≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

2021年12月の暗号通貨(仮想通貨)トップ10

2021年12月の暗号通貨(仮想通貨)トップ10

2021年12月の暗号通貨(仮想通貨)トップ10

ビットコインやイーサリアムからDogecoinやTetherまで、何千種類もの暗号通貨があり、暗号の世界に足を踏み入れたばかりの人は圧倒されてしまうかもしれません。そこで、時価総額、つまり現在流通しているすべてのコインの合計額に基づいて、暗号通貨のトップ10をご紹介します。

1. ビットコイン(BTC)

時価総額 1兆800億円以上。2009年にサトシ・ナカモトというペンネームで作られたビットコイン(BTC)は、暗号通貨の元祖です。ほとんどの暗号通貨と同様、BTCはブロックチェーン、つまり何千台ものコンピュータのネットワークに分散された取引を記録する台帳の上で動いています。分散型台帳への追加は、暗号パズルを解くことによって検証されなければならないため、ビットコインは詐欺師から安全かつ確実に守られています。

ビットコインの価格は、それが有名になるにつれて急騰しています。5年前、ビットコインは500円程度で買うことができたのですが、2021年11月30日現在、1つのビットコインの価格は57,000ドル以上。約11,400%の成長になっています。

関連記事:ビットコインを購入する方法

2. イーサリアム(ETH)

時価総額 5,570億ドル以上。暗号通貨であると同時にブロックチェーンプラットフォームでもあるイーサリアムは、条件を満たすと自動的に実行されるいわゆるスマートコントラクトやNFT(Non Fungible Token)など、その応用可能性からプログラム開発者に好まれています。

また、イーサリアムは驚異的な成長を遂げています。わずか5年余りの間に、その価格は約11ドルから4,700ドル以上となり、42,000%以上も上昇しました。

関連記事:イーサリアムの買い方

3. バイナンスコイン(BNB)

時価総額 1040億円以上。バイナンスコインは、世界最大級の暗号取引所であるバイナンスで取引や手数料の支払いに利用できる暗号通貨の一種です。

2017年の発売以来、Binance Coinは単にBinanceの取引所プラットフォームでの取引を容易にすることを超えて拡大してきました。今では、取引、支払い処理、あるいは旅行の手配の予約にも利用できるようになりました。また、イーサリアムやビットコインなど、他の形態の暗号通貨と取引・交換することも可能です。

2017年の価格はわずか0.10ドルだったのですが、2021年11月30日には628ドル以上となり、約627,000%の上昇となりました。

関連記事:暗号通貨を購入する方法

4. テザー(USDT)

時価総額 730億ドル以上。他の暗号通貨とは異なり、テザーはステーブルコインです。つまり、米ドルやユーロなどの不換紙幣に裏打ちされ、仮にこれらの額面のいずれかと等しい価値を保ち続けるということです。理論的には、Tetherの価値は他の暗号通貨よりも安定しているはずであり、他のコインの極端な変動を警戒する投資家に支持されていることを意味します。

5. ソラナ(SOL)

時価総額 640億ドル以上。分散型金融(DeFi)用途、分散型アプリ(DApps)、スマートコントラクトを強化するために開発されたSolanaは、独自のハイブリッド証明ステークと証明履歴メカニズムで動作し、迅速かつ安全に取引を処理するのに役立っています。SolanaのネイティブトークンであるSOLは、このプラットフォームの動力源です。

2020年のローンチ時、SOLの価格は0.77ドルからスタートしました。2021年11月30日までに、その価格はほぼ213.42ドルで、26,500%以上の上昇となっています。

詳しく見る:【Solana(ソラナ)】 仮想通貨SOL(ソル)とは何?

6. カルダノ(ADA)

時価総額 520億ドル以上。暗号シーンにやや遅れて登場したカルダノは、プルーフ・オブ・ステーク検証をいち早く取り入れたことで注目されています。この方法は、ビットコインのようなプラットフォームに存在する取引検証の競争的、問題解決的な側面を取り除くことによって、取引時間を迅速化し、エネルギー使用量と環境への影響を減少させるものです。また、CardanoはEthereumと同様にスマートコントラクトや分散型アプリケーションを実現し、そのネイティブコインであるADAが搭載されています。

CardanoのADAトークンは、他の主要な暗号コインと比較して、比較的緩やかな成長をしてきました。2017年、ADAの価格は0.02ドルでした。2021年11月30日現在、その価格は1.57ドルであり、これは7,850%の増加です。

7. XRP(エックスアールピー)

時価総額 470億ドル以上。デジタル技術と決済処理の会社であるリップルと同じ創業者の何人かによって作られたXRP(エックスアールピー)は、そのネットワーク上で不換通貨や他の主要暗号通貨を含む異なる種類の通貨の交換を促進するために使用することができます。

2017年初頭、XRPの価格は0.006ドルでした。2021年11月30日現在、その価格は1.00ドルに達し、16,666%の上昇に相当しています。

8. 米ドルコイン(USDC)

時価総額 380億ドル以上。テザーと同じく、USDコイン(USDC)は、米ドルに裏打ちされた安定コインで、1米ドル=1USDCの比率を目標としています。USDCはイーサリアムを搭載しており、USDコインを使用してグローバルな取引を完了することができます。

9. ポルカドット(DOT)

時価総額 370億ドル以上。暗号通貨はいくつものブロックチェーンを使用することができます。ポルカドット(とその名前の由来となった暗号)は、様々なブロックチェーンを接続する暗号通貨ネットワークを作成することによって、それらを統合し、連携できるようにすることを目的としています。この統合は、暗号通貨の管理方法を変える可能性があり、2020年のPolkadotの立ち上げ以来、目覚ましい成長に拍車をかけています。2020年9月から2021年11月30日の間に、その価格は2.93ドルから38.61ドルまで約1,300%成長しました。

10. ドージコイン(DOGE)

時価総額 280億円以上。イーロン・マスクのような有名人や億万長者のおかげで、Dogecoinは話題になっています。2013年にジョークとして始まったことで有名なDogecoinは、熱心なコミュニティと創造的なミームのおかげで、急速に著名な暗号通貨の選択肢となった。ビットコインのような他の多くの暗号通貨と異なり、Dogecoinは作成できる数に制限がないため、供給が増加すると通貨が切り下げられる可能性があります。

2017年のDogecoinの価格は0.0002ドルでした。2021年11月30日には0.22ドルになり、約11万%の上昇を記録しています。

詳しく見る:ビットフライヤーのクレジットカードbitFlyerクレカ発売!仮想通貨クレジットカードの仕組みとは?

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス