≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

HTTPS(エイチティーティーピーエス)について

HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol over SSL)

HTTPSは、WWWサービスのデータ通信に用いられるHTTPというネットワークプロトコルに、SSLによる暗号化通信機能を付加したものです。クレジットカード番号や個人情報などをやりとりする際に、最も安全性の高い方法です。

WWWブラウザホームページを閲覧する場合、表示するURLをアドレスとして指定します。通常、このアドレスは “http://”から始まります。しかし、オンラインショッピングを利用する場合、このアドレスが「https://」で始まることがあります。これは、HTTPSによる暗号化通信が行われていることを表しています。

URLがHTTPSで始まるページは、そのページから送信される情報がHTTPSによる安全性が保証されていることを示しています。これにより、オンラインショッピングの際のクレジットカード番号の入力や、会員登録名義の個人情報の入力などの情報漏えいを防ぐことができます。

Apple社のSafariやGoogle社のChromeなど、主要なWWWブラウザがこのプロトコルに対応しています。これらのWWWブラウザでHTTPSを利用した場合、暗号化通信中であることを示す鍵マークがインジケータに表示されます。

HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol over SSL)関連用語

ネットワークプロトコル

インターネット(the Internet)

URL(Uniform Resource Locator)

WWWブラウザ

HTTP(HyperText Transfer Protocol)

SSL(Secure Sockets Layer)

WWW(World Wide Web)

>>戻る【SSL(エスエスエル)】

>>続く【NTP(エヌティーピー)】