これからは「個人で稼ぐ時代」です。

株式会社とは?株式会社の「仕組み」と「設立」の歴史を徹底解説!

株式会社とは

株式会社とは?

「株式会社(かぶしきかいしゃ)」とは、「多くの人からお金を集めて作った会社」のことです。

この株式会社には、「お金が儲かったら、お金を出してくれた人に、儲けの一部を分け前として払う仕組み」があるのですが、皆さん知っていましたでしょうか?

「当たり前だよ!」と思う方もいるかもしれませんが、改めて「株式会社」のことを勉強してみると、当たり前だと思っていた「株式会社」についての事でも、意外と知っているようで知らないことも沢山あったりするのだなという発見が出てきたのでした。

今回は、僕が、皆さんも知っているようで知らない「株式会社」の仕組みを調べてきましたので、株式会社についての事を、なるべく分かり易く、簡単な言葉で解説していきたいと思います。

リクルートエージェント おすすめ 求人 転職エージェントリクルートエージェント 無料登録|転職エージェント始め方・使い方

【仕組み】オランダの貿易会社が株式会社の始まりだった

世界で最初の株式会社は、1602年にオランダで出来た「東インド会社」だといわれています。

当時のヨーロッパでは肉を保存するためや、料理をおいしくするために香辛料を必要としていました。

こうした香辛料は、東南アジア、とりわけインドネシアで多数取れたため、インドネシアに香辛料を取りに行く会社として作られたのが「東インド会社」だったわけです。

ただし、簡単にインドネシアに香辛料を取りに行くといっても、当時は飛行機なんてありませんし、ヨーロッパから東南アジアへは、船を使ってアフリカ大陸の南側を回っていかなくてはなりません。これは、当時からすると、大変困難な旅だったのです。

せっかく船を作って乗組員を雇い、航海に出しても、インドネシアに着く前に、トラブルが起こり、船が沈んでしまっては、会社は大損害を被ります。

そこで、誰か一人だけが危険(リスク)を負うのではなく、「みんなから少しずつ資金を集めて会社を作る方法」が、生み出されたのです。

香辛料を大量に買い付けて無事に、オランダに帰国すれば、香辛料は高く売れますから、大儲けとなります。この儲かったお金を、最初に出資した人たちで山分けしたのです。

これが、最初の「株式会社の仕組み」となりました。

もし、個人で会社を経営していて会社が破産したら、経営者も破産してしまいます。しかし、みんなが少しずつ資金を出して「株式会社」を設立していれば、「リスクは限定的(ローリスク)」となり、万が一倒産をしても、損をするのは最初に出した「お金」の分だけで、最終的には、経営者も破産しないで済むのです。

このように「株式会社」という仕組みが出来てからは、多くの人からお金を集めることさえできれば、小さな個人でも、大きな仕事に取り組むことができるようになり、経済は急速に発展していくことになったのです。

ペイペイ ペイペイとは PayPay 使い方 お店 導入 新規登録方法PayPay(ペイペイ)とは|PayPay使い方・お店導入・新規登録方法

【株式会社は誰のモノ】お金を出した人が一番偉い株式会社

株式会社を設立するために「お金」を出してくれた人に対しては「株券」という書類が発行されます。この「株券」の持ち主が、よく聞く「株主(かぶぬし)」です。

株式会社は、株主がお金を出してくれたから仕事をすることが出来ます。つまり、株主が居てこその株式会社といえるため、株式会社の序列の中では、株主が一番偉いといえるでしょう。

世界最初の株式会社である「東インド会社」も、株主が船長を雇い、船長が乗務員を集めたことを考えると、現在の株式会社も、株主が社長を雇い、社長が社員を集めていますので、やはり、株主(お金を出した人)の序列は、一番高いのです。

※株主が集まる総会を「株主総会」と言います。株主総会では「取締役」たちを選び、この「取締役」たちの中から、「社長」が選ばれ、会社を経営していきます。

※取締役とは、取締役会の構成員のことです。取締役は、会社の業務執行や意思決定に参加する者で、株主総会で選任されます。取締役会とは、「すべての会社に必ず置かなければいけない機関のこと」を言い、株主総会で選任された取締役たちで構成されます。

DAZN ダゾーン 無料期間 無料体験 無料トライアル 登録 加入 入会 申込み 解約方法 料金 使い方DAZN(ダゾーン)無料体験の登録・視聴方法|無料トライアル期間中の解約方法

普段の経営は「取締役」に任せ、株主総会では重要事項を決定する

株主は、株式会社の持ち主にはなりますが、日常の会社経営は経営者に任せています。これを経営学では「所有と経営の分離」と言います。

このように、株式会社において「所有と経営」は分離されているのですが、株式会社は、株主(お金を出してくる人)あっての、組織となりますので、年に1回、株主たちに集まってもらって、経営者の経営方針を説明し、株主の了解を得ることになっています。

これが「株主総会(かぶぬしそうかい)」と言われる集まりになります。

株主総会では、取締役(経営者)を選んで、クビにしたりすることもできます。

ただし、会社の経営がうまくいかず、株主に配当金がでなくなっても、最終的には、会社の所有者である株主の責任になりますし、万が一、会社が倒産しても、やはり結局は株主の責任となるため、株主というのは、会社をただ所有しているだけの人という役割ではないことが、お分かり頂けるかと思います。

キンドルアンリミテッド Kindle Unlimited 使い方 料金 解約方法 おすすめ ラインナップKindle Unlimited 使い方|キンドルアンリミテッドの使い方&解約方法

株式市場の誕生【株の売買で利益を得る人が出現した】

株を持っていると、その会社が儲かった時に、株主に「配当(はいとう)」が配られます。この配当は、会社が儲けている間は「配当も多くなったりします」が、会社が儲からなくなると「今回は配当を渡せません」ということも、起こり得ます。

こうなると、「高い配当」を出す株は、みんなが欲しがり、人気が出て、その「高い配当を出す株を私に売ってください」という人が現れるようになります。最初にお金を出した値段よりも、高い値段で売れる株がたくさん分かってくると、「株を買って、売るという行為を行うことで、お金を得る人」も出現してきます。

こうして、「株」を売ったり、買ったりできる場所が誕生したのです。

これが「株式市場(かぶしきしじょう)」です。

株式市場では、昔は株主たちが、直接会って株を売買していましたが、「株の売り買いの手続きを行う専門家」に任せる人が増えてきました。この専門家たちの集団が、近年の「証券会社」に発展していくのです。

現在では、パソコンやスマホから、証券会社に売買を頼むと、証券会社がコンピュータ上で売買取引を成立させています。

会社の業績が良く、たくさんの配当がもらえる株は、その株の人気も上がり、株価も上がります。逆に、会社の業績がよくないと、「配当がもらえそうにない」と考えた人たちが、株を売ろうとするために、「需要と供給の関係」から、株価は下がるのです。

※需要と供給の関係とは、「需要」が多ければ価格は上昇し、「供給」が多ければ価格は下落するという関係のことです。「株価の需要と供給の関係」では、「生命保険会社や銀行、投信などの機関投資家」「外国人投資家」「大手証券会社」「個人投資家」などが、大きな影響力を持っています。

audible 速聴 4倍速Amazon Audible(オーディブル)無料体験登録|オーディオブック

キンドル初心者へ、どこよりも詳しいKindleの「画像付き説明書」作ったよ…

「DAZN(ダゾーン)」無料体験の登録・視聴方法を解説