≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

【Solana(ソラナ)】 仮想通貨SOL(ソル)とは何?

【Solana(ソラナ)】 仮想通貨SOL(ソル)とは何?

【Solana(ソラナ)】 仮想通貨SOL(ソル)とは何?

元ファーストレディのメラニア・トランプは、Solanaブロックチェーンプロトコルを使用した独自の非可溶性トークン(NFT)プラットフォームでブロックチェーンに足を踏み入れようとしています。トランプ氏の最初のNFTは「メラニアのビジョン」と題され、12月16日から12月31日の間に1SOLで購入することができます。

Solanaとは?

Solanaは、分散型、スケーラブルなアプリケーションをホストするために設計されたブロックチェーンプラットフォームです。2017年に設立されたSolanaは、現在ジュネーブに拠点を置くSolana Foundationが運営するオープンソースプロジェクトで、ブロックチェーンはサンフランシスコに拠点を置くSolana Labsが構築しました。Solanaは処理できる取引の数がはるかに速く、イーサリアムなどのライバルブロックチェーンと比較して取引手数料が大幅に低くなっています。

ソラナブロックチェーン上で動作する暗号通貨(仮想通貨)は、ソラナ(SOLUSD)とも呼ばれ、ティッカーシンボル・SOL(ソル)で、2021年のこれまでに約12,000%高騰しており、時価総額は660億ドルを超え、この指標では第5位の暗号通貨となっています。

≫詳しく見る:イーサリアムの賢い買い方・購入方法と注意点

重要ポイント

  • Solana(ソラナ)は、分散型かつスケーラブルなアプリケーションをホストするために設計されたブロックチェーンプラットフォームです。
  • Solanaは、Ethereumなどの競合ブロックチェーンと比較して、1秒間に多くの取引を処理することができ、取引手数料も非常に低く抑えられています。
  • SOL(ソル)というティッカーを持つSolanaのネイティブ暗号通貨は、660億ドル以上の時価総額を持ち、5番目に大きな暗号通貨となっています。
  • SolanaはPoS(Proof of Stake)ブロックチェーンであり、PoH(Proof of History)という新しい技術も使用しています。

Solanaの理解【プルーフ・オブ・ヒストリーのコンセプト】

Solanaの共同創業者であるAnatoly Yakovenko(ヤコヴェンコ)は、2017年11月にProof of History(PoH)のコンセプトを説明するホワイトペーパーを発表しました。PoHは、イベント間の順序や時間の経過を検証するための証明で、時間の経過を信頼なく台帳に符号化するために使用されます。

Yakovenko氏はホワイトペーパーの中で、当時公開されていたブロックチェーンは時間に依存しておらず、ネットワーク内の各ノードはネットワーク内の他の参加者の時間を知らずに自分のローカルクロックに依存していたと指摘しています。

時間の信頼できるソース(標準化された時計)がないため、メッセージのタイムスタンプを使用してメッセージを受け入れるか拒否する場合、ネットワーク内の他のすべての参加者がまったく同じ選択をする保証はなかったのです。PoHはこのハードルを乗り越え、ネットワーク上のすべてのノードが、ブロックチェーン機能の鍵となる信頼性の高い基準で、台帳に記録された時間の経過を信頼することができるようになりました。

≫詳しく見る:【仮想通貨】暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

ソラナの歴史

ヤコヴェンコは、クアルコム社(QCOM)などの大手テクノロジー企業で分散システム設計の経験を積んできました。その経験から、信頼性の高いクロックがあれば、ネットワークの同期が容易になり、その結果、ネットワークは指数関数的に高速化し、その帯域幅が唯一の制約となることを認識していたそうです。

Yakovenko氏は、ビットコインイーサリアムのようなクロックのないブロックチェーンシステムが、世界中で1秒間に15トランザクション(tps)を超えて拡張するのに苦労している状況に比べ、歴史の証明を使えばブロックチェーンが驚異的に速くなると推測しています。

Yakovenkoの最初の実装は、個人のコードベースで始まり、Cプログラミング言語で実装されていました。

その後、Yakovenkoは、Qualcomm(クアルコム社)の元同僚であるGreg Fitzgeraldに請われて、コードベース全体をプログラミング言語Rustに移行しました。

2018年2月、FitzgeraldはYakovenkoのホワイトペーパーの最初のオープンソース実装のプロトタイピングを開始し、その後プロジェクトの最初のリリースを行い、1万件の署名付きトランザクションをわずか半秒強で検証および処理できることを実証しました。その後まもなく、Yakovenkoの同僚であるStephen Akridgeが、署名検証をグラフィックプロセッサにオフロードすることにより、処理能力が大幅に向上することを実証しました。

これらの成果をもとに、Yakovenkoは、Fitzgerald、Akridge、および他の3人をLoomという会社の共同設立に引き合わせました。しかし、似たような名前のイーサリアムベースのプロジェクトと混同する可能性があったため、会社/プロジェクトは、共同設立者がクアルコムで働いていたときに住んでいたサンディエゴ近くの小さなビーチタウンの名前をとって、ソラナと改名されました

2018年6月、プロジェクトはクラウドベースのネットワーク上で実行できるようにスケールアップされ、その1カ月後には50ノードのパーミッション付きパブリックテストネットを公開し、毎秒25万トランザクションのバーストを一貫してサポートするようになりました。2021年12月までに、Solanaは1トランザクションあたり平均0.00025ドルのコストで400億以上のトランザクションを処理しました。

≫詳しく見る:ビットコインの購入方法・買い方

Solanaの技術

Solanaのアーキテクチャの目標は、ブロックチェーンを実装するために組み合わせて使用すると、パフォーマンスのボトルネックとなるソフトウェアを排除し、ネットワーク帯域幅に比例してトランザクション処理能力を拡張できるソフトウェアアルゴリズム群が存在することを実証することです。

Solanaのアーキテクチャは、ブロックチェーンに望ましい3つの属性、すなわち拡張性、安全性、分散性をすべて満たしています。Solanaのアーキテクチャは、標準的なギガビットネットワークで毎秒71万トランザクション(tps)、40ギガビットネットワークで2840万tpsの理論上の上限を記述しています。

Solanaのブロックチェーンは、Proof of History(PoH)とProof of Stake(PoS)の両方のモデルで運用されています。PoSでは、バリデータ(ブロックチェーン台帳に追加された取引を検証する人)が保有するコインやトークンの数に基づいて取引を検証することができ、PoHでは、これらの取引にタイムスタンプを付けて非常に迅速に検証することができます。

≫詳しく見る:NFTとは

ソラナとイーサリアムの比較

Solanaの急速に拡大するエコシステムとその汎用性は、分散型アプリケーション(dApps)の代表的なブロックチェーンであるイーサリアムと比較されるのは必然です。SolanaとEthereumはどちらもスマートコントラクト機能を備えており、分散型金融(DeFi)や非腐食性トークン(NFT)などの最先端アプリケーションの実行に欠かせない存在です。しかし、両者には根本的な違いがあります。

Solanaとは異なり、EthereumはProof of Work(PoW)ブロックチェーンであり、取引を検証するためには、採掘者が複雑なパズルを解くために競争しなければならず、この技術はよりエネルギーを必要とし、それゆえ環境に有害なものとなっているのです。

2021年にSolanaを取り巻く話題の多くは、取引処理速度と取引コストの面でイーサリアムに対して明確な優位性を持っていることに起因していました。Solanaは1秒間に5万件ものトランザクションを処理でき(tps)、トランザクションあたりの平均コストは0.00025ドルです。これに対し、イーサリアムは1秒間に15件以下の取引しか処理できず、取引手数料は2021年に70ドルを記録しました。

しかし、イーサリアムは先行者利益を得ており、その巨大なエコシステムにより、時価総額ではビットコインに次ぐ規模となっています。イーサリアムのEth2アップグレードとPoSモデルへの移行はいずれも2022年とされており、アップグレードによりブロックチェーンはより拡張性が高く、安全で持続可能なものとなり、取引処理速度も劇的に向上すると予想されています。

また、2021年9月17日には、ピーク時に1秒間に40万件というトランザクション量の急増とボット活動によるメモリの過剰消費により、17時間以上に及ぶネットワーク停止が発生し、ブロックチェーンの新興企業としてのソラナの地位が注目されるようになりました。このニュースを受けて、Solトークンは当初急落しましたが 、その後その損失を取り戻し、2021年11月には250ドル超の記録的な価格に達しました。

≫詳しく見る:2021年ベストな仮想通貨取引所とプラットフォーム9選

SolanaのSOLトークンには、端数がありますか?

SOLはlamportと呼ばれる小数値で入手できます。lamportの値は0.000000001 SOLです。Lamportは、Solanaに最も大きな技術的影響を与えた、分散システムで有名なコンピュータ科学者Leslie Lamportの名前に由来しています。

現在流通しているSOLコインの枚数は?

Solana Foundationは、合計4億8900万枚のSOLトークンが流通することを発表しており、そのうち2億6000万枚はすでに市場に投入されています。

3000円分の取引ボーナスでスタート

認可と規制を受けたブローカーで、株価指数、商品、金属、エネルギーなどのFXとCFDを取引しましょう。XMTradingでは、初めてリアル口座を開設される全てのお客様に、初回入金不要でXMTradingの商品とサービスをお試しいただける3,000円の取引ボーナスをご提供しています。

 

 

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス