≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

Solanaとは?初心者のためのSolana(ソラナ)SOL(ソル)仕組みを解説

Solanaとは?初心者のためのSolana(ソラナ)SOL(ソル)仕組みを解説

Solanaとは?初心者のためのSolana(ソラナ)SOL(ソル)仕組みを解説

Solana(ソラナ)は、爆発的な成長とNFTのバブルを受けて、2021年に最もホットなプロジェクトの1つになりました。ここでは、Solana(ソラナ)について知っておくべきすべてのことを説明します。

革新的であればあるほど、ブロックチェーン技術は、高い手数料、スケーラビリティの問題、低いスループットなど、特定の課題に直面しています。

DeFi空間におけるいくつかのプロジェクトは、最初のウェブスケーラブルなブロックチェーンとなり、これらの共通の問題に取り組むことでユーザーが最高の体験を得られるようにしようと競い合っています。

その中で、DeFiコミュニティで支持を集めているのがSolana(ソラナ)です。このオープンソースで検閲に強いブロックチェーンは、包括的な技術セットを活用してスケーラビリティを増幅し、分散型アプリケーション(dApps)を構築するための堅牢なネットワークを提供します。

Solanaとは何か?

Solanaは、分散コンピューティングシステムにより、65,000トランザクション/秒(TPS)の処理能力が報告されているdApps構築のための分散型プロトコルで、Solanaは、分散コンピューティングシステムにより、65,000トランザクション/秒(TPS)の処理能力が報告されています。

Proof of Stake(PoS)やProof of Work(PoW)メカニズムで動作する多くのプロトコルとは異なり、SolanaはProof of History(PoH)ネットワークのセキュリティを維持しながら拡張性を増幅する新しい暗号メカニズムを使用しています。

Solanaは、第二層やオフチェーンを実装することなく、毎秒数千の取引をサポートできる数少ないレイヤーワンソリューションの一つです。

≫もっと詳しく見る:ビットコイン証拠金取引ガイド&最適取引所18選

Solanaのキーテクノロジー「PoH」

暗号時計「プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)」は「Solana(ソラナ)」のコンセンサスメカニズムです。ネットワーク上で任意の時間に発生したイベントを証明するためのデジタル記録を提供する一連の計算のことを言います。

データ構造とともにネットワーク上のすべての取引にタイムスタンプを与える暗号時計と考えれば、単純なデータの追加で済みます。

PoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)はProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)に依存し、コンセンサスにはTower BFTアルゴリズムを使用し、これは取引を検証するための追加ツールのように機能します。PoHの中核は、高周波の検証可能な遅延関数(VDF)です。

VDF(遅延関数)は、一意で信頼できる出力を生成するための3重関数(設定、評価、検証)です。ブロック生産者が十分な時間を待ったことを証明することで、ネットワークの秩序を維持し、ネットワークを前進させることができるのです。

Solanaの場合、SHA256(Secure Hash Algorithm 256-bit)-長さ256ビットの値を出力する特許取得済みの暗号関数のセット(これはビットコインも使用している)を使用しています。Solanaネットワークは、定期的にSHA256のカウントとハッシュをサンプリングし、CPUに含まれるハッシュのセットで指示されたデータをリアルタイムで提供する。

バリデータは、このハッシュのシーケンスを使用して、特定のハッシュインデックスが生成される前に作成された特定のデータの一部を記録することができます。トランザクションのタイムスタンプは、このデータ片が挿入された時点で生成されます。

Solanaは、処理能力65000TPS、平均ブロック時間400ミリ秒、平均取引手数料0.000005SOL(Solanaのネイティブ・トークン)に到達すると主張しています。この数字を達成するために、ネットワーク上のすべてのバリデータは、他のノードが取引を検証するのを待つ代わりに、暗号時計を搭載してイベントを追跡しています。

Tower BFT(タワーBFT)

Tower BFT(タワーBFT)は、ロールバックのコスト、ノード間の異なるASIC速度、報酬ベースの投票に関連するリスクなどの特定の問題に対処しています。

Turbine(タービン)

Turbineはブロックプロパゲーションプロトコルで、データをパケットに分解して少ない帯域幅で分散させることでネットワークを活用し、ノードがより少ない電力でより良いパフォーマンスを発揮できるようにするものです。

Clusters(クラスタ)

クラスターは、異なる目的を持ったバリデータのグループですが、主なタスクはクライアントトランザクションにサービスを提供することで連携することにあります。Solanaによると、クラスタは共存することができ、2つのクラスタが共通の起源ブロックを共有する場合、収束を試みるとのことです。

Gulf Stream(ガルフストリーム)

ガルフストリームとは、Solanaのメンプールレス転送プロトコルを指します。メンプール(mempool)とは、仮想通貨ノードがブロックチェーンに追加される前に未確認の取引を保存するための仕組みのことです。

Pipelining(パイプライン)

パイプラインとは、複数のトランザクション処理単位で、各CPUがタスクを終了するまでに異なる段階を設けることです。この手法は、CPUの設計でよく使われています。

Solana(ソラナ)の歴史と創業

ソラナは、多国籍企業クアルコム(Qualcomm)の元エンジニアであるアナトリー・ヤコヴェンコ(Anatoly Yakovenko)によって2017年に設立されました。彼は同年、主に使われているProof of StakeとProof of Workのブロックチェーンをベースにして改善できる新しいアルゴリズムで分散システムを作るというアイデアでSolana Whitepaper(ホワイトペーパー)を発表しました。

こうして生まれたのが、データ構造の中に時間の経過をエンコードするタイムキーピング技術であるProof of History(PoH)です。

Solana(ソラナ)のICO

ヤコヴェンコは同僚のGreg FitzgeraldとEric Williamsと共にSolana(ソラナ)を立ち上げ、1年後にテストネットのプロトタイプを作成すると同時に、カリフォルニア州サンフランシスコにSolana Labsを設立しました。

このプロジェクトはICO(Initial Coin Offering)を通じてデビューし、2020年3月に2560万ドル以上を調達しました。さらに、2021年6月、Solana Labsはネットワークのさらなる開発のために3億1,400万ドルもの資金を追加調達したのです。

それ以来、「Solana(ソラナ)」は、DeFi空間において最も急成長しているプロトコルの1つとなっているのです。

2021年、このプロトコルが市場の注目を集めたのは、その技術だけでなく、ネイティブの「SOL(ソル)トークン」が爆発的に価値を上げたという印象的なパフォーマンスもあったからです。

Solana(ソラナ)を支えるチーム

「Solana(ソラナ)」では、創業メンバーのYakovenko、Fitzgerald、Williams以外にも、著名な開発者や経営者がプロジェクトに参加することに成功しています。

スイスに本部を置く非営利団体「Solana Foundation」を支えるチームは、Solanaを推進し、国際的なパートナーと連携して支援を行っています。一方、Solana Labsは、プロトコルの開発を担当しています。

Solanaの支援者とエコシステム

Solanaのデビューには、ブロックチェーンやDeFi分野の著名な企業や、Multicoin Capital、CMCC、Tether、Chainlink、Serumなどの機関投資家が集まりました。

現在、ソラナのエコシステムには、さまざまな業種の231社以上が含まれています。AMM(Automated Market Makers – Serum)、オラクル(ChainLink、Gravity、Switchboard、Band Protocol、Nozomi)、安定コインプロジェクト、ウォレット取引所などが挙げられます。

SOL(ソル)トークン

SOL(ソル)はSolana(ソラナ)のネイティブトークン・ユーティリティトークンで、ステークや取引手数料の支払いに使用されます。インフレ型トークンですが、供給量が減少し、年間インフレ率が1.5%になるように設計されています。

SOLは2020年3月にベータテストネットリリースの中でローンチされ、主要な仮想通貨の1つとなるべく努力してきました。

前述の通り、SOLは2021年に例外的なパフォーマンスを見せ、総時価総額で第5位の仮想通貨にさえなりました(2021年12月現在)。

この文章を書いている時点では、ICOからおよそ18カ月が経過し、SOLトークンの価格はICOトークン価格である0.22ドルの725倍になっています。

≫もっと詳しく見る:【Solana(ソラナ)】 仮想通貨SOL(ソル)とは何?

Solana(ソラナ)の競合他社(ライバル)

Solana(ソラナ)はDeFiの世界で、Ethereum(イーサリアム)、Polkadot(ポルカドット)、Binance(バイナンス)・BSC(バイナンスチェーン)といった業界のリーダーたちの正当な競争相手となるべく努力してきました。

それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか、比較することができます。

Solanaは、60,000TPS以上の処理速度に達することができるとされています。そのため、DeFi空間以外の他の産業と競争できる最速のブロックチェーンの1つとなっています。

例えばイーサリアムは16TPSしか処理できないので、以下の部分ではSolanaが優位に立っています。

  • トランザクションの確認に時間がかかるのを避けるために、異なるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。
  • 新しいトークノミクスによる手数料の低減。
  • 全体的に優れたユーザーエクスペリエンス。

しかし、イーサリアムは、イーサリアム2.0が開発されているため、DeFiコミュニティで脚光を浴びています。

ETH2.0は、DeFiコミュニティの誰もが期待しているアップグレードであり、スケーラビリティを高度に向上させ、手数料を下げ、処理速度を向上させることができます。

開発者を惹きつけている重要な機能は、PoHのような典型的なブロックチェーンの問題を解決するSolanaのハイブリッドメカニズムで、取引間の時間を短縮し、ネットワークセキュリティを強化することができます。

ここで、他のブロックチェーンと異なるSolanaの重要な特徴を理解する必要があります。

それは、非線形であり、そのハイブリッドシステムと技術は、DeFiに大きな影響を与えているのです。

≫もっと詳しく見る:イーサリアムの賢い買い方・購入方法と注意点

SolanaにおけるNFTの台頭

2021年にソラナが人気沸騰したのは、主にその価格の大幅な上昇が理由だ。この記事を書いている2021年10月の時点で、この仮想通貨はYTDの上昇率で約8000%となっています。

その多くは、Solanaのブロックチェーン上で非可溶トークンが爆発的に増加したおかげです。イーサリアムよりも好まれた理由は単純で、より安く、より早く、ユーザーはほとんどコストをかけずにNFTを鋳造することができ、何百ものプロジェクトが立ち上がりました。

Degenerate Ape Academyプロジェクトのように、当時100万ドル以上で取引されたNFTも含まれていました。例えば、ある仮想通貨ベンチャーキャピタルファンド「Moonrock Capital」は、13番目にレアな猿をなんと5980SOLで取得しましたが、これは当時110万ドルの価値があったそうです。

≫もっと詳しく見る:【仮想通貨】暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

ソラナの弊害と課題

しかし、Solanaには、どうしても取り組まなければならない課題があります。このプロトコルは知名度の高いブロックチェーン・プロジェクトに対抗できるものの、ブロックチェーンの検証者がそれほど多くないため、中央集権化に対して脆弱であることに変わりはないといえるでしょう。

これは、Solanaが批判されている点です。ネットワーク上の誰もがバリデーターになることができますが、高い計算資源を必要とするため、それを実行するのは困難です。

これは、このプロトコルがいまだにベータ版メインネットと表示されている理由の一因であり、特定のバグ、コード、および遅延が存在する可能性があります。しかし、開発者やプロジェクトは、Solstarter、Serum Swaw、Raydiumのように、ネットワークを構築したり、その一部になったりするために集まっています。

それとともに、ネットワークは9月の間に2回の大きな停止を経験しました。2回目の停止は、十分な数のネットワーク・バリデーターがバージョンを上げるまで、整理に何時間もかかったのです。

≫もっと詳しく見る:ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

SolanaとSOLまとめ

ドローダウンがあったとはいえ、Solanaはコミュニティの注目を集めた高性能なブロックチェーンです。

業界で最も有名な人たちの支持を得ており、いくつかの課題はあるものの、正しい成長軌道に乗っているように見えます。

短期間でSolanaは様々なDeFiアプリケーションに最も利用されるプラットフォームの1つとなり、2021年のNFTブームの中心を担いました。

≫もっと詳しく見る:NFTとは

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス