≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

Avalanche(アバランチ)AVAXとは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

Avalanche(アバランチ)AVAXとは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

Avalanche(アバランチ)AVAXとは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

暗号通貨を含む金融の世界では、国によって異なる規制に直面しています。何が可能か、何が許されるかを判断するのは、とても難しいことです。暗号通貨の人気が高まるにつれ、取引をできるだけスムーズかつシームレスにするためのイノベーションが必要とされています。そこで、アバランチとそのネイティブ・トークンであるAVAXの出番となるわけです。

Avalanche(アバランチ)とAVAXは、暗号の世界で最も迅速なスマートコントラクトの実行を誇っています。イーサリアムネットワークとの最近のパートナーシップは、金融の世界における国際的な障壁を打破し、その能力に革命をもたらす可能性があります。

Avalancheは最近、多くの注目を集めています。その理由と、そのプラットフォームで何を実現しようとしているのかを見てみましょう。

Avalanche(アバランチ)の歴史

Avalanche(アバランチ)は、2020年9月に発売された、2018年に米国でスタートしたプロジェクトです。途中、いくつかの紆余曲折があったものの、最近は開発者の活動が活発になっています。Avalancheは、コンピュータ科学者でコーネル大学の准教授であるEmin Gün Sirerの発案によるものです。

EminはAva Labsの創設者でもあり、Kevin SekniqiやMaofan ‘Ted’ Yinと協力して、AVAXの基礎と2020年の発売前のネットワークを構築しました。アバランチの前身は、サトシ・ナカモトが発明したビットコインにも先行する「カルマ」というデジタル通貨でした。残念ながら、これは軌道に乗ることはありませんでした。

2018年5月、仮想通貨をめぐるEmin’sの考えが現実味を帯び始めました。匿名のグループが「Snowflake to Avalanche」と題した論文を発表し、「Avalanche Network」というコンセプトが誕生しました。暗号ホワイトペーパーに最も近いもので、アバランチの初期バージョンを定めています。

この直後の2018年6月、Eminと彼の同僚たちによってAva Labsが設立されました。その後2年間で、彼らはTeam Rocketと協力しながらオリジナル論文の改訂版を発表し、2020年4月に最初のテストネットローンチを実行することになります。

その1年後、アヴァ・ラボはAVAXのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を発表し、24時間以内に4200万ドルを調達しました。同年9月、アバランチはメインネットローンチを行い、トークンのリリースを開始しました。来年3月までに、すべてのAVAXトークンが公開されると予想されています。

Avalanche(アバランチ)AVAXとは何か

Avalanche(アバランチ)は、世界中の暗号市場が断片的であることを大きなハードルとして捉えています。現在、国によって異なる金融システムや規制が働いていて、デジタル資産の円滑な取引には問題があります。

Avalancheは、これを解決することを目的としています。統一されたグローバルな金融市場を作り、プラットフォームのユーザーが摩擦のない方法でデジタル通貨を取引できるようにすることを目指しているのです。

このプロジェクトでは、プルーフ・オブ・ステークというコンセンサス・アルゴリズムを採用しています。これは、高速であるだけでなく、利用可能な他のいくつかの取引所よりも少ないエネルギーを消費します。Avalanche独自のコンセンサスネットワークであるAVAがこれを可能にし、同時にユーザーによるdAppsの開発を可能にして、プラットフォームをさらに強化します。また、AVAでは、適切なインフラがあれば、ユーザーが独自の(確かに小規模な)ネットワークを立ち上げることも可能です。

アバランチ・ネットワークは、イーサリアムビットコイン、その他の暗号通貨、および収集品をホストしています。また、暗号スペースに最近登場したP2Pレンディングもプラットフォーム上で可能です。

Avalanche(アバランチ)どのように機能する?

複数のブロックチェーンを包含するAvalancheは、1秒間に約4,500件の取引を処理します。これらの複数のブロックチェーンとプルーフ・オブ・ステーク・システムの利点は、Avalancheが他の取引所やコインよりはるかに高速であることを意味します。

Avalancheのプラットフォームが採用しているコンセンサスは、BitcoinのNakamotoコンセンサスやClassicalコンセンサスなど、これまでのコンセンサス機構を組み合わせたものです。これらは、ユーザーとプラットフォームの主要通貨であるAVAXトークンの保有者に、スピードとセキュリティの両方を提供します。これは、これまでのシステムから大きく改善されたものだと彼らは主張しています。

AVAXの特徴・機能・サービス

アバランチは様々なサービスを提供しています。これには、ピアツーピアレンディング、トレーディング、サブネットワークの構築(AVAXトークンが必要)などが含まれます。このプラットフォームは、さまざまな金融資産や活動において、スムーズな運用を実現することを目的としています。

Avalancheは、その意図通り、ブロックチェーン上のdAppsの開発者やクリエイターに多くの新しい可能性を提示するものでもあります。Web 3.0、あるいはAvalancheが彼らのプラットフォームと呼んでいるように、Internet of moneyに向けたもう1つのステップです。このプラットフォームは、暗号と従来の両方の金融取引の未来のための中心的なハブおよび取引所として機能することになります。

Avalanche(アバランチ)の競合他社は?

1つのプラットフォームで様々な資産を扱うというのは比較的新しいコンセプトですが、Avalancheにはすでに競合他社が存在します。最近の提携にもかかわらず、その1つがイーサリアムです。アバランチとは異なり、イーサリアムはそのような柔軟性を提供しません。しかし、ステーキングを含む多くの取引の中心的な暗号になっています。

次に、Algorandがあります。大学から大手金融サービスまで、多数のパートナーを持つAlgorandは、間違いなくAvalancheよりも確立されています。しかし、前者が多くの実績を持ちながら後れを取っているのは、純粋にブロックチェーンに特化している点です。

金融の未来を謳いながら、Avalancheとは異なり、ブロックチェーンに純粋にフォーカスしているため、さまざまな資産クラスを活用するAvalancheがもたらす可能性が制限されているのです。

最後に、Cosmosがあります。これは、Web 3.0を念頭に置いて構築されたネットワークです。金融にあまり焦点を当てていないこのプラットフォームは、そのエコシステム上で253のアプリを誇っています。

その数は上記2社よりもはるかに多いのですが、これは変化していくでしょう。「ブロックチェーンのインターネット」と名乗るこのプラットフォームは、Web 3.0を自らのゲームで打ち負かそうとしているのかもしれません。にもかかわらず、それは他の多くのアプリもホストしています。

Pangolin DEXとは?

Pangolin DEX(パンゴリンDEX)とは何なのでしょうか?

Pangolin DEX

Pangolin DEXは、EthereumとAvalancheを考慮したコミュニティが構築する分散型取引所です。Avalanche上で動作するこの取引所は、AvalancheとEthereum上でホストされている暗号を取引する機能を提供します。パンゴリンは、独自のガバナンス・トークンであるPNGを含む、これらの通貨を高速かつ安価に取引することを約束します。

Avalanche(アバランチ)将来的な可能性

Avalancheは、ブロックチェーン、そして間違いなくWeb3.0の未来の一部となることが確実です。ネイティブ・トークンであるAVAXの売却で2億3000万ドルを調達したばかりであり、すぐにどこかに行くわけではありません。Polychain(ポリチェーン)やThree Arrows Capital(スリー・アローズ・キャピタル)などが出資しており、強い信念があることは明らかです。

来年初めのAVAXの残りの供給量のリリースと、ここ数週間の急上昇で、アバランチはブロックチェーンと金融の容易さのインターネットへのレースで、これが彼らの焦点であると思われるので、競争相手を追い抜くことができるでしょう。

トークノミクス(トークン経済)

AVAXは暗号の世界では新しいものですが、大きな需要があります。供給量のすべてが流通しているわけではないので、より高価になっています。

多くの投資家は、アバランチの成功によって価格が上昇することを期待して、AVAXを持ち続けていますが、来年早々に供給が増えるため、その後トークンの価値は下がる可能性もあります。CoinMarketCapによると、現在、全391,000トークンのうち31%しか流通していないといわれています。

それでも、AVAX暗号の現在の価格は、高い水準を保っており、2022年初頭に残りの供給量がブロックチェーン上にリリースされるまでは、この状態が続くでしょう。しかし、暗号通貨の世界では、確実なことは一切ありません。

AVAXの価格と予想

AVAXの価格

ここ数週間の人気上昇に伴い、AVAXの価格も上昇しそうですが、どの程度なのでしょうか?

現在の予測では、来年には80ドルから150ドルまで上昇すると言われています。金融サービスを一元化するという目標があるため、トークンの需要が高まる可能性があります。その結果、ユーザー数の増加により価格が上昇する可能性があるといわれています。

AVAXは買うべき?

現時点では、非常に需要が高まっている一方で、AVAXに注目する価値はあるかもしれません。前述したように、プラットフォームの利用が増え、暗号投資家のためのトークンとしての可能性があるため、現在の価格帯をはるかに超えて価格を押し上げる可能性があります。この暗号を保持する予定であれば、長期的によく評価される可能性があるかもしれません。

AVAXを購入するには?

AVAXは、CoinbaseBinanceなど、70以上の異なる取引所で利用可能です。これらの取引所の多くでは、不換紙幣でトークンを購入することができない場合があります。AVAXと交換するためには、まず別の暗号通貨を購入する必要があるかもしれません。

AVAX’sは大衆的な魅力となりうるか?

異なるアセットクラス間の移動・取引のしやすさは、AVAXの大きな魅力であり、セールスポイントでもあります。金融のインターネットにおいて、もしそれが目指していることを達成すれば、金融界は彼らに感謝するかもしれませんが、それはまだわかりません。しかし、暗号空間のいくつかのものとは異なり、ここ数週間、大々的に宣伝されているからといって飛びつくようなプラットフォームではないでしょう。

アバランチは、金融の世界が複雑で難しいと感じている人のためのものです。しかし、だからといって、より広い層の人々にも利用されるべきではない、ということを意味しているわけではありません。金融の未来がAvalancheを必要とするなら、それは価値があることかもしれません

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス