≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ワークグループネットワークについて

ワークグループネットワーク(Workgroup Network)

ワークグループネットワークは、マイクロソフト社のOS「Windows」における基本的なネットワーク管理方式です。ネットワーク上のコンピュータをサーバーで集中管理するのではなく、各クライアントコンピュータが互いにリソースを共有する分散管理型のネットワークである。

ネットワーク上のコンピュータは、ワークグループにグループ化されている。各コンピューターが所属するワークグループは、各コンピューターにワークグループ名を入力することで指定する。この機能は、Microsoft Windows 95以降のOSに標準装備されている。

各クライアントコンピュータがファイル共有やプリンタ共有を自由に設定できるため、非常に扱いやすいという利点がある。しかしその反面、アクセス制限などのセキュリティ面はかなり弱く、ユーザーやネットワークリソースの一元管理は不可能である。このようなセキュリティや管理が重要なネットワークでは、Windowsサーバー製品(Windows Server 2019など)を導入して、クライアント・サーバー型のドメインネットワークにする必要があります。

マイクロソフトは、このワークグループネットワークをコンシューマー向けを中心としたOSの標準と位置づけている。そのため、同社のOSであるWindows 10では、個人向けのHomeエディションはワークグループネットワークにしか参加できず、ドメインネットワークはProエディションかEnterpriseエディションでしか参加できない。ドメインネットワークはProまたはEnterpriseエディションのみ参加可能です。

ワークグループネットワーク(Workgroup Network)関連用語

クライアントとサーバ

ドメインネットワーク

>>戻る【プライベートIPアドレス】

>>続く【ドメインネットワーク】