埼玉県300円170円150円/1km35%
千葉県300円170円150円/1km35%
中部愛知県215円105円60円/1km10%
近畿大阪府215円105円60円/1km10%
京都府215円105円60円/1km10%
兵庫県215円105円60円/1km10%
九州福岡県215円105円60円/1km10%
注意
紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

Uber Eatsの「インセンティブ」詳細

「配達パートナー(配達員)」配達で稼ぐ方法と配達のコツ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、効率よく稼ぐ方法と、配達のコツを、説明します。

やはり「配達パートナー(配達員)」が効率よく稼ぐには、「ブースト」と「インセンティブ」を、いかに絡めて配達をしていくかにかかっているかと思います。

先ほども説明しましたが、「時間帯ブースト」が掛かる時は、「お昼のランチタイム」や「夜のディナータイム」など「ピークタイム」と呼ばれる混雑時が多いです。

これらの時間帯では、注文が重なり、配達パートナー(配達員)の人手が足りなくなる時で、そのような「配達員が欲しい」時に「時間帯ブースト」が、掛かりやすいという傾向が、なんとなく分かるかと思います。

逆に言うと、配達員の稼働率が比較的少ない「早朝」や「深夜」「雨の日」など、「配達パートナー(配達員)」が配達を嫌がりそうな「時間帯」や「コンディション」の日を狙って、逆に配達を行うことで、いつもと同じ距離を走っているのに、「ブースト」や「インセンティブ」によって、いつもより多く稼げるということもあるのです。

また、「新しくオープンしたサービスエリア(配達地域)」などは、まだ「配達パートナー(配達員)」の人員が少なく、「配達パートナー(配達員)」が足りていないと考えることもでき、運営側の立場に立つと、このような「サービスエリア」で、「地域ブースト」が掛かりやすいのではないかと、仮説を立てることも出来ます。

このように、大事なのは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の立場に立ってみて、自分ならどういう時に「ブースト」や「インセンティブ」を出したいかを試行錯誤して、仮説と検証を繰り返しながら、効率よく稼げる方程式のようなものを、編み出していくことだと、僕は思います。

皆さん、一緒に頑張っていきましょう。

まとめ

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録する方法と、「配達パートナー(配達員)」になった場合の「配達のやり方」や「配達のコツ」などについて、解説してきました。

もし、記事を読んで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に少しでも興味を持った人がいましたら、この機会に、是非、会員登録を行ってみてください。

Uber Eatsの「配達パートナー」会員登録

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ副業」主婦や女性でも稼げる副業33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録