これからは「個人で稼ぐ時代」です。

転職エージェント|20代・30代・40代・女性|おすすめ転職サイト

CHAPTER(チャプター)

転職サイト 20代 30代 40代 50代 女性 おすすめ 転職エージェント

今の時代、働き方は「1つ」ではない

20代から12年間お世話になった会社を、僕が退職した時に、正直、「ただ闇雲に、一生懸命働けば【必ず報われる時代】は、もう終わった」という思いが生まれ始めたのは、まぎれもない事実でした。

30代に入り経験も積み、役職も頂き、仕事に対する不安な面が少なくなっていくと同時に、「このままではいけない」という気持ちが、沸々と、自分の中に沸き起こり、今一度、自分が設定した人生のハードルを、見直す時期に来たのかもしれないと、密かに思うようになっていきました。

そして僕は35歳という年齢で、12年間務めた会社を退職しました。社会人経験がなかった20代の僕を育ててくれた、恩義ある会社でしたが、悩みに悩んだ末、「退職」という道を選びました。

20代・30代・40代・50代の「仕事観」は、まったく異なります。

20代は「社会人としての経験を積むため」に、30代は「自分自身や家族のため」に、40代は「社会的影響力のため」に、50代は「地域や社会貢献のため」に、人生の段階によって、このように「仕事観」は常に形を変えて、変化していくことを理解しつつ、自分に合った環境を選び、自らが柔軟に変化していくことが、これからの時代の「働き方」に必要な要素になっていくと言えるでしょう。

マズローの自己実現理論

アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」が提唱した「自己実現理論」というものを、皆さんは、ご存知でしょうか?

マズローの「自己実現理論」とは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、マズロー自身が、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。「自己実現論」「マズローの欲求段階説」「マズローの欲求5段階説」などの異なる呼称があります。

マズローの欲求5段階説

マズローの承認欲求 5段階欲求

マズローの5段階承認欲求

生理的欲求

「生理的欲求」とは、生命を維持するための本能的な欲求で、食事・睡眠(食べたい・飲みたい・寝たい etc.)などの欲求のことです。生理的欲求が、他のどの欲求よりも、「最も重要な動機付け」となります。

ただし、人間以外の一般的な動物が、このレベルを超えることは、ほとんどないと考えられています。そもそも、人間の場合は、「生理的欲求」のみで生活している人は、ほとんどいないため、通常の健康的な人間は、即座に、次のレベルである「安全欲求」が出現することになります。

性的な欲求もこの段階に含まれますが、交際相手・配偶者の存在は「社会的欲求」、相手から愛される行為は「承認欲求(尊厳欲求)」に含まれます。

また、女性が高所得者や資産家男性と結婚したいと思う動機には、お金の力によって「安全欲求」が満たされたり、優雅な生活や良い教育(優秀な子供)で、「承認欲求(尊厳欲求)」が満たされたりするためと言われています。

安全欲求

「安全欲求」とは、安全性・経済的安定性・良い健康状態の維持・良い暮らしの水準・事故の防止など、予測が可能になり、秩序のある生活を得ようとする欲求です。

危険を回避したい、安全・安心な暮らしがしたいという欲求だとも言え、最低限の暮らしを確保したいという、危険回避的な欲求だと認識されています。

保険や年金などの「セーフティネット」も、これを満たす要因に含まれます。

幼児は、自身の身に危険が迫ってくると、この「安全欲求」に対する反応が「素直」に表現されるのに対して、大人は、成長するにつれて、教育により抑制することを、教えられていきます。

例えば、「新卒での就職」というものの大半は、まずは「最低限度の生活を確保したい」という、「安全欲求」を満たすための最初の選択だと、言えるかもしれませんね。

社会的欲求

「社会的欲求」とは「生理的欲求」と「安全欲求」が十分に満たされると出てくる欲求です。

集団に属したり、仲間が欲しくなったり、自分が社会に必要とされている、誰かから認められている、孤独感から脱したいと思う欲求のことです。

この「社会的欲求」が満たされない場合は、「孤独感」や「社会的不安」「うつ状態」になる原因にもなると言われています。

第1に、「20代の仕事観」は、この「社会的欲求」を満たしていくことが、目標としてあるかもしれません。「同期よりも出世したい」「会社から自分を認めてもらいたい」という思いだけで、常に前を見ながら、仕事に邁進する人が、20代の人には多いのではないでしょうか。

尊厳欲求(承認欲求)

「尊厳欲求(承認欲求)」とは、自分が集団から価値のある存在と認められ、尊重されることを求める欲求です。「承認欲求」とも呼ばれます。

尊重のレベルには、2つの段階があり、低いレベルの承認欲求は、他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権、注目などを得ることで満たされる行為です。他者に依存しているため、危険性もあると言われています。

一方、高いレベルの承認欲求は、技術や能力の習得、自己信頼感、自立性などを得ることで満たされ、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重視される傾向にあります。

身の回りの人が、どちらの「承認欲求」が強いのかを、見てみるのも面白いですよね。

30代~40代の人は、この「承認欲求(尊厳欲求)」が、今後、仕事をする上で、とても重要になってくると、僕は思っています。僕自身が、35歳の時に、それまで12年間勤めていた会社を退職した理由も、この段階の苦しみだったのだということが、後になって理解できました。

僕の場合は、前職で、それなりの役職も頂き、社内での立場を確立しつつあった時も、「今の自分の立場は、会社に守られた中での立場であって、外の世界に1人で立ち向かった時に、何もできない自分がいる」という無力感と、常に戦っていた状態だったのです。つまり、自分自身への評価が足りなかった時代だったのだなということが、後になって理解できました。

自己実現欲求

「自己実現欲求」とは、他者に何かを求めるというよりも、自分自身の活動や成長に、強い関心を持ち始める「欲求」だと言えます。

自分が持つ能力や可能性を、最大限に発揮して、具現化し、自分がなりたい「何者か」にならなければならないという欲求のことです。

例えば、芸能界を目指して、アルバイト生活をする若い人などは、「社会的欲求」を飛び越えて、「尊厳欲求(承認欲求)」や「自己実現欲求」を求めていると言えるでしょう。

この「自己実現欲求」までを、すべて達成した人には、「自律的な精神」「他者に対する寛容な心」などの特徴が、多くみられるそうです。

「終身雇用」制度の中では、自己実現欲求を満たそうとする人は、定年退職後の人に多いのかもしれませんね。若い時の自分が持っていた「自己実現の欲求」は、「他者」や「社会」の総意に、自分を合わせる日々の中で、いつしか消えてなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。そして、定年前の50代~60代になって、再び「自己実現欲求」を思い出し、「なりたい自分」、つまり「原点」に帰っていくのです。

ちなみに、マズローは晩年、この5段階欲求の階層のさらに上に、もう1つの段階があることを発表しました。それは「自己超越」と言われる段階で、このレベルに達している人は、人口の2%ほどだと言うことです。「自己超越者」は、「見返り」を求めず「エゴもなく」「自我を忘れて」、ただ、謙虚に聡明に、何かに貢献する人のことを言うそうです。最近話題になった、スーパーボランティアの「尾畠さん」などは、このレベルに到達している人の可能性が高いですよね。

自己実現レベルに合った「転職先」を選ぶ

「何でもいいので、とりあえずの仕事を探したい人向けの転職サイト」、「管理職以上の重い役割を担いたい人向けの転職サイト」、「今持っている専門的な技術や知識を、さらに深めたい人向けの転職サイト」など、「転職サイト」にも、それぞれの特色があり、「ただ闇雲に、何も考えずに転職サイトを選ぶ行為」をしてしまうと、意識しない中で「自分の自己実現レベルにそぐわない企業ばかりを選んでしまう危険性」が、出てきてしまいます。

そのように、自分の「自己実現レベル」と合致していない「仕事や企業」で働き始めてしまうと、「自分と周囲の人間」「自分と会社」との「ズレ」に、再び、苦しんでしまうことにもなりかねません。

そこで、まずは、上に載せた「マズローの5段階欲求」の「図」を見ていただき、「自分が、何に悩んで、仕事を変えたいと思ったのか」、その理由を明確にしてください。

例えば、前職で「承認欲求(尊厳欲求)」が満たされずに、苦しい思いをしていた人がいたとしたら、次こそは、前職で満たされなかった承認欲求が満たされるように、「求人情報」を見て、仕事や企業を選ぶべきなのです。

「転職サイト」と「転職エージェント」の違い

一般的な「転職サイト」と、「エージェント(アドバイザー)」が紹介してくれる「転職エージェントサイト」を、よく混同している人を、見かけるのですが、そのような人は、まず「転職サイト」と「転職エージェントサイト」の違いを認識し、それぞれの「長所と短所」をイメージして、転職活動でも、「2種類」のサイトを、上手く使い分けることができるようになると、とても便利で、おすすめです。

「転職サイトと転職エージェントの違い」

転職エージェント できること 転職サイト
基本、キャリアアドバイザー(エージェント)が代行してくれる 企業への応募 自分で求人を探して、直接、応募する
約8割ほどが「非公開求人」なので、「登録」しないと、全部の求人を見ることは不可能 掲載されている求人 幅広い業種や職種の求人を多数掲載しており、誰でも見ることが可能
エージェントとの面談後に、自分に合う求人を紹介してくれる 求人情報へのアクセス 自分で求人検索をして、探す
エージェントと相談し、エージェントに代行する スケジュール管理 すべて自分で管理する
自分の希望に合った転職先を、マッチングしてくれるので、スムーズな転職活動が可能 転職の成功確率 すべて自分で行うため、転職活動に行き詰まることもある
エージェントが客観的に分析し、アドバイスをもらい対策を立てる アドバイス 自分自身でダメだった理由を分析し、対策を立てる

今回は、なるべく、皆さんにも分かりやすいように、幾多ある「転職サイト」や「転職エージェント」を、僕なりに「分類分け」しております。それぞれの「自己実現レベル」に応じて「転職サイト」や「転職エージェント」を、選ぶことが可能になるように、厳正に選んだつもりです。

そして、次からは、いよいよ、具体的な「転職サイト」や「転職エージェント」を、紹介していきます。少しでも、この記事が、皆さんの「仕事選び」の参考になったなら、幸いです。

「キャリアアップ」を目指す「転職」

20代のキャリア戦略

職務経歴が短い「20代」の転職では、以下で紹介する、「2つの手順」を同時に、進めていくのが良いでしょう。

まずは、「転職サイト」を使って、応募したい企業の求人情報を探して、そのまま「転職サイト」から応募する「手順」。

もう1つは、「転職エージェント」に登録し、「転職エージェント」を通じて、自分が納得できる企業を、探してもらう「手順」です。

この「2つの手順」を、「20代」の転職活動では、「同時並行で進めていく」のが、1番効率が良い「転職活動」と言えるでしょう。

特に、後述した「転職エージェント」は、「無料」で「登録」が出来て、専任の「キャリアアドバイザー(エージェント)」が、親身になって、転職の相談にのってくれるので、おすすめです。

「転職エージェント」とは、あなた専任の「エージェント(キャリアアドバイザー)」が、あなたの「適正」や「能力」、これまでの「キャリア」を、客観的に分析した上で、第3者の立場から、「最適な転職先」を、提案してくれる「無料サービス」となります。

「転職エージェント」側は、あなたの転職が成功した場合に、「企業から成功報酬が貰える仕組み」になっているために、利用者である僕たちは「1円もお金を支払わず」に、高品質なサービスを、「無料」で受けることが可能なのです。

「転職活動」で困難な点は、自分1人で、転職先を探した場合、転職した先の会社で、「必ずしも給料が上がって幸せになれるとは、限らない」という点です。

「外資系企業」であれば、入社前の「給料交渉」は、当たり前の「行動」だとは思いますが、「入社前に、お金のことを話すのは汚いことである」という、「歪んだお金の価値観」が蔓延している「古い体質の日本企業」では、自分1人が、入社前に、直接「給料面の交渉」を行うと、採用面接で、「不利」になるのではないかという「不安」や「リスク」が、正直、出てきます。

だからといって「転職活動中」や「入社前」に「給料交渉」を行っておかないと、残念ながら、「転職先」への「入社後」に、高い確率で、「給料が下がってしまう人」も出てくるでしょう。

これでは、「キャリアアップ(給料アップ)」を目指した「求職活動」そのものが、本末転倒になって、無駄なものになってしまいます。

このように、特に、転職後に「給料をアップさせたい人」や「キャリアアップをさせたい人」にとっては、「転職エージェント」という「便利なサービス」を活用しない手は「ありえない」と、僕は思っているのです。

あなたが、転職希望先に、直接言い出しにくい「給料面」や「将来の待遇面」などの「条件交渉」を、「求職者」と「企業」の間に立って、全力で行ってくれるのが、「転職エージェント」という存在です。

個人的に、これまでの経験を活かして、「年収アップ(給料アップ)」や「キャリアアップ」を目指したい人にとっては、「転職エージェント」は、「欠かせないサービス」だと思いますので、これまで「転職エージェント」という存在を知らなかった人は、是非、様々な「転職エージェント」に登録してみて、これからの「転職活動」に、活かしていってください。


20代おすすめ「転職エージェント」★

サイト名 利用料金 公式サイト
リクルートエージェント 無料 チェックする
dodaエージェント(デューダ) 無料 チェックする
マイナビジョブ 20’s 無料 チェックする
マイナビAGENT(マイナビエージェント) 無料 チェックする
type転職エージェント 無料 チェックする
DYM就職 無料 チェックする
キャリアスタート 無料 チェックする
第二新卒エージェントneo 無料 チェックする
ウズキャリ既卒 無料 チェックする

上記に、「20代」の転職活動で「おすすめ」したい「転職エージェント」を、掲載しておきました。「給料アップ」「キャリアアップ」をしたい人で、まだ使っていないところがありましたら、是非、登録して使ってみてください。


20代おすすめ「転職サイト」★

サイト名 利用料金 公式サイト
リクナビNEXT 無料  チェックする
はたらいく 無料  チェックする
シゴトin 無料  チェックする
バイトルNEXT 無料  チェックする
イーアイデム 無料  チェックする
キャリトレ 無料  チェックする
マイナビ転職 無料  チェックする
エン転職 無料  チェックする
doda転職(デューダ) 無料  チェックする

上記に、「20代」の転職活動で「おすすめ」したい「転職サイト」を、掲載しておきました。もし、まだ使っていないサイトがありましたら、幅広い転職活動には、必須ですので、是非、登録してみてください。


30代のキャリア戦略

ある程度、職務経験を積んだ「30代」での転職では、これまで培ってきた「経歴」や「業務内容」などが、重要視されます。

30代で「キャリアアップ」を狙いたい場合は「リクナビNEXT」などの「転職サイト」は使わずに、「エージェント(キャリアアドバイザー)」が相談にのってくれる、「転職エージェント」をメインで利用するのが、「おすすめ」です。

例えば、「30代の転職」では、「転職サイト」というものは、「働きたい企業の求人情報」を得るためだけに利用し、実際の転職活動では、「転職エージェント」を通じて、「あなたが希望している企業」へ、応募してもらうのが、良い方法だと言えるでしょう。

「転職エージェント」を活用する「メリット」は、前述した「20代のキャリア戦略」でも、書きました。

「転職エージェント」では、「転職サイト」を使った応募だけでは、書類選考で、機械的に落とされてしまう企業へも、専任の「エージェント(キャリアアドバイザー)」が、希望先企業へ、あなたを推薦してくれる可能性が出てきますので、特に、「キャリアアップ(給料アップ)」を目指したい「30代」は、積極的に、多くの「転職エージェント」を、活用していくようにしましょう。


30代おすすめ「転職エージェント」★

サイト名 利用料金 公式サイト
リクルートエージェント 無料 チェックする
ビズリーチ 無料(有料プランあり) チェックする
Spring転職エージェント 無料 チェックする
キャリアカーバー 無料 チェックする
JACリクルートメント 無料 チェックする
クライス&カンパニー 無料 チェックする
Aidem Smart Agent(アイデムスマートエージェント) 無料 チェックする

上記に、「30代」の転職活動で「おすすめ」したい「転職エージェント」を、掲載しておきました。これらの「転職エージェント」にプラスして、「20代おすすめ転職エージェント」の欄で紹介した「転職エージェント」も、併せて利用すると便利です。

上記の中から、もし、まだ使っていない「転職エージェント」がありましたら、積極的に、使ってみてください。


40代のキャリア戦略

「40代」の転職では、過去の成功体験が、転職を難しくすることも、正直、あります。

「40代の人」が、まったく別の業種に飛び込む場合は、特に、企業風土や企業カルチャーのギャップに、戸惑うことも出てくるかと思います。

「40代」が「転職」を成功させるには、異なった「企業風土」や「企業文化」を、楽しむ余裕と、これまでの人生で蓄積してきた「成功体験」や「失敗体験」などの「貴重な経験」を、「転職先」の経験の浅い「若い社員」へ、積極的にアドバイスしていける「コミュニケーション能力」が、最重要視される点に、なってくると思います。

つまり、「40代」の転職では、「謙虚に学び、大胆に行動する」バランス感覚も、必要になってくる「年代」だと言えるのです。

正直、「40代」以降の「転職活動」では、「転職サイト」から、企業へ応募をすると、その「年齢」から、「書類選考」の時点で、落とされる可能性が、高くなります。その点「転職エージェント」を利用した「転職活動」では、「書類選考」も、通過しやすくなるのです。

このような「40代」の転職では、「30代」同様、「転職エージェントのみ」を、フル活用すべきだと、個人的には思っています。

しかも、「ハイクラス」への「転職」を希望している「40代」の人は、特に「ハイクラス求人専門」の「転職エージェント」へも、この「タイミング」で、積極的に、挑戦していくべきでしょう。

このように、「年齢的な面で若干のハンデがある40代」の「転職活動」では、「転職エージェント」も、1社2社だけ登録をするのではなく、良い感触が得られるまで、1つでも多くの「転職エージェント」に登録し、「フィーリングが合うエージェント」と出会うまでは、絶対に諦めない、真に行動力のある人だけが、最終的には、自分の望む転職先に、転職できる傾向にあります。

つまり、「40代」の人も、なるべく様々な「転職エージェント」を利用し、「信頼できるエージェント」と出会うまでは、「粘り強く」、転職活動を行うことが、重要になってくるのです。


40代おすすめ「転職エージェント」★

サイト名 利用料金 公式サイト
ビズリーチ 無料 チェックする
ランスタッド 無料 チェックする
ランスタッド キャリアアップ転職 無料 チェックする
JACリクルートメント 無料 チェックする
キャリアカーバー 無料 チェックする
クライス&カンパニー 無料 チェックする
レバテックエキスパート 無料 チェックする
転機 無料 チェックする
リクルートエージェント 無料 チェックする

上記に、「40代」の転職活動で「おすすめ」したい「転職エージェント」を、掲載しておきました。「30代のおすすめ転職エージェント」には、載せていなかった「ハイクラス求人専門の転職エージェント」も、「40代」の欄には、掲載しています。これらの「転職エージェント」にプラスして、「30代おすすめ転職エージェント」の欄で紹介した「転職エージェント」も、併せて利用すると便利です。

上記の中から、もし、まだ使っていない「転職エージェント」がありましたら、積極的に、使ってみてください。


外資系転職のキャリア戦略

 


外資系おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
ビズリーチ 無料 チェックする
ロバートウォルターズ 無料 チェックする
キャリアクロス 無料 チェックする
外資転職.com 無料 チェックする
JACリクルートメント 無料 チェックする
リクルートエージェント 無料 チェックする
英語転職.com 無料 チェックする
dodaグローバル 無料 チェックする
マイナビ転職グローバル 無料 チェックする
キャリアカーバー 無料 チェックする
クライス&カンパニー 無料 チェックする

 


IT・エンジニア・プログラマーのキャリア戦略

 


IT・エンジニア・プログラマー転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
Geek Out(ギークアウト) 無料 チェックする
レバテックキャリア 無料 チェックする
マイナビクリエイター 無料 チェックする
マイナビエージェント ものづくり 無料 チェックする
マイナビエージェント IT 無料 チェックする
シンアド転職 無料 チェックする
Tech Stars(テックスターズ) 無料 チェックする
WORKPORT(ワークポート) 無料 チェックする
Tech Clips(テッククリップス) 無料 チェックする
MEITEC NEXT(メイテックネクスト) 無料 チェックする
レバテッククリエイター 無料 チェックする

 


IT・エンジニア・プログラマー「フリーランス案件」★

サイト名 利用料金 公式サイト
geechs job(ギークスジョブ) 無料 チェックする
FOSTER FREELANCE(フォスターフリーランス) 無料 チェックする
レバテックフリーランス 無料 チェックする
Midworks(ミッドワークス) 無料 チェックする
Futurizm(フューチャリズム) 無料 チェックする
エミリーエンジニア 無料 チェックする
CHANGE UP(チェンジアップ) 無料 チェックする
フリーランススタート 無料 チェックする
リツアンSTC 無料 チェックする
ポテパンフリーランス 無料 チェックする

 


IT・エンジニア・プログラマー「初心者・未経験」転職★

サイト名 転職するまでの流れ 公式サイト
TECH EXPERT(テックエキスパート) スクールで勉強⇒就職支援 チェックする
GEEK JOB(ギークジョブ) スクールで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ) スクールで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
UZUZカレッジ(ウズウズカレッジ) スクールで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
Basis Point Academy(BPA) スクールで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
Code Camp GATE(コードキャンプゲート) オンラインで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
Samurai Engineer(侍エンジニア) オンラインで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
TECH ACADEMY(テックアカデミー) オンラインで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする
ITCE Academy スクールで勉強⇒就職支援(教育型就業サポート) チェックする

 


女性(主婦)のキャリア戦略

 


女性(主婦)おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
女の転職type 無料 チェックする
マイナビエージェント 無料 チェックする
LiBz CAREER(リブズキャリア) 無料 チェックする
マイナビキャリエーション 無料 チェックする
リクシィキャリア 無料 チェックする
クリーデンス 無料 チェックする
リクルートエージェント 無料 チェックする
パソナキャリア 無料 チェックする
就職Shop 無料 チェックする
dodaエージェント(デューダ) 無料 チェックする

 


女性(主婦)おすすめ転職サイト・人材派遣★

サイト名 利用料金 公式サイト
とらばーゆ 無料 チェックする
ママワークス 無料 チェックする
マイナビスタッフ 無料 チェックする
テンプスタッフ 無料 チェックする
アパレル派遣なび 無料 チェックする
リクナビNEXT 無料 チェックする
シゴトin(転職求人) 無料 チェックする
はたらこねっと 無料 チェックする
はたらいく 無料 チェックする

 


看護師(ナース)のキャリア戦略

 


看護師(ナース)おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
マイナビ看護師 無料 チェックする
看護のお仕事 無料 チェックする
ナースフル 無料 チェックする
ナースではたらこ 無料 チェックする
ナース人材バンク 無料 チェックする
ジョブメドレー 無料 チェックする
ナーズJJ 無料 チェックする
ナースパワー 無料 チェックする
セレジョブ看護 無料 チェックする

 


薬剤師のキャリア戦略

 


薬剤師おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
マイナビ薬剤師 無料 チェックする
リクナビ薬剤師 無料 チェックする
薬剤師ナビ 無料 チェックする
ファルマスタッフ 無料 チェックする
Aidm Smart Agent(アイデムスマートエージェント) 無料 チェックする
お仕事ラボ 無料 チェックする
PHGET(ファゲット) 無料 チェックする
薬キャリ 無料 チェックする
EXPHARMA(エクスファルマ) 無料 チェックする

 


保育士のキャリア戦略

 


保育士おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
マイナビ保育士 無料 チェックする
保育ひろば 無料 チェックする
保育バランス 無料 チェックする
保育士バンク 無料 チェックする
保育Fine!(保育ファイン) 無料 チェックする
ジョブメドレー 無料 チェックする
保育士WORKER(保育士ワーカー) 無料 チェックする
保育情報どっとこむ 無料 チェックする
保育士コンシェル 無料 チェックする

 


介護士・福祉士のキャリア戦略

 


介護士・福祉士おすすめ転職エージェント★

サイト名 利用料金 公式サイト
マイナビ介護 無料 チェックする
クリックジョブ介護 無料 チェックする
きらケア介護求人 無料 チェックする
ジョブメドレー 無料 チェックする
介護エイド 無料 チェックする
カイゴジョブ 無料 チェックする
介護JJ(介護ジャストジョブ) 無料 チェックする
しろくま介護ナビ 無料 チェックする
なでしこ介護士 無料 チェックする

 


フリーターのキャリア戦略

 


アルバイト・パートおすすめ求人サイト★

サイト名 利用料金 公式サイト
バイトル 無料 チェックする
マッハバイト 無料 チェックする
シフトワークス 無料 チェックする
アルバイトEX 無料 チェックする
プチジョブ 無料 チェックする
マイナビバイト 無料 チェックする
フロムエーナビ 無料 チェックする
タウンワーク 無料 チェックする
シゴトin 無料 チェックする
ギガバイト 無料 チェックする
はたらくどっとこむ 無料 チェックする
ショットワークス 無料 チェックする
ペコリッチ 無料 チェックする
キャストポータル 無料 チェックする

 


リゾートバイト(リゾバ)おすすめ求人サイト★

サイト名 利用料金 公式サイト
リゾバ.com(リゾバドットコム) 無料 チェックする
リゾートバイト.com 無料 チェックする
アルファリゾート 無料 チェックする

 


障がい者のキャリア戦略

 


障がい者おすすめ転職エージェント・求人サイト★

サイト名 利用料金 公式サイト
dodaチャレンジ 無料 チェックする
ランスタッド 無料 チェックする
atGP(アットジーピー) 無料 チェックする