これからは「個人で稼ぐ時代」です。

PIXTA(ピクスタ)のアフィリエイトができるASP

PIXTA ピクスタ アフィリエイト ASP

PIXTA(ピクスタ)のアフィリエイトができるASP

PIXTA(ピクスタ)の、アフィリエイト案件を持っているASP(エーエスピー)を紹介します。

PIXTA(ピクスタ)とは、 「プロ」「アマ」問わず、誰でも写真の販売ができる「素材販売サイト」のことです。

ピクスタ PIXTA logo ロゴ

PIXTA(ピクスタ)では、写真のほかにも「イラスト」や「動画」の素材販売も行っており、出品した作品は、1度購入された後も在庫が減らないために、1つの作品を、何度でも販売することが可能です。

pixta ピクスタ アフィリエイト 副業 稼ぎ方 稼ぐ方法

PIXTA(ピクスタ)のアフィリエイト訴求を行う場合は、PIXTA(ピクスタ)のアフィリエイト広告が存在しますので、それらを訴求していくことになります。

PIXTA(ピクスタ)のメリット&デメリット

「PIXTA(ピクスタ)」を「ブログ」や「サイト」で訴求するにあたって、「PIXTA(ピクスタ)」のメリットやデメリットを、しっかり把握しておきましょう。

PIXTA(ピクスタ)の特徴・メリット

  • 写真・イラスト・動画(映像)素材を2,000万点以上を販売
  • 素材は1度きりの購入で何度も使える
  • 高品質な日本人素材が豊富
  • 素材が高品質で低価格

PIXTA(ピクスタ)の特徴・デメリット

  • 素材が売れた場合の販売手数料が若干高い

PIXTA(ピクスタ)のアフィリエイトがあるのは「A8.net(エーハチ)」

各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を調べたところ「PIXTA(ピクスタ)」のアフィリエイト案件は、「A8.net(エーハチ)」「バリューコマース」というASPに存在します。

※「A8.net(エーハチ)」とは、株式会社ファンコミュニケーションズが運営するASPです。日本最大級の「アフィリエイトサービスプロバイダ」で、利用者も多いASPになります。

まだ、会員登録のない人はコチラから登録してください。

⇒ A8.net

※「バリューコマース」とは、ヤフー連結子会社のASPです。こちらも大手の「アフィリエイトサービスプロバイダ」で、利用者も多いASPになります。

まだ、会員登録のない人はコチラから登録してください。

⇒ バリューコマース

「PIXTA(ピクスタ)」へ訴求するためには、「A8.net(エーハチ)」と「バリューコマース」にある、「PIXTA(ピクスタ)」案件を紹介していきます。

「PIXTA(ピクスタ)」アフィリエイトの特徴

「PIXTA(ピクスタ)」のアフィリエイトを行うにあたり、「PIXTA(ピクスタ)」のサービスを利用する「ターゲット属性」を知ることは、非常に重要です。

広告ターゲットユーザー

  • 法人:広告代理店・制作会社・各業種の制作担当など
  • 個人:アフィリエイター・フリーランス・年賀状などハガキ利用者など

「PIXTA(ピクスタ)」アフィリエイト広告の、「成果対象」は、それほどハードルは高くありませんので、比較的、発生させやすいアフィリエイト案件だと思います。

ただし、「審査あり」のアフィリエイト案件になりますので、申請から承認まで、審査時間がかかります。

ですので、「PIXTA(ピクスタ)」のアフィリエイトをしたい人は、早めに「A8.net(エーハチ)」か「バリューコマース」で、提携申請だけでも行っておくと良いでしょう。

今回、紹介したように「A8.net(エーハチ)」や「バリューコマース」から、「PIXTA(ピクスタ)」の、アフィリエイトプログラムを紹介できるようになりますので、「PIXTA(ピクスタ)」の訴求をしたい、アフィリエイターの人は、良かったら試してみてください。

(※アフィリエイト案件や、アフィリエイト報酬は、突然に中止・変更されることがあります。正確な情報は、公式サイトで確認してください。(2019年6月時点)

A8.net

バリューコマース

>>>>geechs job(ギークスジョブ)アフィリエイトができるASP

>>>>Anyca(エニカ)のアフィリエイトができるASP

>>>>akippa(アキッパ)のアフィリエイトができるASP

>>>>ビザスク(visasQ)のアフィリエイトができるASP

>>>>タイムチケット(Time Ticket)のアフィリエイトができるASP

>>>>サイタ(Cyta)のアフィリエイトができるASP

>>>>ココナラ(coconala)のアフィリエイトができるASP

>>>>Snapmart(スナップマート)のアフィリエイトができるASP

>>>>minne(ミンネ)のアフィリエイトができるASP

>>>>もしもドロップシッピングのアフィリエイトができるASP

>>>>SPACE MARKET(スペースマーケット)アフィリエイトができるASP

>>>>メルカリ(mercari)のアフィリエイトができるASP

>>>>DAZN(ダゾーン)アフィリエイトできるASP

>>>>Hulu(フールー)アフィリエイトできるASP

>>>>FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)アフィリエイトできるASP

>>>>ウォールストリートジャーナル(WSJ)アフィリエイトできるASP

>>>>Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトできるASP

>>>>Uber(ウーバー)アフィリエイトのあるASP

>>>>Airbnb(エアビーアンドビー)民泊アフィリエイトのあるASP

>>>>ヤフオク(ヤフーオークション)のアフィリエイトができるASP

注意
紹介している情報は、2019年6月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

転職サイト|20代・30代・40代・50代・女性別おすすめ転職サイト