これからは「個人で稼ぐ時代」です。

アレクサ・スキル・ブループリントとは|素人でもAIプログラミングが出来る時代が来る!

Alexa Skill Blueprints アレクサ・スキル・ブループリントとは

Alexa Skill Blueprints(アレクサ・スキル・ブループリント)とは

Alexa Skill Blueprints(アレクサ・スキル・ブループリント)とは、AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」で利用できる「スキル」機能を、プログラミング知識がないユーザーでも、自由かつ直感的にカスタマイズできるように作られた、無料のプラットフォームです。

Alexa Skill Blueprints(アレクサ・スキル・ブループリント)で、アマゾンが目指している目的地は「AIの民主化」だそうです。知識のない小学生でも、直感的にAIプログラミングが作れる時代を、アマゾンは本気で目指しているのです。

2018年に発表された、この「アレクサ・スキル・ブループリント」を利用すれば、プログラミングコードが書けない中学生でも「アレクサ」の「スキル」を組み上げ、カスタマイズされた「スキル」を、プラットフォーム上に配信することができます。

例え、機械学習の専門家でなくても、例え、「ディープラーニング」や「コンピュータービジョン」や「コンピュータースピーチ」についての理解がなくても、既に用意された「テンプレート」を、自由に組み合わせていくことで、子供でもAIプログラミングの作成が、簡単にできる世の中が、既にそこまで、やって来ているのです。

この「アレクサ・スキル・ブループリント」を知って、僕はそう考えるようになりました。

※ディープラーニングとは、「コンピューターによる機械学習のことです。人間の脳の神経回路を模したニューラルネットワークを多層化することで、コンピューター自らが、大量のデータを適用し、人間を凌ぐパターン認識力を持つための学習方法です。直訳すると【深層学習】と表現されます」

 

※コンピュータービジョンとは、「コンピューターに取り入れた生の画像を処理して、必要な情報を取り出す技術のことです。地球探査衛星から送られてくる映像の処理や、CTスキャンなどの画像診断に活用されています。」

 

※コンピュータースピーチとは、「コンピュータービジョンの音声バージョンです。コンピューターに取り入れた音声を処理して、必要な情報を取り出す技術のことです。」

将来「音声アシスタント」はあらゆる場所で日の目を見る

アマゾンの人工知能 Alexa(アレクサ)は、スマートスピーカーの「Amazon Echo」に搭載される形で、一般家庭からスタートしました。実は、僕たちの知らないところで、アレクサの導入は、広がりを見せていて、現在では、自動車やホテルにも「アレクサ」が導入されつつあるそうです。

このまま「アレクサ」の性能が向上していけば、将来的には、病院や職場など、あらゆる場所で「アレクサ」が日の目を見る世界がやってくるかもしれませんね。

僕自身は、そういう未来が早く来て欲しいと思っている人間なので、今からとてもワクワクしています。

「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」 ブラッド・ストーン

 

Kindle版 単行本 Audible版

※現在、「Audible版」は利用できません。ご注意ください。

 

【ファンディーノ】未公開株の売買ができる「株式投資型クラウドファンディング」

「DAZN(ダゾーン)」無料体験の登録・視聴方法を解説