これからは「個人で稼ぐ時代」です。

【PayPal共同創業者】ピーター・ティールとは?ペイパル創業者でありFacebookの価値を見抜いた男の投資哲学 4選

ピーター・ティールの投資哲学

ピーター・ティールは、本名「ピーター・アンドレアス・ティール(Peter Andreas Thiel)」と言います。

ピーターティールは、あの「PayPal(ペイパル)」の共同創業者(有名な起業家「イーロン・マスク」も創業者の1人です)であり、まだ注目されていなかった頃の、フェイスブックの初期投資家としても有名な方です。

この、ピーター・ティールの凄い点は、創業まもない「Facebook」の価値を見抜き、Facebook初の外部投資家となったことです。当時は「海のものとも山のものとも分からなかったFacebook」に、多額の投資を行うことを決断させた「ピーター・ティール」の中にあった「投資哲学」とは、いったい何だったのでしょうか?

今回は、「ピーター・ティール」の「投資哲学」について、調べたことをまとめてみました。

リクルートエージェント おすすめ 求人 転職エージェントリクルートエージェント登録方法・無料申し込み|転職エージェント始め方・使い方・口コミ・評判

Facebookにはった男、ピーター・ティールの投資哲学 4選

1.逆張りから入る

トレンドとは逆に投資し、優れたイノベーションを認め、適切なタイミングを見定めることでしか、法外な利益を上げることはできない。ピーター・ティール曰く、「隠されているドア、脇にあっても誰も入ろうとしないドアから入れ。人が殺到しているドアは避けるようにしろ」だそうです。投資の神様である、ウォーレン・バフェットも同じようなことを発言していますよね。「他の人間がパニックに陥っているときに買い、他の人間が貪欲になっているときに売れ」という言葉は、あまりにも有名です。

2.選択と集中(徹底的に絞り込む)

「色んな投資案件に投資し、成功を祈るだけの投資家は無能を自ら証明している」と、ピーター・ティールは考えています。ピーターティールは、「創業者(人物)」と「ビジネスモデル」を吟味し、本当に評価できる少数の「スタートアップ」に投資先を絞り、そこに「集中投資」しているのです。これも、ウォーレン・バフェットの哲学とよく似ていますよね。バフェットも「多角化を良しとしない」考えで有名です。優れたポートフォリオは10銘柄以下で構成されるべきだというのが、彼らに共通した考え方です。

3.自分が分からないものに投資するな(守備範囲を固めろ)

投資は、自分が本当に理解できるものだけに行う。そして現地の事情を知り尽くしている「場所(土地)」だけで行うことが鉄則だと、ピーターティールは言っています。この考え方も、偶然にも、ウォーレンバフェットの哲学と一致しています。ピーターティールは「シリコンバレー」と「スタンフォード近辺」のみを、常に視界に入れて、投資を行っているようです。これは、企業と創業者が常に見える位置で、「無駄な移動」などに、労力を消費されないようにするためだそうです。

4.二番煎じではなく、長期的な視点に立つ「真のイノベーション」に投資する

「平凡な投資家は、安全な馬にまたがって、二番煎じのカメラアプリやSNSに投資している。」「だが、こうした模倣品からは、高い利回りは期待できない。」と、ピーター・ティールは考えます。真のイノベーションだけが、投資の成功をもたらすという哲学が、ピーター・ティールには存在します。そして、イノベーションには時間がかかることを理解し、投資した企業が強みを発揮できるようになるまで、何年も我慢する忍耐力も持ち合わせています。

※単行本のみです

※単行本のみです

キンドル初心者へ、どこよりも詳しいKindleの「画像付き説明書」作ったよ…

「DAZN(ダゾーン)」無料体験の登録・視聴方法を解説