これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Fireタブレット(ファイヤータブレット)とは?Kindleとの違い

fire HD 7 8 10 アマゾン Amazon Fireタブレットとは ファイヤータブレットとは

Amazonの「Fireタブレット」とは?

「Fireタブレット(ファイヤータブレット)」とは「Amazon(アマゾン)」が発売している「タブレット端末」のことを言います。

「Apple(アップル)」が発売している、有名な「タブレット端末」である「i Pad(アイパッド)」の「Amazon版」の機種だと言うと伝わりやすいかもしれませんね。

Fireタブレットの「特徴と利用者」

「Fireタブレット」の「特徴」と、このような人におすすめだよ、という属性を書き出してみました。

「Fireタブレット」をおすすめしたい人

  • 「Amazon Prime」や「Prime Student」に入っている人
  • 「タブレット端末」を購入したことがない人
  • 「読書」や「動画」など、軽い作業で使いたい人
  • とにかく安く購入したい人
  • ソーシャルゲームの「重課金ユーザー」

Fireタブレットは「タブレット入門機種」

「Fireタブレット」に搭載されている「OS」は「Androidベース」の「Fire OS」という「Amazon独自のOS」が搭載されています。

ただし、「Fire OS」は「Android(アンドロイド)」を、アマゾンが独自にカスタマイズしている「OS」のため、使えるアプリが「Android」より「少ない」ので、その点は、少し物足りなさと、違和感を覚えるかもしれません。

「アプリの少なさ」問題を解決するために、裏ワザ的に「Androidアプリをインストールする方法」もありますが、メーカーのサポート外となるために、何か不具合や問題が発生した場合は、自己責任となってしまいます。

また「Fireタブレット」は、主に、Amazonコンテンツ(Amazon PrimePrime StudentMusic UnlimitedKindle UnlimitedAudiblePrime VideoPrime Music など)が体験できるように作られているのが特徴です。

「Amazonコンテンツ」へのアクセス(誘導)が、主な目的の機種であるため、他のタブレット端末には、当たり前に付いている「Play store」が付いていなかったりします。(Amazon独自のAppstoreは付いています)

ただし、その分、「端末の価格」に関しては、同じサイズの他社メーカーが発売する「タブレット端末」と比較しても、「半額」ぐらいの安い価格帯で販売されており、「タブレット」を初めて購入する「タブレット初心者」の、入門機種としては、最適だと言われています。

あと、インストールできる「ゲームアプリ」は、割引がある「Amazonコイン(アマゾンコイン)」を使うことで、「アプリ内課金」がお得になるため、ソーシャルゲームの重課金ユーザーには、お財布に優しい点が、喜ばれています。(プレイできないゲームもあり、その点、多少のデメリットも存在します)

2018年に発売された「Fire HD 8 キッズモデル」は、子供向けビデオ・子供向け知育コンテンツ&本などが好きなだけ楽しめる「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題になります。(無料期間終了後は月額980円、プライム会員は月額480円になります)

通常、絵本を購入すると1冊1,000円以上しますが、「キッズモデル」では、その絵本が1年間は無料で見放題になりますし、なにより小さい子供が、自分専用のタブレットを持てたことに、大変喜んでくれますよ。

Fireタブレットの「Silkブラウザ」

世間一般に、ブラウザとして有名なのは「Google(グーグル)」が開発した「Google Chrome(グーグルクローム)」や「Apple(アップル)」が開発した「Safari(サファリ)」などですが、「Amazon(アマゾン)」の「Fireタブレット(ファイヤータブレット)」には、「Silk(シルク)」という独自ブラウザが搭載されています。

fireタブレット アプリ silkブラウザ

この「Silkブラウザ」の特徴は、「クラウドサーバーを経由して、ウェブサイトを表示することで、ウェブの表示時間の短縮や高速で動作すること」を可能にしている点などが、挙げられます。

有名なブラウザではないため、不安に思うかもしれませんが、「Silkブラウザ」⇒「Google」に繋いだり、「Silkブラウザ」⇒「Yahoo」に繋いだりできるので、「Amazonの独自ブラウザ」だからと言って、使用中に、特に不便を感じるところは、ほとんどありません。

逆にサクサク動くので、「Amazon」やるな!という感じです。

Fireタブレットの「種類とモデル」

「Fireタブレット」は2019年5月現在で「4種類(4モデル)」が発売されています。

画面サイズが「7インチ」の「Fire HD 7」、画面サイズが「8インチ」の「Fire HD 8」、画面サイズが「10インチ」の「Fire HD 10」の3種類に、画面サイズが「8インチ」の「Fire HD 8 キッズモデル」の1種類の合計4種類です。画面サイズに応じて「価格」と「性能」が上がっていきます。

それぞれ「最上位モデル」の「Fire HD 10」、「中位モデル」の「Fire HD 8」、「廉価版」の「Fire HD 7」、「子供用」の「Fire HD 8 キッズモデル」という感じです。

「Fireタブレット」全モデル(種類)と画面サイズ

※「Fireタブレット」のモデルを特定する時に使われる「第〇世代」という表現は、機種名は関係なく、初期モデルから、発売年ごとに、同じ世代で呼ばれています。2017年発売モデルは、すべて「第7世代」、2018年発売モデルは、すべて「第8世代」という感じです。

モデル(種類) Fire HD 7 Fire HD 8 Fire HD 10 Fire HD 8

キッズ

画面サイズ 7インチ 8インチ 10インチ 8インチ

価格

容量

16GB 5,980円 8,980円
32GB 7,980円 10,980円 15,980円 14,980円
64GB 19,980円
解像度 171 ppi 189 ppi 224 ppi 189 ppi
カラー ブラック ブラック ブラック ブルーorピンク
プロセッサ クアッドコア

1.3Ghz

クアッドコア

1.3Ghz

1.8Ghz×2、1.4Ghz×2

クアッドコア

クアッドコア

1.3Ghz、1.5GB RAM

Alexa搭載 あり なし あり なし
ストレージ 16GB / 32GB 16GB / 32GB 32GB / 64GB 32GB
microSD容量 256GBまで 400GBまで 256GBまで 400GBまで
カメラ フロントカメラ&2メガピクセルリアカメラ 2メガピクセルフロントカメラ&2メガピクセルリアカメラ フロントカメラ&2メガピクセルリアカメラ 2メガピクセルフロントカメラ&2メガピクセルHDリアカメラ
バッテリー 8時間 10時間 10時間 10時間
サイズ 192×115×9.6mm 214×128×9.7mm 262×159×9.8mm 244×155×26mm
重量 295g 369g 500g 474g
コンテンツ テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲーム、ネット テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲーム、ネット テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲーム、ネット 絵本、学習まんが、児童書、子供向けアプリ、ゲーム、ビデオ知育コンテンツ、英語教材

「最上位モデル」は高性能の「Fire HD 10」になりますが、本体のサイズが大きく、重量も重いため、価格帯や外出時の持ち運びを考えると、1番バランスの取れている「Fire HD 8」が「最もコスパが良い機種」だと言えるでしょう。

安さを突き詰める人であれば「Fire HD 7」という選択肢になりますが、「同じ16GBモデル」で「3,000円」の違いしかないのであれば、個人的には「Fire HD 8」を購入した方が良いと思います。

「Fire HD 8 キッズモデル」に関しては、特殊で、「見守り設定」を行うことで「利用時間」や「利用コンテンツ」を制限することが出来ます。対象年齢は、3歳~12歳くらいの「子供」向けの端末です。

軽くて1番安いモデルでも良い人は「Fire HD 7」コスパを重視したい人は「Fire HD 8」性能を重視したい人は「Fire HD 10」子供を静かにさせたい人や、子供の遊び&学習ツールが欲しい人は「Fire HD 8 キッズモデル」を購入するのが、1番良い選び方ではないでしょうか。

僕も実際に購入した「Fire HD 8」の「使い方」を、画像付きで解説している過去記事です。実際に使用した感じや、どのような機能が付いているかなど、ファイヤータブレットの、より詳細な説明を書いていますので、よければチェックしてみてください。

fire tablet ファイヤータブレット fireタブレット 使い方Fireタブレット使い方【ファイヤータブレット説明書・楽しみ方】

「Fireタブレット」と「Kindle」の違い

「Fireタブレット」は、読書専門の「Kindle」と比べて、様々な用途で使える「タブレット」です。

「Kindle」の液晶画面は「白黒」がベース「Fireタブレット」の液晶画面は「カラー」がベースとなっており、「Kindle」と「Fireタブレット」には、はっきりと「白黒」⇔「カラー」の違いがあります。

また、「Kindle」は、読書専用に作られているのに対して、「Fireタブレット」は、読書は、もちろん、「インターネット」「ゲーム」「アプリ」「音楽」「動画」など、オールマイティに、何でもできます。使える機能も、「Fireタブレット」の方が断然多いです。

「Fireタブレット」と「Kindle」出来ること・出来ないこと

名前 Fireタブレット Kindle
商品カテゴリ タブレット端末 電子書籍リーダー
重量 重い 軽い
ディスプレイ カラー 白黒
書籍・マンガ 読める 読める
映画・アニメ 観られる 観られない
音楽 聴ける 聴けない
ゲーム できる できない
アプリ 使える 使えない
カタログ 商品カタログ 商品カタログ

僕の場合は、「Fire HD 8」を購入してからというもの、「Kindle」「Kindle Paperwhite」を触る頻度が、極端に減ったので、「本を読むこと専門で使いたい」という人以外は、Fireタブレットの方が汎用性があって便利です。

ただし、「Fireタブレット」は、長時間、画面を見ていると目が疲れてくるので、長時間の読書の場合は、やはり「Kindle」端末を使って、僕は、本を読みたくなってしまいます。

「Fireタブレット」と同じく「Kindle端末」に関しても、過去記事で、その使い方を、詳しく説明しています。先ほどの記事と合わせて読んで頂くと、「Fireタブレット」との機能の違いが、よく理解できるかと思います。

kindle 説明書Kindle説明書【キンドル使い方・操作方法・使用方法マニュアル】

「Fireタブレット」と「他社タブレット」の比較

Amazon(アマゾン)の「Fireタブレット」と、他メーカーの「タブレット」を比較した時に、最も注目するべきは、「Fireタブレット」の「値段の安さ」だと思います。

「Fireタブレット」の売れ筋モデルである「Fire HD 8」と、同じ8インチ台の、他メーカーのタブレットを比較した際、「Fireタブレット」は、半額以下の値段で購入できてしまうのです。これは驚きですよね。Amazonのタブレットは、とにかく値段が安いのです。

各メーカー「8インチ」タブレットの「安さ」を比較してみた

メーカー名 Amazon Apple Google
商品名 Fire HD 8 iPad mini3 Nexus 7
画面サイズ 8インチ 7.9インチ 8インチ
容量 16GB 16GB 16GB
価格 8,980円 37,800円 22,000円
注意
紹介している情報は、2019年5月時点の情報です。現在は変更している場合もありますので、詳細は「店頭」または「公式サイト」にて、ご確認ください。

「Fireタブレット」はテレビに接続できるのか?

実は、「Fireタブレット」本体には「HDMI端子」が無いので、「ケーブル」を使ってテレビに接続することは出来ません。

もし「Fireタブレット」に「HDMI端子」さえあれば、「Fireタブレット」と「テレビ」を「HDMIケーブル」で繋いで、画面をテレビに映し出せるのですが、現在の「Fireタブレット」には「HDMI端子」がないため、物理的には不可能な状態です。

ただし、別の方法を活用すると「Fireタブレット」と「テレビ」を、無線で接続することが出来るようになりますので、そちらの方法を紹介しておきます。

最も簡単な方法では、お使いのテレビに「Fire TV Stick」を取り付けて、「Fire TV Stick」に「Amazonアプリストア」から、「AirReceiver」という有料アプリを購入してインストールすると、「Fireタブレット」の画面を、そのままテレビに映す「ミラーリング」機能や、YouTubeなどの動画や音楽だけを、テレビに映す「キャスト」機能が、使えるようになります。

「AirReceiver」というアプリは「有料」ですが、たった「数百円」で、「Fireタブレット」と「テレビ」を「無線接続することが出来ます」ので、どうしても、テレビ画面で「Fireタブレット」の画面を映したい人は、試してみてください。

「インターネット」にどうやって繋ぐの?

「Fireタブレット」の「インターネット」への接続方法は、「Wi-Fi(ワイファイ)接続のみ」しかありません。

例えば「Fireタブレット」を「インターネット」と繋ぐ場合は、家の「無線Wi-Fi ルーター」で繋ぐか、「スマホ」と「テザリング機能」で繋ぐか、別途、契約した「無線ポケットルーター」で繋ぐか、もしくは「無料のWi-Fiスポット」がある「お店」や「公共機関」に行って繋ぐ必要があります。

「Fireタブレット」のインターネット接続方法

  1. 自宅の「無線 Wi-Fi ルーター」で繋ぐ
  2. スマホの「テザリング機能」で繋ぐ
  3. 契約した「無線ポケットWi-Fiルーター」で繋ぐ
  4. 「お店」や「公共機関」の「無料 Wi-Fiスポット」で繋ぐ

「Fireタブレット」を外に持っていき、外出先で「動画」を観たり、「音楽」を聴きたい場合は、どうするのが、1番良いのでしょうか?

「スマホ」の「テザリング機能」では、「映画」などの動画を観るのには、少し「パワーが足りない」面がありますし、「無線ポケットWi-Fiルーター」を購入してしまうと、「2年更新」などで、決まった解約月でないと、解約金が発生してしまい、途中で解約したくても出来ない状態になってしまいます。

「Fireタブレット」を「インターネット」に繋ぐ場合は、上記のような「無線 Wi-Fi」での接続方法しかありませんので、「外出先」で「Fireタブレット」を使って「動画」や「音楽」を楽しみたい場合は、別売りの「microSDカード」を購入して、「動画ファイル」や「音声ファイル」を、「Fireタブレット」本体に、あらかじめダウンロードした上で、視聴するのが良い方法だと言えます。

「アプリ」の品揃えを改善するには

「Fireタブレット」に付いてくる、唯一の「アプリストア」である「Amazonアプリストア」を見てみると、ラインナップされている「アプリの数や質」が、かなり悪く、「あのアプリを入れたい」と思っていても、実際、欲しいアプリが「Amazonアプリストア」に、置いていないことが多々あります。

基本的には「Fireタブレット」は、「Amazon Prime(アマゾンプライム)」などの、アマゾン独自の「サブスクリプションサービス」を「楽しむための端末」だと、割り切って使用するのが「ベター」なのでしょうが、そのように、なかなか割り切れない人は、裏ワザとして「Google(グーグル)」の「アプリストア」である「Google Play」を「インストール」できる方法も、存在します。

fire google play インストール

「Google Play」を「Fireタブレット」に「インストール」して「Android化」することで、「Androidアプリ」が「Fireタブレット」でも使えるようになり、他のAndroidタブレットとも、遜色なく、「アプリ」を使用できるようになりますので、興味がある人は、1度、チェックしてみてください。

Fireタブレット Google Play インストール AndroidFireタブレットにGoogle Playをインストールする方法|Android化

まとめ

今回は「Fireタブレット(ファイヤータブレット)」とは「どういう端末なのか?」を中心に、「Fireタブレットの性能」、「Fireタブレットのモデルの選び方」、「他のメーカーが発売しているタブレットとの違い」など、「Fireタブレット」についての、色々を紹介してきました。

僕自身も、「ファイヤータブレット(Fire HD 8)」を使って、「ネットで調べもの」をしたり、暇な時は「読書」をしたり「動画」を観たり、「書いたブログ記事の見た目をチェック」したりと、まさに「マルチな活用法」で、日々、「Fireタブレット」を、使わせてもらっています。

もし、皆さんも、「タブレット端末」に興味が湧いたなら、1度、気になる端末を、調べてみてくださいね。

Fire HD 8タブレット 評価 ファイヤータブレット【評価】Fire HD 8 タブレットの評価は本当か?超個人的レビュー

Amazonギフト券でAmazonポイントを「2.5%還元できる」お得な活用方法…