≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

携帯電話(Cellular Phone)について

Cellular Phone(セルラーフォン)

携帯電話とは、持ち運びができる電話機のことです。携帯電話機は、各地に設置されたアンテナ基地局との間で無線通信を行い、携帯電話サービスを提供します。

この機能を象徴するのが、英語の「cellular phone」です。セル」は「細胞」「蜂の巣」という意味である。セルラーフォンは、有線ネットワークに接続された基地局と通信するが、基地局の電波が届く範囲には限りがある。この「1つの基地局の電波が届く範囲」を1つの「セル」とみなし、多くのセルを組み合わせることで、広いサービスエリアを実現することができる。これをセルラー方式といいます。つまり、このようなセルラー方式で通話する電話機を「セルラーフォン」と呼ぶ。小さなエリアが集まって大きなエリアを形成するという図は、「蜂の巣(セル)」が集まってできた蜂の巣を想像するとわかりやすい。

携帯電話の歴史は、これまで約5世代に分けることができる。

第1世代(1G)は、ノイズや盗聴されやすいアナログ方式だった。第2世代(2G)は、通信のデジタル化や電話機の小型・軽量化が進んだ。

第3世代(3G)は、日本で広く普及している携帯電話サービスである。新しいデジタル通信方式を採用することで、高品質な音声通話と高速データ通信を実現し、現在もLTEなどの4Gサービスが届かない地域で利用されています。

LTE(Long Term Evolution)は、3Gをさらに高速化したもので、3Gを長期的に進化させ、次世代回線である4Gへの橋渡しをするものでしたが、現在はLTE以降のサービスを4Gと表記しています。

最後に、2020年の導入を目指して現在開発中の5Gは、4Gと比較して20倍の速度、10分の1の遅延、10倍の同時接続数を実現すると言われている。

Cellular Phone(セルラーフォン)関連用語

マクロセル方式

ハンドオーバー

ローミング

パケット通信

>>戻る【第101回:クラウド】

>>続く【第103回:PHS(ピーエイチエス)】