【新型コロナウイルス(COVID-19)】Uber Eatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ウーバーイーツ レストラン登録|UberEats飲食店登録方法・加盟店登録・店舗登録

レストラン 登録 ウーバーイーツ UberEats レストランパートナー 登録 手数料 ウーバーイーツ加盟店登録 始め方 ウーバーイーツ店舗 登録方法 飲食店側 出店 条件 出店方法 ウーバーイーツ飲食店 契約 飲食店登録 流れ お店側 仕組み 加盟店 申請 提携店舗 出店費用 料金

UberEats(ウーバーイーツ)レストラン登録
【無料】掲載申請フォームはこちら

上記のリンク先で、UberEats(ウーバーイーツ)の「レストランパートナー登録サイト」を紹介しています。「UberEats加盟店」への申請登録が利用可能となります。

ざっくりした本記事の内容

  • 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「仕組み・ビジネスモデル」
  • 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「デリバリー(宅配)」の「サービスエリア」
  • 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「レストラン登録方法・出店方法」

ウーバーイーツレストラン登録|ウーバーイーツ(UberEats)飲食店登録方法・加盟店登録・店舗登録・出店方法・出店手数料・契約条件・初期費用・出店申請方法・料金

uber eats ウーバーイーツ レストラン 飲食店 加盟店 出店 店舗 お店 登録方法 申請方法 加入方法 掲載方法 レストランパートナー

同時に申請しよう

まず最初に、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「加盟店」への申請は、約2ヶ月間くらいの準備期間が必要になってきます。

集客でお困りの「飲食店(レストラン)」の「オーナーさん」で、早く「新しい集客方法」を採用していきたい人は、「menu(メニュー)」という「テイクアウト(持ち帰り)+デリバリー(宅配)」をしてくれる「サービス」が、「約1週間~2週間」くらいのスピードで、店舗を掲載してくれますので、「menu(メニュー)」というサービスにも、同時に「加盟店」の掲載を申請しておくのが、おすすめです。

menu(メニュー)加盟店申請コチラ

UberEats(ウーバーイーツ)仕組みやビジネスモデルについて

UberEats(ウーバーイーツ)」の「仕組み」や「ビジネスモデル」は、以下の図解のようになっています。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「仕組み」を、僕が簡単に図解しました。

つまり、「UberEats(ウーバーイーツ)」とは、「注文者(ユーザー)」・「レストランパートナー(飲食店)」・「配達パートナー(配達員)」の「3者」を繋ぐ「プラットフォーマー」という位置づけなのです。

なので、勘違いしないで欲しいのは、「配達パートナー(配達員)」も、「個人」が「UberEats(ウーバーイーツ)」という「プラットフォーム」に登録をして、「UberEats(ウーバーイーツ)」が外部委託をする「配達業務」を請け負っているだけで、「UberEats(ウーバーイーツ)」に雇われているわけではないということなのです。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

ワンポイント
  • 「UberEats(ウーバーイーツ)」が「既存の出前サービス」と違う点は、「UberEats(ウーバーイーツ)」には「配達パートナー」と呼ばれる「配達員」が、配達専門で、商品の配達をしてくれるという点です。「既存の出前サービス」では、商品の配達は「お店の従業員」がやるのが当たり前でしたが、「UberEats(ウーバーイーツ)」などの新しい形態の「フードデリバリーサービス」では、「プラットフォーム」に登録している「個人」が「個人事業主」として、「配達パートナー(配達員)」となり、「配達の仕事」を専門で担ってくれるようになっています。これまでは、「配達の従業員に割く人件費」などの問題で「出前」をやってこなかった「お店」でも、「UberEats(ウーバーイーツ)」などを利用し、簡単に「出前サービス」に参加することができるようになりました。これにより、既存の出前サービスでは食べられなかったような「地元の有名店」や「隠れた名店」なども、「UberEats(ウーバーイーツ)」「Wolt(ウォルト)」「DiDiFood(ディディフード)」「menu(メニュー)」などといった、新しい「フードデリバリーサービス」に参加する流れが加速し、「ファーストフード店」がほとんどだった「既存の出前サービス」との差別化も進んでいったのです。

UberEats(ウーバーイーツ)デリバリー(宅配)の「サービスエリア(対象範囲)」

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 地域 確認する方法

これから「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー(飲食店)」として「加盟店の登録」をしたい「飲食店(レストラン)」の「オーナーさん」は、「UberEats(ウーバーイーツ)」が指定する「サービスエリア」と呼ばれている「対象範囲」の中に、「自分のお店」が入っている人があります。

自分のお店のある「地域」や「エリア」が、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象範囲)」内に入っているかどうかは、「UberEats(ウーバーイーツ)」が発表している「最新のサービスエリア」の情報をチェックするようにして下さい。

僕のブログでも、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象範囲)」の「最新情報」をまとめていますので、興味がある人は、下にリンクを貼った「関連記事」を、確認しておいて下さい。

UberEats「サービスエリア」【最新情報】

ウーバーイーツレストラン登録|ウーバーイーツ(UberEats)飲食店登録方法・加盟店登録・店舗登録・出店方法・出店手数料・契約条件・初期費用・出店申請方法・料金

uber eats ウーバーイーツ レストランパートナー 登録する方法

UberEats(ウーバーイーツ)レストラン登録方法・出店方法【掲載申請フォームはコチラ】

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー(飲食店)」として「加盟店の登録」をしたい「飲食店(レストラン)」の「オーナーさん」は、まずは「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナーの登録申請フォーム」から、「加盟店申請」を、「UberEats(ウーバーイーツ)」側に送信して下さい。

>>【無料】掲載申請フォームはコチラ(UberEats)<<

レストランパートナー ウーバーイーツ 配達員 配達パートナー UberEats Uber Eats 登録方法 なり方 飲食店 店舗登録 導入 加盟店 手数料 初期費用 お店

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー(飲食店)」への「加盟店申請」が完了した「飲食店(レストラン)」の「オーナーさん」は、「UberEats(ウーバーイーツ)」側の審査をしばらく待つ必要があります。

また、「UberEats(ウーバーイーツ)」の場合、「提携申請フォーム」を送信してから、実際に「レストランパートナー(加盟店)」として掲載できるまでに、平均2ヶ月間くらいの準備期間がかかりますので、この記事の最初で紹介した「menu(メニュー)」などの、「早めにお店を掲載をしてくれる」他の「フードデリバリーサービス」へも、「加盟店の申請」を同時に行っておきましょう。

UberEats(ウーバーイーツ)レストラン登録
【無料】掲載申請フォームはこちら

上記のリンク先で、UberEats(ウーバーイーツ)の「レストランパートナー登録サイト」を紹介しています。「UberEats加盟店」への申請登録が利用可能となります。

注意
紹介している情報は、2020年6月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。
ウォルトとは Woltとは 始め方 配達員 登録方法 配達パートナー 配達エリア 対応地域 範囲外 エリア拡大予定 配達料 注文方法 頼み方 サービスエリア 地域 エリア 範囲 Wolt ウォルト サービスエリアWoltとは|ウォルト始め方・配達員・配達エリア・配達料・注文方法

「DiDi Food(ディディフード)」始め方・配達員登録・注文方法・頼み方

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録