これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Kindle Unlimited 使い方|キンドルアンリミテッドの使い方&解約方法

キンドルアンリミテッド Kindle Unlimited 使い方 料金 解約方法 おすすめ ラインナップ

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)使い方を解説

Amazonの本読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」の使い方を、画像付きで解説していきます。

「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」を比較した記事も、過去記事で書いていますので、よければ確認してください。

>>>> Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いを図解で解説

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは、「Amazon(アマゾン)」が提供する「電子書籍」の「定額読み放題サービス」のことです。キンドルアンリミテッドは、月額料金を支払うと、電子書籍の閲覧が、契約期間内であれば、無制限になるサブスクリプションサービスとなります。

Kindle Unlimitedはこちら

ちなみに、僕も以前から「Kindle Unlimitedのヘビーユーザー」です。

何か「新しいことにチャレンジしたい時」や「1つのテーマ」を、「徹底的に勉強したい時」などは、「図書館」に行くよりも、簡単で便利に「知識の収集」ができるので、ずっと継続させてもらっています。

また「Kindle Unlimited」には、「初回30日間の無料期間」が付いてくるので、まだ利用したことがない人は「1ヶ月だけ」のお試し無料体験で、すべての機能を、お試しで使うことも出来ます。

無料体験

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の無料体験

1ヶ月の無料体験が付いてくる利点は、月額料金を支払う前までは、全ての機能を使い倒すことが出来る点です。無料期間で「Kindle Unlimited」を試してみて、実際に気に入ったら、月額料金を支払って、そのまま継続することが出来るのは、とても有難いですよね。

サービスを継続していく中で、毎月の月額料金に見合わないと思ったなら、その時点で解約すれば、最小限の出費で抑えられますし、初心者の人は、この方法で、自分に合うか合わないかを、確認するのがおすすめです。

とにかく「毎月1冊、必ず本を購入している人」なら、「1冊の書籍代」を支払う代わりに、「Kindle Unlimited」に加入して、「和書&洋書」合わせて「130万冊以上」の電子書籍を読み放題で読む方が、お得感はあるかと思います。

(※ただし、発売したばかりの新刊などは、すぐには読み放題にならないので、その点だけは注意が必要です)

Kindle Unlimitedのメリット

「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」の違い

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」を検討している人の中には、既に「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の会員になっている人も多くいるかと思います。

既に、プライム会員の特典の1つである「Prime Reading(プライムリーディング)」を、利用している人の中にも、この2つのサービスの違いが、いまいち分からない人が、多くいるのではないでしょうか。

そこで、キンドルアンリミテッドの使い方を解説する前に、今回は「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」のサービスの違いを、なるべくわかりやすく整理し、説明させて頂きます。

Amazonが提供する「2つの電子書籍読み放題サービス」

kindle unlimited logo

Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービスは2つあります。「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」の2つがそうなのですが、それぞれのサービスの違いを分かりやすく図にすると、以下の通りとなります。

kindle unlimited 画像

Kindle Unlimited

kindle unlimited ロゴ

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)は、Amazonが提供する「電子書籍の読み放題」に特化したサービスです。Prime Reading(プライムリーディング)の「上位版」になります。読める電子書籍の数は、なんと、和書12万冊以上・洋書120万冊以上で、加入するには、「プライム会員費」以外に、別途「追加の月額料金が必要」です。追加料金は、一般会員・プライム会員ともに月額980円です。

Prime Reading

prime reading ロゴ

Prime Reading(プライムリーディング)は、プライム会員向けに提供されている、追加料金なしの「電子書籍読み放題」サービスです。読める電子書籍の数は、約1000冊以上と少ないですが、プライム会員向けとして、無償で提供されているサービスとしては、十分楽しめる内容です。AmazonのPrime会員に入会するだけで、特典の1つとして、すぐに利用できます。

それぞれのサービスの違いを分かりやすく解説しました。どちらにも一長一短があります。「Prime Reading(プライムリーディング)」のサービスでは、物足りなく感じる人にとっては「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」の内容は、満足できるものではないかと思います。

Kindle Unlimitedの凄い点

本読み放題サービスの「料金とサービス内容」を比較

Kindle Unlimited と Prime Reading の料金&サービス内容の違いを表にしました。

kindle unlimited logo

Kindle Unlimitedは、月額980円で「和書12万冊以上」「洋書120万冊以上」の対象作品の中から、好きな本を好きなだけ読むことが出来ます。

また、Kindle Unlimitedの対象となっている書籍は、小説やビジネス書だけでなく、「雑誌」や「漫画」「英語の洋書」なども、対象作品となっているため、勉強の息抜きとして、雑誌やマンガを読んだりすることも可能ですし、英語の勉強として、英字のビジネス書や小説を使って、英語の学習をすることも出来ます。

Kindle Unlimitedのタイトルを読むことが出来る端末は、「Kindle端末(Kindle Paperwhite&Kindle Oasis)」「Fireタブレット」「Kindleアプリ」「Kindle for PC」「Kindle Cloud Reader」など、様々なデバイスとソフトがあります。

もちろん、「iPad」や「iPhone」などの「Amazon以外が作っているデバイス」からも、「Kindleアプリ」などのソフトウェアを使うことで、「Kindle本」を読むことが出来るので、その点、囲い込みなどもなく、非常に便利だと思います。

Kindle Unlimitedは120万冊以上が読み放題

実際に使って感じた「メリット」&「デメリット」

僕が実際に「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」を利用して、感じた「メリット」&「デメリット」を箇条書きでまとめてみました。参考にしてみてください。

実際に感じたメリット

  • 月に1冊読めば元が取れる(月5~6冊読んでいるので、かなり満足)
  • 知識を吸収したいジャンルを徹底的に勉強できる(同ジャンルの本をまとめて読める)
  • 普段、絶対読まないジャンルの本も読める
  • Kindle端末とのコンボでスキマ時間での勉強が可能になる
  • マルチデバイス対応で好きな端末から読める
  • シリーズ本を読破できる(漫画・小説など)
  • アダルト系の漫画・小説なども読み放題になる

Kindle Unlimitedのメリットは、僕の場合、かなり多くありました。

月に1冊読めば元が取れる

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」の月額料金は「980円」です。

本屋さんで売っているソフトカバーの書籍でも「1,500円」前後の値段はしますから、毎月1冊以上の本を購入している「本好きな人」であれば、書籍1冊以下の出費で、130万冊以上の本が読み放題になる「Kindle Unlimited」のお得感を、感じてもらえるのではないでしょうか。

僕の場合は、毎月、5~6冊は読んでいるのと、多い月は、10冊以上の本を、キンドルアンリミテッドから読んでいて、毎月、十分元は取れていますので、その点、とても満足感は高いです。

特に、図書館が近くにない地域に住んでいる人などは、「Kindle Unlimited」に加入すると、キンドルアンリミテッドが図書館代わりにもなり、手元に図書館を所有するような錯覚を感じるくらい、画期的なサービスになると思います。

知識を吸収したいジャンルを徹底的に勉強できる

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」に加入して、良かった点は、「勉強したい同ジャンルの本をまとめて一気に読むことが出来る点」です。

例えば「株やFXに関して、勉強してみたいと思った時に、株やFXに関する書籍を20冊くらい、Kindle Unlimitedでまとめて一気に読むことで、株やFXに関する基本的な知識は、これだけで、かなり得られるようになります。」

「鉄は熱いうちに打て!」という諺の通りに、「調べたい!勉強したい!」と思った瞬間に、Kindle端末やKindleアプリから、読み放題の書籍を検索し、読み始めることが出来るスピード感は、今までに経験したことがないような、達成感を得ることが出来ます。

このように、「Kindle Unlimited」を使って、同ジャンルの本を徹底的に読み、基本的な知識を吸収した後、さらに応用的な知識や情報を得たい場合は、そのジャンルに関する専門的な書籍や新しく発売された書籍を、読み放題以外で、別途、「Kindleストア」などで購入すれば良いのです。

また、「Kindle Unlimited」には、書店で販売されている「一般的な書籍」以外にも、個人の方が作った「自作の電子書籍」も多く存在し、こちらもキンドルアンリミテッドのコンテンツとして、読み放題で読むことが出来ます。

このような「個人の方が出している電子書籍」は、出版社がバックについていないため、「信頼性」という意味では、出版社が販売する書籍に劣るかもしれません。ただし、「新しい知識」を得たい場合は、このような「個人の方が出版している電子書籍」の方が、出版社が販売する書籍よりも役に立つ場合もあるのです。

例えば、「新しく世に出たばかりのサービスや商品」の「レビュー」や「ノウハウ」などは、出版社からの本が出る前に、個人の方がまとめた電子書籍として、先に、世の中に出されることが多いです。

最近日本でもサービスが開始された「Uber Eats(ウーバーイーツ)」や「Airbnb(エアビーアンドビー)」、少し前で言うと「メルカリ」などは、サービスを開始した直後は、利用者すら少ない状態です。

そのような「新しいサービス」の「早い段階での使い勝手や、生きたリアルな経験値」を書籍から学ぼうとすると、出版社の本が出版される時期まで待たなくてはなりません。そうなると、いつまで立っても、サービスを始める勇気が持てないまま、時間だけが過ぎ去っていく事態にも繋がりかねません。

このような時に便利なのが「個人が出版してくれる電子書籍」です。まだ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」や「Airbnb(エアビーアンドビー)」が出てきたばかりの頃に、もう既に、それらの「サービスを体験した人たち」が「体験記」や「ノウハウ」を、電子書籍としてまとめ、「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」の読み放題コンテンツとして、Kindleストア上に上げてくれていたのです。

この「スピード感覚」は「個人」だからできる「利点」でもあり、出版社の本だけでなく「個人の電子書籍」が読める「Kindle Unlimited」の利点にも繋がっていると、僕は思っています。

普段、絶対読まないジャンルの本も読める

「料理のレシピ本」「掃除・片付け本」「受験の参考書・問題集」「海外留学」「旅行ガイドブック」「雑誌」なども「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」の読み放題の電子書籍の中に含まれています。

僕は、普段、これらの本を買ってまでは読まないのですが、「キンドルアンリミテッド」の読み放題に含まれていることで、これら普段読まないジャンルの本も、よく読むようになりました。

部屋の掃除をしたい時は「片付け・掃除・収納のコツ」が書かれた本を探したり、旅行に行く予定のある時は、旅先の「旅行ガイドブック」を探したりと、キンドルアンリミテッドがあれば、自分が持っていない知識の本を、すぐに検索して読むことができるので、普段の生活が、とても便利で快適になりました。

また、「Kindle Unlimited」を使うことで、これらの本を、ちょこちょこと買うような無駄な出費もなくなりました。

Kindle端末とのコンボでスキマ時間での勉強が可能になる

僕は、「Kindle(キンドル)」を購入することで、通勤・通学時や、移動時間など、読みたい時に、読みたい本が読めるようになりました。「Kindle」は、Amazonが提供する「電子書籍リーダー」です。「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」との相性も抜群で、このような電子書籍読み放題サービスと組み合わせることで「Kindle端末」を使うのが、より一層、楽しくなりました。

あとは、Amazonのタブレット端末である「Fire タブレット」を購入することで、白黒の「Kindle端末」では読めない「カラーの電子書籍」が読めるようになります。また、「Fireタブレット」を使うと、電子書籍以外にも、「YouTube」などの「動画視聴」や「ゲーム」「アプリ」などを、楽しむことが出来ます(※これらは、「Kindle端末」では、機能が付いておりません)

マルチデバイス対応で好きな端末から読める

「Kindle本」は「マルチデバイス対応済み」なので、「スマホ」「タブレット」「パソコン」「Kindle端末」など、どのデバイスからでも、「電子書籍」を読むことが出来ます。もちろん、「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」で読める、「読み放題のKindle本」も、マルチデバイス対応です。

Kindle Cloud Reader(キンドルクラウドリーダー)」は、クラウド上で起動する「Kindle本」を読むための「アプリ」です。「Kindle Cloud Reader(キンドルクラウドリーダー)」にアクセスすると、インターネットに繋がっていれば、スマホやパソコンから、Kindle本を読むことが出来ます。

Kindle for PC(キンドルフォーピーシー)」は、パソコン(PC)にインストールして、Kindle本を読むための「アプリ」です。パソコンの大きな画面で、「カラーの本」を読んだり、オフライン環境(インターネットが繋がっていない環境)で、Kindle本を読むのに最適です。

Kindleアプリ」は、お手持ちの「スマホ」や「タブレット」にインストールして使います。「Kindle端末」では読めない「カラーの電子書籍」も読むことが出来ます。(※KindleストアでのKindle本の購入は出来ません)

シリーズ本を読破できる(漫画・小説など)

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 使い方

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」で、期間限定ですが、時々、最新の人気漫画が、一気読みできるキャンペーンが行われています。(※この時は、「弱虫ペダル」が40巻まで読み放題のキャンペーンが行われていました)

Kindle Unlimitedで漫画を読む場合は、通常「1~3巻ぐらいが読み放題」で、その続きは「有料」というパターンが多いような気がします。

それでも、少し古い漫画などは、「全巻」読み放題で読めるマンガもありますので、探せばシリーズものでも全巻読破できる漫画を見つけることが出来ます。キンドルアンリミテッドに入ったら、色々と探してみてくださいね。

注意
紹介している情報は、2019年4月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

アダルト系の漫画・小説なども読み放題になる

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)では、【18禁】のアダルト漫画・官能小説・グラビア写真集なども、読み放題対象になっています。男子には嬉しいですよね。どのような作品がラインナップされているかは、あなた自身の目で確かめてください。

実際に感じたデメリット

  • 一度にダウンロードできる数は10冊まで(11冊目からは1冊ずつ返却しながら読む)
  • 読み放題が終了する本が出てくる(連絡なしに読めなくなる本がある)
  • 最新のベストセラー本は、ほとんどが読めない(少し前に流行した本は読める)

一度にダウンロードできる本の数は10冊まで

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の読み放題で、一度にダウンロードして利用できる書籍の数は10冊までと決まっています。11冊目からは、読み放題タイトルをどれか1冊「利用終了」にしなければ、次の本を見ることができません。

読み終わった本は、小まめに「利用終了」にしていくことで、新しい本も読んでいけますので、キンドルアンリミテッドを使う時は、利用上限数だけに気を付けて、新しい本をダウンロードする際は、読んでいない本を、先に読み終えてからにしましょう。

読み放題が終了する本が出てくる

Kindle Unlimitedの読み放題で読めたはずの「対象タイトル」が、急に「読み放題ではなくなる」場合があります。

読み放題でなくなる時は、事前連絡などなく、読み放題が終了する事がほとんどですので、読みたい本を対象タイトルの中に見つけた際は、なるべく早めに、その対象タイトルを読むように心がけましょう。

最新のベストセラー本は、ほとんどが読めない

Kindle Unlimitedで、一番大きなデメリットとしては、「最新のベストセラー本」などが、読み放題では読むことが出来ないという点ですね。

少し前に売れていた本などは、読み放題の「対象タイトル」に入ってくるのですが、書店ランキングに入っているような、新刊本は、ほとんど読み放題の対象作品にはなりません。キンドルアンリミテッドの読み放題に入らない最新本を、どうしても読みたい場合は、Kindleストアで購入するか、Kindle Unlimitedの対象タイトルに追加されるまで、待つ必要があります。

無料期間を使って、とにかく沢山の本を読もう

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のサービスを試した人の中には、30日間の無料体験中に「150冊以上の本を読み切った人」もいるみたいです。凄いですよね!

僕は読書大好きなので、月額980円で、本が読み放題になるというのは、本当にお得過ぎるサービスだと思っています。Kindle Unlimitedに入る前には、多い月で「2万円以上」の「書籍代」を使っていたので、「Kindle Unlimited」に加入してからは、本当に読みたい著者の「最新刊」しか、購入しなくなり、毎月の書籍代も、かなり節約できています。

無料体験はこちら

Kindle Unlimitedの登録方法

kindle unlimited prime reading

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)にも、初回登録の人のみ「30日間の無料体験」が付いてきます。無料期間中に途中解約すれば、更新時に月額料金を支払う必要はありません。

ただし、無料体験終了後は、有料会員へ「自動移行」されますので、継続したい場合は、そのままサービスを利用してください。Kindle Unlimitedを無料期間中に解約したい場合は、30日間の無料体験が終わる前に、解約手続きを行ってください。Kindle Unlimitedに少しでも興味を持った方は、まずはお得な無料体験を試してみてくださいね。

Kindle Unlimited無料体験の申し込み方法

  1. 「Kindle Unlimited」のページにアクセスします
  2. 「30日間の無料体験を始める」をクリックします
  3. Amazonアカウントにサインインしていない場合は、まずサインインします。「1-Clickの支払い方法を指定している」場合、登録が完了します。アカウントを持っていない場合は、作成します
  4. 画面に指示に沿って、登録を進めます

詳しくみる

Kindle Unlimited

Amazon アマゾン ワンクリック 設定 1-Click 注文 変更 解除【Amazon】アマゾン「ワンクリック設定(1-Click注文)」変更・解除方法

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の解約方法

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の解約方法を解説します。Kindle Unlimitedの解約方法は「ブラウザ」から解約する方法と、「Amazonショッピングアプリ」から解約する方法の「2種類」がありますので、2つを画像付きで解説していきます。

Kindle Unlimitedの解約方法の手順

  1. 「Kindle Unlimited 会員登録を管理」にアクセスしてください
  2. 「メンバーシップを管理」の下に表示される「Kindle Unlimitedのキャンセル」をクリックします
  3. 「メンバーシップを終了する」をクリックすると解約が完了します

【「ブラウザ」からKindle Unlimitedを解約する方法】

キンドルアンリミテッド kindle unlimited 解約方法

「ブラウザ」からKindle Unlimitedを解約する場合は、「Amazon」のサイトへ移動し、「アカウント&リスト」⇒「お客様のKindle Unlimited」をクリックして、「Kindle Unlimited 会員登録を管理」にアクセスしてください

 

kindle unlimited 解約方法

「Kindle Unlimited 会員登録を管理」画面が表示されたら、続けて、「メンバーシップを管理」の下にある「Kindle Unlimitedのキャンセル」をクリックしてください

 

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約方法

「Kindle Unlimited 会員登録を管理」画面の一番下にある「メンバーシップを終了する」をクリックすると、Kindle Unlimitedが解約できます


【「Amazonショッピングアプリ」からKindle Unlimitedを解約する方法】

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約方法 解約後

「アプリ」から「Kindle Unlimited」の解約を行う場合は、「Kindleアプリ」ではなく「Amazonショッピングアプリ」から行います。まずは「Amazonショッピングアプリ」をタップして起動させてください

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約方法 解約後 解約

「Amazonショッピングアプリ」が開いたら、次は、画面左上にある、横線三本が描かれた「メニュー」ボタンをタップしてください

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約方法 解約 解約後

「メニュー」画面が開きますので、次は「アカウントサービス」をタップしてください

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約 解約方法 解約後

「アカウントサービス」画面が開きましたら、続いて「コンテンツと端末の管理」メニューをタップしてください

kindle unlimited 解約 キンドルアンリミテッド 解約方法 解約後

「コンテンツと端末の管理」画面に切り替わったら、画面上部にある「設定」タブをタップして、画面を下にスクロールさせてください

解約 kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約方法 解約後

画面を下にスクロールさせて「Kindle Unlimitedの設定」という項目が出現したら、項目横の「矢印マーク」をタップしてください

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約後 解約方法 解約

「矢印マーク」をタップすると「登録を管理」というボタンが表示されますので、次は、この「登録を管理」ボタンをタップしてください

kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約後 解約 解約方法

「登録を管理」画面に切り替わりますので、そのまま、画面を下にスクロールしてください

kindle unlimited 解約 キンドルアンリミテッド 解約後 解約方法

「登録を管理」画面を一番下までスクロールさせると「メンバーシップを継続する」「メンバーシップを終了する」という2つのボタンが出現します。「Kindle Unlimited」を解約したい人は「メンバーシップを終了する」ボタンをタップすると、解約が完了します


解約後のポイント
  • 「Kindle Unlimited」解約後も、「Kindle Unlimited会員情報」に書かれた「次回請求日」までは「Kindle Unlimited」のサービスを利用することが出来ます。Kindle端末に残っている「Kindle Unlimitedで借りた電子書籍」も、その日が来るまでは、読むことが出来ます。
kindle unlimited キンドルアンリミテッド 解約後 解約方法

赤枠で囲った「請求ステータス」の中に記載のある「日付(次回請求日)」までは、解約後も「Kindle Unlimited」を利用することが出来ます

プライムデー 2019プライムデー2019|Amazon 1年に1度のビッグセール開幕

「Kindle Unlimited」解約忘れのないようにしよう

上記で説明しましたが、「Kindle Unlimited」を解約後も、「Kindle Unlimited会員情報」に表示されている「次回請求日」までは、「Kindle Unlimited」を利用することが出来ますので、Kindle端末に残っている本も、その日が来るまでは、読むことが出来ます。

ですので、事前に「Kindle Unlimited」の解約を決めていた場合は、前もって解約しておくことで、解約忘れを防止することが出来ます。解約後も「次回請求日」までは、サービスの利用は可能ですので、前もって解約しても、残存期間を無駄にすることはありません。普段から仕事などが忙しく、解約のタイミングを忘れそうな人は、前もって解約するようにしてください。

>>>> Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)解約方法【使い方】

こちらの過去記事でも、「Kindle Unlimited」の解約方法を書いています。よければ、ご確認ください。

Kindle Unlimited

Amazon Audible【30日無料体験】本は耳で読む時代に突入…