≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

マイクロセル方式(Microcell)とは

マイクロセル方式(Microcell)

セルとは、1つの基地局でカバーできるエリアのことです。マイクロセルシステムとは、小さなカバーエリアを多数配置することで、エリア全体をカバーするシステムを指します。

移動体通信の世界では、PHSがこの方式を採用している。

PHSの基地局は出力が小さいため、1つの基地局でカバーできるエリアは狭い。そのため、広いエリアをカバーするためには、基地局の数を増やす必要がある。基地局の設置費用は安いのですが、基地局の数が多いと、カバーエリアに穴があいてしまいます。そのため、通常、カバーエリアを広げるには、多くの時間とコストがかかる。

しかし、マイクロセルラー方式は一見非効率に見えるが、多くの基地局を使ってエリアをカバーするという特性上、1つの基地局にぶら下がるユーザーの数が少なくて済むというメリットがある。

通常、1つの基地局に多数のユーザーが殺到すると、その基地局がカバーするエリアの処理が間に合わず、「電話がかかりにくい」「通信速度が急に低下する」といった問題が発生する。しかし、PHSのようなマイクロセルラー方式では、多くの基地局が設置されているため、エリア内で負荷が分散されやすく、このような問題が起こりにくい。

このような特性を活かし、通常マクロセル方式が採用されている携帯電話サービスの分野でも、人口密度の高い都市部でマイクロセルラー方式を導入する事業者が出てきている。

マイクロセル方式(Microcell)関連用語

携帯電話(Cellular Phone)

マクロセル方式

PHS(Personal Handyphone System)

輻輳(ふくそう)

>>戻る【マクロセル方式】

>>続く【ハンドオーバー】