【注目】「Wolt(ウォルト)」の「配達パートナー募集」がエリア拡大中!登録はここをクリック【募集中】

ドアダッシュ注文方法・頼み方|DoorDash配達エリア対応地域・注文の仕方・注文の流れ

doordash door dash ドアダッシュ 注文方法 頼み方

DoorDash(ドアダッシュ)のアカウント登録

DoorDash ユーザーDoorDash 配達ライダー
ドアダッシュで料理を注文したい人ドアダッシュで配達をしたい人
ユーザー登録配達ライダー登録
DoorDash レストランパートナー
レストランパートナー申請

「DoorDash(ドアダッシュ)」で配達をしたい人は、「配達パートナー登録」が必須になります。

これから、サービスを利用したい人は、まずは「アカウント登録」をしてください。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュ配達エリア対応地域・注文の仕方・注文の流れ・配達員登録

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、「ファーストフード店」や「行列のできる有名店」までの「料理や飲み物」を「公式サイト」や「公式アプリ」を使って、出前の注文ができる「フードデリバリーサービス」となります。

DoorDash(ドアダッシュ)とは

ドアダッシュ注文方法・頼み方|DoorDashとは(ドアダッシュとは)配達エリア地域・配達員登録方法

 

「DoorDash(ドアダッシュ)」を利用する「シーン」としては、「長めの会議」「残業で小腹が空いた時」「忙しい時の家での食事」「友達を呼んでのホームパーティー」など、様々な場面で利用することが出来ます。

DoorDash(ドアダッシュ)とは(ドアダッシュとは)

「DoorDash(ドアダッシュ)」とは、「①ユーザー(注文者)」「②レストランパートナー(飲食店)」「③配達パートナー(配達員)」の「3者」を、「DoorDash(ドアダッシュ)」が開発した「マッチング機能(プラットフォーム)」でマッチングさせて、「レストランパートナー(飲食店)」が作った「料理(食事)」を、「注文者(ユーザー)」のもとに、「配達パートナー」が届けてくれる、「フードデリバリーサービス(出前サービス)」を提供してくれています。

ドアダッシュ DoorDash door dash doordash 仕組み ビジネスモデル 図解 分かり易く 分かりやすく 分かりやすい

  1. 注文者(ユーザー)
  2. 飲食店(レストランパートナー)
  3. 配達員(配達パートナー)

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、【①~③を、業界最高水準のアルゴリズムでマッチングしてくれるプラットフォームを提供してくれています。】

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、「アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ」に本社を置く「オンデマンドフードデリバリーサービス」で、スタンフォード大学の学生「トニー・シュー」「スタンリー・タン」「アンディ・ファン」および「エヴァン・ムーア」により「パロアルト市」で設立されました。

「DoorDash(ドアダッシュ)」では、「契約したレストラン」の「テイクアウトメニュー」を、「自宅に届けるサービス」を提供しています。

「利用者(ユーザー)」は「注文アプリ」から欲しいメニューを選択すると、レストランの「混雑具合」や「推定到着時間」が通知され、料理の完成・集荷・料理が、家からどれくらいの距離に来ているか、逐次報告が入る仕組みとなっており、料理の配送は「ダッシャー」と呼ばれる「配達員(請負人)」が行ってくれます。

また、「ダッシャー(配達員)」は「配達可能エリア」、「最低受注額」、「勤務時間」をアプリに入力し、「勤務時間帯に待機」します。

「利用者(ユーザー)」から、商品の注文が入ると「DoorDash(ドアダッシュ)」から、最適な「ダッシャー(配達員)」に「配送オファー」が入り、「ダッシャー(配達員)」は2分以内に受けるかどうかを返答し、配送を行うことになります。

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、レストランから「売上の約20%」を受取り、「ダッシャー(配達員)」には、1件あたりの報酬「約550円~約870円ほど」が支払われます。

「サンフランシスコ・ベイエリア」で、「DoorDash(ドアダッシュ)」のような「デリバリーサービス」が普及したのは、元々徒歩圏内で行ける「コンビニ」や「スーパー」が存在せず、食品や日用品は、一度に大量に買い貯めする消費習慣が根付いていることや、飲食店も移動を必要としていたため、デリバリーを利用して自宅で食べる中食が、好まれる背景があったためです。

さらに「スマートフォン」の普及により、「ユーザー(注文者)」がオンデマンドで、時間・場所を問わず注文可能になった事や、必要な時に「配達の仕事」をオファーし、「注文者」「飲食店」「配達員」が、マッチング可能になった事で、利用者が急速に拡大したと言われています。

また近年、日本でも流行が始まり、「UberEats(ウーバーイーツ)」「Wolt(ウォルト)」「DiDiFood(ディディフード)」「foodpanda(フードパンダ)」「FOODNEKO(フードネコ)」といった外資系「フードデリバリーサービス企業」に加えて、「menu(メニュー)」や「Chompy(チョンピー)」といった日本産の「フードデリバリーサービス企業」も、急増しています。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュ配達エリア対応地域・注文の仕方・注文の流れ・配達員登録

さて、ここからは実際に、「DoorDash(ドアダッシュ)」の「プラットフォーム」を利用した「商品の注文方法・頼み方」を、解説していきます。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュ商品の頼み方・注文方法

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、「インターネット」に繋がった「ブラウザ(公式サイト)」や「公式アプリ」から、「商品の注文」を行うことが可能です。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュのアカウント登録(ユーザー登録)

初めて「DoorDash(ドアダッシュ)」の「プラットフォーム」を利用して、「商品を注文したい人」は、まずは「インターネット」から、「注文者」としての「ユーザー登録」をして下さい。

「DoorDash(ドアダッシュ)」の「ユーザー登録」の方法は、以下の流れで登録を進めていきますので、まだ登録をしていない人は、早速やっていきましょう。

DoorDash(ドアダッシュ)ユーザー登録方法「3ステップ」

  1. 「DoorDash(ドアダッシュ)」の「ブラウザ(公式サイト)」や「公式アプリ」にアクセスをして、「アカウント」を新規作成する
  2. 「ユーザー登録」が出来た人は、「DoorDash(ドアダッシュ)」の「ブラウザ(公式サイト)」や「公式アプリ」に「ログイン」をして、「配達先住所」と「支払い方法」を登録すると、「商品の注文」が出来るようになります。

DoorDashサービスエリア地域

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュのネット注文方法「支払い方法」と「配達先住所」を設定する

「DoorDash(ドアダッシュ)」の「注文者」としての「ユーザー登録」が完了したら、次は「商品」を注文するために必要な、「支払い方法」と「配達先住所」の「設定」を、済ませましょう。

ユーザー登録後に設定する項目

  • 「支払い方法」を設定する
  • 「配達先住所」を設定する

「商品」を注文するための設定である「支払い方法」と「配達先住所」を設定するために、「ユーザー登録」が完了した人は、「DoorDash(ドアダッシュ)」の「公式アプリ」から、「マイページ」に「ログイン」して下さい。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュ配達エリア対応地域・注文の仕方・注文の流れ・配達員登録【まとめ】

今回は、「DoorDash(ドアダッシュ)」の「公式アプリ」を利用した「商品」の「注文方法・頼み方」について、解説してきました。

DoorDash(ドアダッシュ)注文方法・頼み方|ドアダッシュ・サービスエリアを確認する方法

「DoorDash(ドアダッシュ)」は、「フードデリバリーサービス」アプリの中でも、「デザイン性」や「操作性」が、とても優れている「アプリ」となりますので、是非、この機会に利用してみて下さい。

DoorDash最新エリア拡大予定

DoorDash(ドアダッシュ)のアカウント登録

DoorDash ユーザーDoorDash 配達ライダー
ドアダッシュで料理を注文したい人ドアダッシュで配達をしたい人
ユーザー登録配達ライダー登録
DoorDash レストランパートナー
レストランパートナー申請

「DoorDash(ドアダッシュ)」で配達をしたい人は、「配達パートナー登録」が必須になります。

これから、サービスを利用したい人は、まずは「アカウント登録」をしてください。

注意
紹介している情報は、2021年2月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。
儲け方 Uber Eats ウーバーイーツ 本登録 副業 いくら稼げるウーバーイーツ登録|UberEats配達員・注文方法・商品頼み方・地域範囲・配達時間帯

「UberEats(ウーバーイーツ)」って何?