これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)日本法人いつから|日本エリア配達員登録のやり方・なり方

ウーバーイーツ Uber Eats 日本配達 配達員 登録 やり方 なり方 配達パートナー

ウーバーイーツ(Uber Eats)日本配達|配達員登録やり方・なり方

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「日本エリア」での「配達パートナー(配達員)なり方」や、「登録方法のやり方」について、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)日本法人いつからスタートしたの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)」は「アメリカ合衆国」の「カリフォルニア州サンフランシスコ」に拠点を置く「オンライン・フードデリバリー・サービス」で、2014年に始まりました。

「個人タクシー」の「配車アプリ・サービス」の「Uber(ウーバー)」の「ユーザー」向けアプリケーションから分離する形で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文アプリケーション」がリリースされ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「日本エリア」でのサービス開始は、2016年9月に東京からスタートしました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の日本法人は「Uber Japan株式会社」として「東京」にあります。

ただし、僕たち「配達パートナー(配達員)」は、「Uber Japan株式会社」の東京オフィスに、直接お世話になることはなく、各サービスエリアにある「パートナーセンター(事務所)」で、「会員登録」後の「配達バッグの配布」「アカウントの有効化」などを行ってもらうくらいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)日本で配達する場合の年齢制限

また、日本で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をする場合の注意点として、「配達パートナー(配達員)」の「年齢制限」というものがあります。

日本で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をするには、配達を希望している本人の「年齢が18歳以上」になっている必要があります。

その他にも、「Uber Driverアプリ」がインストールできたり、「SMSメール」が送受信できる電話番号を有している「スマホ」が必要になります。

ウーバーイーツ(Uber Eats)日本での配達パートナー登録方法

それでは、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「日本エリア」で、配達の仕事をする方法を、説明していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)日本の配達パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」とは「自転車」や「原付バイク」などで、「注文者」の元に、料理を届ける「配達員」のことを言います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に、既に登録している人であれば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(配達可能地域)」に入り、「Uber Driverアプリ」と呼ばれる「専用アプリ」を「オンライン」にするだけで、好きな時に「稼働」でき、「1週間単位」で「収入」を得ることが出来ます。

まだ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のことを詳しく知らない人のために、僕が考える「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になる「メリット」を、以下に「4つ」挙げてみました。

「Uber Eats」の「配達パートナー(配達員)」の魅力
  1. 自由な働き方ができる
  2. 週単位で収入が入ってくる
  3. 街の魅力を再発見できる
  4. 個人事業主となり副業なら会社にバレにくい
①自由な働き方ができる

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になると、いつでも・どこでも、自分の都合に合わせて、配達の仕事をすることが出来ます。

1時間だけ稼働しても、週末だけ稼働しても大丈夫です。

もちろん、毎日、配達の仕事をしても問題ありません。

配達するには、「自転車」や「原付バイク」などの「車両」を登録する必要はありますが、自分の「自転車」や「原付バイク」を持っていない人でも、「サービスエリア(配達可能地域)」によっては、「車両レンタルサービス」を利用することが出来るので、自分自身の車両を持っていない人は、そのような「車両レンタルサービス」も、検討してみてください。

②週単位で収入が入ってくる

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が稼ぐ報酬は、毎週、1週間単位で、登録した銀行口座に振り込まれるようになっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、このように「キャッシュフロー」が良いので、「日雇い労働」には敵いませんが、1ヵ月単位で収入が貰える「アルバイト」「パート」「正社員」などと比較しても、すぐに現金が欲しい人などには、嬉しい仕事となります。

また、支払い履歴に関しては、「配達パートナー(配達員)」専用の「Uber Driverアプリ」から、いつでも簡単に、チェックすることが出来ます。

③街の魅力を再発見できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としての「配達のお仕事」では、「Uber(ウーバー)」のテクノロジーを利用してマッチングした「注文者」の元に料理を届けます。

配達では、「自転車」や「原付バイク」などを使うため、普段行かない場所を訪れる機会も多くあり、普段交わらない人達や、街の雰囲気を味わうことが出来ます。

④個人事業主となり副業なら会社にバレにくい

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」という組織には、雇われておりません。

よく「配達パートナー(配達員)」は「アルバイト」の仕事だと勘違いをしている人がいるのですが、それは間違いです。

つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」という組織の「社員」や「アルバイト」などではないわけです。

厳密に言うと、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、独立した「個人事業主」という、立場になります。

例えば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」を「副業」でする場合、「本業」の「会社員」という立場を持ちながら、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としては、「個人事業主」として、委託された「配達の仕事」を行っているという形になっているのです。

また、「個人事業主」は、「給与所得以外の所得の合計」が、「年間20万円以上」になると、自分で納税額を申告し、自ら「所得税」を納めなければなりません。

この、自ら所得税を納める行為を、「確定申告(かくていしんこく)」と言います。

つまり、「副業」であっても、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼いだ「所得(収入ー経費)」が、年間20万円以上になってしまった場合は、確定申告をして、その分の「所得税」を、自ら納める必要が出てくるわけです。

一方、「企業」に雇用されている「正社員」「アルバイト」「パート」などの人達は、「源泉徴収制度」といって、給料としてお金を渡される前に、雇用してくれている「企業」が、あなたの分の税金を、給料から天引きして、代わりに納めてくれているのです。

ですから、「会社員」や「アルバイト」や「パート」の人たちは、自分で「確定申告」をして、税金を納めなくても良いようになっています。

前置きが長くなってしまったのですが、この「個人事業主」が、「副業」をする場合は、「副業」をしていることを、会社にバレないようにする時に、有利になってきます。

「企業」に雇用される「副業」をしてしまうと「源泉徴収制度」により、半ば強制的に、税金が納められてしまうので、本業の会社に、「副業」を行ったことで所得が増えたために起こる、「住民税の増加」を、見られてしまうことに繋がります。

「副業」が会社にバレる時は、これが「原因」でバレることが非常に多いのです。

しかし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のような「個人事業主」ですと、「確定申告」の時に「納税方法」で「普通徴収」を選択することで、自分で「住民税」を納めることができ、「本業」の会社には、「住民税の増加」を「本業」の会社に悟られずに済むことが可能となるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)日本配達|配達員のなり方

2019年10月現在、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」「愛知(名古屋)」「京都」「大坂」「兵庫(神戸・芦屋・尼崎)」「福岡(博多)」など、10都市以上で、サービスが展開されており、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になると、自分の都合に合わせて、好きな場所で働くことが出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」登録方法は、とても簡単です。

「Uber Eats」の「配達パートナー」登録方法
  1. 「アカウント登録」をWEBから行う
  2. 「身分証明書」や「運転免許証」などの必要書類を、オンラインからアップロードする
  3. 「パートナーセンター(登録センター)」で「作成したアカウント」を有効化する

まずは、ウェブから「アカウントを作成」して、「身分証明証」などの登録に必要な「書類」をアップロードしてください。

次に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内(配達対象地域)」にある「パートナーセンター(登録センター)」に行き、「作成したアカウント」を「有効化」してもらうと、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、配達の仕事を、開始することが出来ます。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が使用している「配達用バッグ」は、「パートナーセンター(登録センター)」での「登録説明会」で配布されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になるためには「面接」などはありません。

「18歳以上という年齢」と「登録に必要な書類」をしっかり提出していれば、「外国人」の方でも、職歴などを問われることなしに、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、配達の仕事を行うことが出来ます。

注意
紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。
ウーバーイーツ Uber Eats 配達員 新宿エリア 宅配バイト 登録 東京 都内 配達パートナーウーバーイーツ(Uber Eats)新宿エリア登録|新宿地域の宅配バイト配達員

まとめ

今回は、「日本エリア」での「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)のなり方」や、「登録方法のやり方」について、解説してきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、面接などもなく、自由に働けることが、最大の魅力と言えます。

今回の記事を読んで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に興味を持っている人がいましたら、是非、この機会に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に、登録してみてください。

「配達員パートナー」始め方

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「LINEスマート投資」ラインのワンコイン投資の始め方

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録