≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

SSL(Secure Sockets Layer)について

SSL(セキュアソケットレイヤー)

SSLとは、旧Netscape Communications Corporationが開発した、インターネット上で安全に情報をやり取りするための暗号化プロトコルのことである。

インターネット上での通信には、他人が相手になりすます「なりすまし」や、通信経路での盗聴やデータの改ざんなど、さまざまな危険性があります。これらのリスクは、クレジットカード番号やパスワードなど、重要な情報の流出につながる可能性があります。

SSLを使った通信では、ネットワーク上で相互認証を行うことで「なりすまし」を防止し、通信データを暗号化することで盗聴やデータの改ざんなどを防止します。このようなセキュリティは、インターネットでのオンラインショッピングなど、多様化するサービスに欠かせない重要な要素です。

Apple社のSafariやGoogle社のChromeなど主要なWWWブラウザがSSLに対応しており、SSL対応サーバーと安全に通信することができる。

OSI参照モデルでいうと、SSLはトランスポート層とアプリケーション層の間に位置する。上位のアプリケーション層からは、特定のプロトコルに依存せずにSSLを利用することができ、HTTPやFTPなど様々なプロトコルで安全な通信を行うことができます。

SSL(Secure Sockets Layer)関連用語

OSI参照モデル

ネットワークプロトコル

ポート番号

WWW(World Wide Web)

WWWブラウザ

インターネット(the Internet)

FTP(File Transfer Protocol)

HTTPS

>>戻る【FTP(エフティーピー)】

>>続く【HTTPS(エイチティーティーピーエス)】