≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

マクロセル方式(macrocell)とは

マクロセル方式(macrocell)

セルとは、1 つの基地局でカバーできる範囲のことである。マクロセル方式とは、高出力の基地局を利用することで、1つの基地局で広いエリアをカバーできる方式を指します。

移動体通信の世界では、携帯電話にこの方式が使われている。

1つの基地局で数キロメートルの範囲をカバーできるため、「エリア拡大が容易」「高速移動中の通話に強い」という特徴がある。しかし、この方式には「電波が建物などに遮られる」「1つの基地局で収容しなければならない人数が多すぎる」などの問題がある。特に人口密度の高い都市部では容量の問題が深刻で、横並びを避けるためにユーザー1人あたりの通信速度を下げなければならないこともある。通信速度を下げると、音声をより圧縮する必要があり、当然通話品質が低下する。

上記の問題を解決するために、都市部ではマイクロセル方式を併用する事業者も出てきている。一方、マイクロセル方式を利用するPHS事業者の中には、「より広いエリアをカバーする」ためにマクロセル方式を併用する地域もあり、単純にサービスを区別することができなくなってきている。

マクロセル方式では、基地局だけでなく、携帯電話自体も強い電波を発している。携帯電話が発する電磁波は機器の誤作動を引き起こすとされ、病院や航空機内などでの携帯電話の使用が制限されることも少なくない。

マクロセル方式(macrocell)関連用語

輻輳(ふくそう)

携帯電話(Cellular Phone)

PHS(Personal Handyphone System)

マイクロセル方式

>>戻る【スマートフォン】

>>続く【マイクロセル方式】