これからは「個人で稼ぐ時代」です。

新型Kindleキャンペーン広告付き端末を購入レビューしてみた!

kindle 無印 広告あり ブラック

新型Kindle 無印

この記事のポイント
  • 紙の本しか読んだことがない人には、Kindleは「革命的」な「読書体験」になる
  • 紙の本の弱点である「物理的スペースの必要性」「大量の本を引っ越しの際に持ち運び」することが、一切なくなる
  • 個人的に「キャンペーン広告」は、気にはならない。端末価格が2,000円安くなる「キャンペーン広告あり」モデルで、「問題はない」と思っている
  • 僕も契約している月額980円の「Kindle Unlimited」を契約すれば、Kindle端末1台で、場所を選ばず、本が「読み放題」になり、「毎月の書籍代」と「本屋に行く時間」の両方が「節約」できる

Kindle新型(2018年)購入してレビューしてみた!

キャンペーン広告付きKindleを購入し、使い倒して感じた「正直」な感想..

欲しかったAmazonの電子書籍リーダーのKindle「Wi-Fi・ブラック・キャンペーン情報つきモデル」を購入しましたので、気になる広告表示画面を含め、使用感や感想をレビューしていきます。今回、購入したのは、Kindle端末の中でも一番安い、通称「Kindle 無印(むじるし)」と呼ばれているモデルです。はりきってキンドル、レビューするぜい!!

人気のKindle Paperwhite 待望の防水機能搭載!お風呂でも読書が楽しめる!

追記:2019年4月10日に、「フロントライト付き」のニューモデル「Kindle無印」が発売されました!待望のフロントライトや、追加された機能に関しては、こちらの記事で、詳しく解説していますので、よければチェックしてみてください。

新型 kindle キンドル 無印 フロントライト amazon【朗報】新型「Kindle無印(フロントライト搭載)」キンドルのニューモデル4月10日発売&予約受付中

新型Kindleはいつがお買い得?Kindle新型をアマゾンで買う

Kindleをプライム会員価格で購入

Kindleキャンペーン情報つき 端末

ちなみに、僕は「Amazonプライム会員タイムセールの25%OFF」で上記モデルを購入しました。価格は通常7,980円⇒5,980円(2,000円OFF)25%割引です。僕が購入したのは、第8世代Kindleと呼ばれている新型の機種ですね。

商品の配送は、Amazonプライム会員の特権である「お急ぎ便(無料)」を利用して、7月11日に注文をし、なんと翌日の7月12日には既に商品が自宅に届いていました。

kindle キャンペーン情報付き

プライム会員は「お急ぎ便」使ってもタダだもんね。

 

Amazonプライム会員になると、通常360円の配送料がかかる「お急ぎ便」が、このように(タダで使い放題)になったり、通常514円の配送料がかかる「当日お急ぎ便」までも(タダで使い放題)になるので、Amazonをよく利用するユーザーさんは、「Amazonプライム」のお得な特典は、必ずチェックしておいた方が良いですよ。その他の特典も「ものすんっごい豪華」ですので、まだ入っていない人は、要チェケラッチョです( ̄∀ ̄)

「特典満載」…プライム会員が教えたくないウハウハな秘密…

キンドル無印のレビューはここから!

Amazonの電子書籍Kindle(キンドル)は「広告ありモデル(キャンペーン広告あり)」と「広告なしモデル(キャンペーン広告なし)」の、2つの端末のどちらかを、購入時に選択しなければいけなくなっております。両モデルの違いですが、「広告ありモデルは、広告なしモデルに比べて2000円安くなる代わりに、その名の通り、画面に広告が表示される仕組みになっています」

Kindleキャンペーン情報つき モデル

どちらにしようか悩むな~。でも安い方が良いしな

 

AmazonのKindleを買いたいと思っている人の口コミを見ていると「広告ありモデル」と「広告なしモデル」では、どちらを買えばいいのかわからないという人が、かなり多かった為、広告ありモデルには「どんな広告が表示されるのか?」を含め、キャンペーン情報付きKindleを実際に購入してみて、その使用感をレポートしていきたいと思います。安く買って違和感なく使用できるなら、そっちの方が良いもんね!

悩んだ末、2,000円安い「広告あり」のモデルを購入!

 

キンドル 無印 レビュー

Kindle 無印 レビュー

Amazonプライムのお急ぎ便を使い、翌日に早速キンドル到着!

キンドル 広告消す

届いたパッケージはこんな感じ

 

kindle かっこいい

中身はこんな感じ。中身のパッケージもカッコいい!

買って良かった感、満載。

 

kindle キャンペーン情報 あり なし

では、開封

 

kindle 付属品

付属品はこんなカンジ

 

kindle 充電ケーブル

Kindle本体と充電ケーブル。

USBに挿して充電するタイプね。

 

kindle 文庫本サイズ

おっ!本体サイズが想像より小さくて持ちやすそう!

ラッキー!ちょうど文庫本サイズ

 

kindle 薄い

kindle 画面 薄い

厚みはこんな感じ。

横から見たら分かるけど、薄っすい!!

 

kindle 厚さ

kindle 厚さ

比較するとこんな具合。本体は文庫本よりも薄くて軽い。

この軽量感は、ヤバい。

 

この時点で、もう既にワクワクしてます。

プライム会員で安く買えたのもあるしね。

次は、気になる広告をさっそくチェック!

キンドル初心者へ、どこよりも詳しいKindleの「画像付き説明書」作ったよ…

Kindleのキャンペーン情報とは?

キャンペーン情報付きキンドルで表示される広告はこんな感じ

さぁ、肝心の、キャンペーン情報付きKindleの広告画面の画像を載せますね!

「いつ?」「どんな場所に?」「どんな頻度で?」広告が表示されるのかを、実機で検証しました。

まず、開封した後に、Kindleに電源をつけて、持ってるWIFIにつなぐ「簡単な設定」があるのですが、その初期設定中に、サラッと「Kindle unlimited」のキャンペーン情報が入ります。キンドルアンリミテッドいらない人や、既に入ってる人は「いいえ結構です」をクリックしましょう。

Kindle unlimited

Kindle Unlimited【30日無料体験】月1冊で元がとれる「多読生活のススメ」

Kindleのロック画面の広告はどんな感じ?

次の広告は、スリープ状態になった時、キンドルの画面全体にキャンペーン情報が現れます。でも正直、スリープ状態の時って、電源が入ったまま、操作していない状態なので、広告出てても、僕はまったく気になりませんでした。だって、スリープ状態の時、ほとんど画面見てないですからね。

しかも、キャンペーン情報と言っても、広告は「Kindle端末」や「Kindleアクセサリー」「おすすめのkindle本」など、(Amazon Kindleに関係のある広告)しか表示されないので、人によっては、逆に、これは有難い情報だなと思う広告も中にはありました。この広告も、僕はまったく問題なし!という感じです。

kindle 無印 キャンペーン情報付き

そして、1番よく目にするホーム画面に出てくる広告が下のヤツです。画面の1番下に広告が出ていますよね。この広告、バナーの形だったので、消せるのかなあと思ったんですが、結局、消せませんでした。ここの広告は、常に表示されている感じです。

人によっては、この広告は、「ウザいなぁ」と感じる人が、いるかもしれませんね。

それでも、この場所の広告も、僕は、正直、気にならなかったですね。(ずっと見てたのですが、この広告もKindleに関係のある広告しか表示されませんでした。)

 

新型kindle

この場所で、サプリとかプロテインとか、キンドルに関係のない広告を出されたら、いくら「仏」の僕でも、ブチ切れますが。。

流石に、そこは、天下のAmazonさん。

ちゃんと、ユーザーの動線も配慮して、Kindleに関係のある広告のみを、全体的なデザインの調和を崩す事なく、ちゃんと配置してくれています。

ちなみに、ホーム画面下の広告の「今すぐチェック」をクリックすると、このような画面が現れます。

kindleストア

右上の「ストア」をクリックすると、Kindleストアに繋がります。

kindle unlimited ストア

実は、こんな、まわり道しなくても、「Kindleストア」には、ホーム画面右上の「ストア」からも、ちゃんと入れますよ。普段はそっちから入りましょう。

キューピーちゃん

kindleストア おすすめ

一番気になる「読書中の広告はあるのか?」を検証!?

キンドル 読書中 広告出る

読書中の広告を確認しましたが、キャンペーン情報(広告)は「スリープ画面(ロック画面)」と「ライブラリ下部(ホーム画面下部)」中には表示されますが、読書中の広告はありませんでした。ひと安心。

キンドル 読書中 広告出ない

読書中の広告は「非表示」。スラスラ読めるし、使用中は超快適!

 

【結果】Kindleキャンペーン情報付き端末で広告が表示される場所

初期設定中に「Kindle unlimited」の情報が表示される

スリープ(ロック)画面にKindle関連の情報が表示される

ホーム画面下(ライブラリ画面下)にKindle関連の情報が表示される

結論⇒僕は「最安値の広告ありKindle(通称:無印)」で十分だと思います

こんな感じで「キャンペーン情報付きモデル」といっても、すべての広告が、Kindleに関係のある広告しか表示されないので、2,000円安く買えるなら、(広告あり端末)で、十分満足できると思います。実際に、最安値の「キャンペーン情報付きKindle」を購入して、問題なく使用している僕が、保証します!

(※ただし、最安値モデルである「通称:無印キンドル」にはフロントライトがついていないので、夜、暗い所でもKindleで本を読みたいという人は、ライトの付いている「Kindle paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」を最初から購入しましょう。

プライムデー 2019プライムデー2019|Amazon 1年に1度のビッグセール開幕

結論

あなたが、お金に余裕があって、2,000円多く払っても動じない「金持ちタイプ」の人や、少しの広告も許せない「情報断捨離タイプ」の人じゃなければ騙されたと思って、2,000円安い「キャンペーン情報付きKindle」を購入し、電子書籍生活を始めてみてください。

たった2,000円の違いで「広告あり」と「広告なし」のどちらを買おうか、悶々と悩んでいる暇があるなら、広告ありの安いキンドル無印をさっさと購入して、Kindleでの電子書籍ライフを早く体感した方が、人生における投資効率はずっと良いはずです。

僕は、今回のKindleレビューをやってみて、もっと早くにKindleを購入しておけば良かったと少し後悔しました。それぐらいKindleが素晴らしかった。Kindle1つを、カバンの中に忍ばせておくだけで、大量の本を持ち運んでいるのと一緒です。もう、紙の本には戻れない体になってしまいました( *´艸`)

よければ、皆さんもキンドル購入して下さいね。

あと、Kindle買うときは「Amazonプライム 」の30日間無料体験に登録してから購入すると、僕が買ったように、Prime価格で購入できてお得ですよ。

さらにAmazonプライムには、学生の場合「半年間もお試し無料体験」が出来る上、有料会員になっても「月額158円」しか払わなくても良い「Prime Student」というプランもあります。学生の皆さん、もしくは学生の子供をお持ちの親御さんは、こちらの学生プランを利用してくださいね。

Prime Studentはコスパ最強!お試し無料期間が「半年間」も楽しめる…

Kindle買った後で、すぐに無料体験を解約すれば、Amazon primeにお金を払うことなく、割引キンドルを、誰でも手に入れることができます。(試してね)

終わりです。

Bye Bye!またね

ポイントをおさらい
  • 紙の本しか読んだことがない人には、Kindleは「革命的」な「読書体験」になる
  • 紙の本の弱点である「物理的スペースの必要性」「大量の本を引っ越しの際に持ち運び」することが、一切なくなる
  • 個人的に「キャンペーン広告」は、気にはならない。端末価格が2,000円安くなる「キャンペーン広告あり」モデルで、「問題はない」と思っている
  • 僕も契約している月額980円の「Kindle Unlimited」を契約すれば、Kindle端末1台で、場所を選ばず、本が「読み放題」になり、「毎月の書籍代」と「本屋に行く時間」の両方が「節約」できる

Amazon Audible【30日無料体験】最大4倍速で速聴学習が可能な「耳学問」

「Kindle自炊化」…PDFやDRM制限の論文を読む方法