これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Amazon Audible(オーディブル)評判・口コミが気になる人「必見」

アマゾン Amazon Audible オーディブル 評判 口コミ

Audible(オーディブル)評判・口コミとが気になる人へ

Amazon(アマゾン)の「Audible(オーディブル)」は、Amazon(アマゾン)が提供するボイスブック」の「有料定額配信サービス」です。

最近、僕は本を読む時間を確保することが困難なくらいに忙しくなってきているため、移動中のスキマ時間や、掃除・洗濯をしている最中に、耳にイヤホンを突っ込んで「Audible(オーディブル)」から「ボイスブック」を聴いています。

Audible(オーディブル)」では、一度、ボイスブックを購入すると、オフライン再生でも、繰り返し何度も聴くことができるので、とても便利です。

今回は、「Audible(オーディブル)」の口コミや評判が気になる人へ、1年以上、「Audible(オーディブル)」を実際に利用した僕が、メリットやデメリットを解説していきたいと思います。

※「Audible(オーディブル)」では、「オーディオブック」の事を、「ボイスブック」と呼びます。

※以前は、「Audible(オーディブル)」も「ボイスブックの読み放題サービス」として、サービスを提供していたのですが、今は、月額1,500円の「定額買い切りサービス」に移行しています。月額料金を支払うことで、毎月1枚「コイン」が貰える「コイン制」へと移行しています。

30日無料体験はこちら

1年間継続して感じたAudibleの「メリット」

僕が考える「Audible(オーディブル)」のメリットの1つ目は「4倍速」での速聴が出来る点です。

「Audible(オーディブル)」では、配信される「ボイスブック」の再生速度を、「2倍速」はもちろん「最大4倍速」まで上げて、速聴をすることが出来るのです。

僕は、この「4倍速」が出来る点が、「Audible(オーディブル)」の大きなメリットだと感じていて、知識や情報を、頭に定着させるためには、繰り返し何度も、聴いたり・体験しなければなりませんが、この時に便利なのが「速聴機能」を持ったアプリやツールなのです。

その点「Audible(オーディブル)」は、購入したボイスブックを、最大「4倍速」で速聴できるので、とても、重宝しています。

この倍速再生に関しては、「YouTube(ユーチューブ)」なども、標準機能で「2倍速」までは、速度調節を行うことが出来ますが、「4倍速」までの速度調整ができるのは、「Audible(オーディブル)」以外には、実はなかなか珍しいのです。

昔は、僕も「iPhone(アイフォン)」に録音した音声を「倍速以上で再生できるアプリ」が、無料で落ちていないか探していたこともあるのですが、色んな無料アプリを試してきた中でも、「4倍速」まで、速度調節が可能なものは、結局、見つかりませんでした。

(無料アプリでは、2倍速までが限界で、どれも4倍速での再生は出来ませんでした。)

「Audible(オーディブル)」は「4倍速」の再生を可能にしてくれているだけでなく、「4倍速」で聴いても、音割れしない音質の良さもあり、「Audible(オーディブル)」で「ボイスブック」を購入して、「4倍速」で視聴する有難さは、今でも「Audible(オーディブル)」を継続して使っている要因の1つとなっています。

Audibleの良いところ

こんな人は「Audible(オーディブル)」を使ってみよう

僕が考える「Audible(オーディブル)」を使ってみて欲しい人を、以下に記載しました。

  • 英語のリスニング学習をしたい人
  • 忙しく時間のない「ビジネスマン」
  • 家事育児で忙しい主婦
  • 目が不自由な人

まず、「Audible(オーディブル)」は、「英語のリスニングを学習したい人」におすすめです。

「Audible(オーディブル)」には、あなたの英語レベルに応じて、様々な洋書が大量に用意されていますので、それらの洋書を購入して、普段から聞き流すことで、スキマ時間を使って、効率よく、英語のリスニング学習にも、利用できます。

次に、普段、忙しく時間のない「ビジネスマン」や、家事育児で自分の時間が取れない主婦の人の「貴重な学習の場」としても、「Audible(オーディブル)」が活用できます。

僕がサラリーマンをしていた時に、よくやっていたのは、「ビジネス書」「経済書」などのボイスブックを「Audible(オーディブル)」で購入しておき、会社へ行く片道30分の通勤時に、イヤホンを耳に突っ込み、「2倍速」~「4倍速」の音声を流して、本を聴くという日々を、仕事へ行く日は、毎日行っていました。

おかげで、紙の本を読む時間さえ取れなかった当時の僕でも、2~3日に1冊のペースで、本を読んでいくことが出来たのは、とても満足感のある日常でした。

主婦の人などは、掃除・洗濯・皿洗いなどをしている時、手を動かす以外に、ただ過ぎていく時間を放置するだけでは、もったいないので、「Audible(オーディブル)アプリ」をダウンロードした「iPhone」をポケットに入れて、ワイヤレスイヤホンを耳に装着し、掃除・洗濯・皿洗いをすると、ただ過ぎていた無駄な時間を「自分の勉強や娯楽や趣味」などの時間に変えることが出来ます。

また、このような使い方が出来るんだなと感心したのは、目が不自由な「お爺ちゃん・お婆ちゃん」が、紙の本を読みたくても、読めない状況だったため、気を遣った子供さんが、自分の親のために「Audible(オーディブル)」の月額会員を契約し、「お爺ちゃん・お婆ちゃん」が好きな小説の音声を流して、本を聴かせてあげているという体験談を聴いた時です。

これを聞いた時は「なるほど!」と思い、このような「目が不自由な人」にとっても、「Audible(オーディブル)」は、便利な使い方が出来るのだなと感心しました。

オーディブルの始め方

「Audible(オーディブル)」の「コイン制」とは

「Audible(オーディブル)」の月額料金は「1,500円」です。

この「Audible(オーディブル)」の月額会員になると、毎月必ず「1コイン」が、会員には付与されます。

現在の「Audible(オーディブル)」では、このような「コイン制」という制度が導入されており、「Audible(オーディブル)」内で、「ボイスブック」を購入する時には、ボイスブック1つを、この「コイン」1枚と交換するか、「クレジットカード決済」で単品購入するかの「2択」を選ぶ必要があります。

こうして、「Audible(オーディブル)」月額会員は、ボイスブックの価格に関係なく、1コインで、1タイトルの「ボイスブック」を購入することが出来るのです。

コイン制とは?

「Audible(オーディブル)」コインのお得な使い方

「Audible(オーディブル)」のお得な使い方を紹介します。

僕が実際にしている使い方では、「1,500円以上の値段の付いたボイスブックを購入する時」は「コイン」を使って購入し、「1,500円以下のボイスブックを購入する時」は、「クレジットカード」を使って購入するようにしています。

先ほども説明しましたが、「Audible(オーディブル)」では、1,500円のボイスブックでも、3,000円のボイスブックでも、持っている1枚のコインを使って交換できるため、持っているコインは、値段の高いボイスブックの購入にあてた方が、損をしないお得な使い方と言えるのです。

実は、「Audible(オーディブル)」月額会員になると、「クレジットカード」を使った単品購入にも、割引が付いてきます。「クレジットカード」を使って、ボイスブックを単品購入する場合は、月額会員は、「通常価格の30%割引」でボイスブックが購入できるという「特典」が付いてくるのです。

audible 特典 おすすめ本 オーディオブック ビジネス書

Audibleコインの「有効期限」と「解約後のコイン」は?

「Audible(オーディブル)」コインの有効期限は「6ヵ月間」です。

その月に使用しなかったコインは、自動的に翌月へ繰り越されますが、未使用のコインの有効期限は、入手日から数えて「6ヵ月間」という期限が決められています。ですので、手に入れたコインは、なるべく早く使い切るようにしましょう。

また、コインの有効期限は「6ヵ月」ですが、一度、ボイスブックを購入してしまえば、無制限に何度でも、聴くことが出来ますので、「コイン」は有効期限が切れる前に、忘れないように、ボイスブックに変えておくことを、おすすめします。

Audibleの解約方法

「Audible(オーディブル)」解約後の「コイン」はどうなる?

ちなみに、「Audible(オーディブル)」月額会員を解約すると、残っている保有コインは、すべて消滅してしまいます。

「Audible(オーディブル)」の月額プランを解約しても、解約後も、購入したボイスブックは、何度でも聴くことが出来ますので、「Audible(オーディブル)」の月額プランを解約する前には、必ず持っている「コイン」を使いきって、ボイスブックに変えておくようにしましょう。

オーディブルのお得な使い方

Audibleの「デメリット」は?

「Audible(オーディブル)」の「デメリット」を考えてみると、新刊本やベストセラー本の「ボイスブック」が、まだまだ少ないという点が、挙げられると思います。

僕の理想を言うと、「紙の本」や、「電子書籍」が発売されるのと同時に、「ボイスブック」も発売されるようになるのが理想なのですが、売れるか売れないか分からない本に対して、ボイスブックの朗読者を雇い、ボイスブックを制作するのは、リスクが伴います。

実際に「ボイスブック」の制作は「初期コスト」が大きくかかり、「本を朗読してくれる人を雇う」こと自体に、かなりの「コスト」がかかります。

以前は、聴き放題サービスが、本のラインナップを充実させるための「足かせ」になっていた可能性があるのです。

これは最初に説明した「読み放題」⇒「コイン制」に移行した理由とも重なってくるのですが「Audible(オーディブル)」側とすると、ユーザーに魅力を感じてもらいやすい「新刊本」や「ベストセラー本」を作っていけるように、コイン制へ移行したという思惑があるのです。

コイン制へ移行した当初は「改悪だ!」と、評判や口コミを流されながら、移行していた当時を、今でも覚えています。

事業として「質や量を改善していく」ためには、「聴き放題サービス」を終了して、コイン制に移行することで、将来的に、今よりも良いサービスになるという「運営側の経営判断」があったのだろうと予想されます。

その証拠に「コイン制」になってから「ボイスブック」の質や量が、以前にも増して、高くなっているのが、よく分かります。

今では、かなり、本のラインナップが充実してきており、毎月、本を選ぶのが楽しいと感じるくらい、種類が豊富になってきました。

オーディブルが聴き放題をやめた理由

「Audible」の「無料体験」に登録する

amazon baby registry 無料体験

「Audible(オーディブル)」には、初回登録の方のみ「30日間の無料体験」が付いてきます。

もちろん、無料体験を試してみて、自分自身に合わないと思った場合は、無料体験中に解約することも出来ますよ。

無料体験中に「Audible(オーディブル)」を解約することで、月額料金は支払わなくて済みますので、興味を持った人は、お気軽に「無料体験」を申し込んでみるのも、おすすめです。

ただし、「無料体験」の終了後は、有料会員へ「自動移行」されますので、継続したい人は、そのままサービスを利用して、「Audible(オーディブル)」を解約したい人は、無料期間の間に、解約するようにしてくださいね。

Audibleの無料体験

まとめ

今回は「Audible(オーディブル)」を1年以上使ってきた、僕の率直な感想を、お伝えしました。

もし、「Audible(オーディブル)」に興味を持った人がいましたら、まずは「無料体験」から、お試しくださいね。

以上です。

プライムデー 2019プライムデー2019|Amazon 1年に1度のビッグセール開幕

Kindle Unlimited【30日無料体験】月1冊で元がとれる「多読生活のススメ」