【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア

ウーバーイーツ 東京都内 稼げるエリア Uber Eats 都内23区 おすすめ 配達エリア UberEats

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をしたい人や、「注文者」として「商品の注文」をしたい人は、まずは「ユーザー登録」をする必要がありますので、「ユーザー登録」が完了していない人は、先に「登録」を済ませて下さい。

UberEats「ユーザー登録」

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア地域・配達員登録

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼ぐために「東京都内」の「稼げるおすすめエリア」を紹介していきます。

基本的に、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼ぐためには、「配達リクエスト(配達依頼)」が多く流れてくるエリアで「待機」しなければいけません。

「配達リクエスト(配達依頼)」が多く届くようにするには、「お店」が集中しているエリアで待機することが、重要になってきます。

お店が多いエリア
  1. 「六本木」「麻布十番」「恵比寿」「広尾」など
  2. 「赤坂」「青山」「原宿」「渋谷」「新宿」「新橋」「田町」など

UberEats(ウーバーイーツ)東京都内23区稼げるエリア考察

個人的第1位:初心者におすすめ「港区(六本木エリア・赤坂エリア・汐留エリア)」

結論から先に言うと、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」初心者で「東京都内のエリア」で稼働したいなら、間違いなく「六本木」がおすすめです。

また、東京23区屈指の「ブースト(ボーナス報酬)」が付くエリアが、「六本木」のある「港区」周辺なので、「報酬単価も高くなる傾向」にあります。

おそらく、東京都内で、最も「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が集まるエリアが「六本木」を中心とした「港区」エリアだと思います。

「六本木」は、「六本木」自体でも注文数が多い上に、複数ある「注文が多いエリア」の中心に位置しているため、例えば「品川方面」や「青山方面」「恵比寿方面」など、様々な「稼げるエリア」へも移動できるのが強みです。

特に、「平日の夜」や「土日の昼間」の「時間帯」は、「六本木」周辺だけで、多くの注文数が捌けますので、おすすめです。

ただし、配達先が「タワーマンション」であることが多い点や、走る道自体が「坂道」が多くあるので、「体力的にはしんどくなる」こともあります。

自転車で配達するなら、「電動アシスト付き自転車」が、おすすめです。

ある程度、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼げるようになったなら、「電動アシスト付き自転車」を購入して、「パートナーセンター」で登録車両を変更してもらい、乗り換えるのも良いでしょう。

もちろん、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」なので、「配達の仕事」のために購入した「道具」などは、「経費」として計上して、その分は、支払う「税金」を安くすることができます。

「港区界隈」の坂道や、「港区」に多くある「タワーマンション」特有の「セキュリティチェック」や、商品受け渡しまでの「時間ロス」に疲れた人は、「渋谷区」に移動して「配達リクエスト」を待つのも良いでしょう。

個人的第2位:お店が多く配達リクエストが多い「渋谷区」

「港区」に次いで「ブースト」と呼ばれる「ボーナス」が付きやすいのが「渋谷区」での「配達」です。

また、「レストラン(飲食店)」の数も多く、常に「配達リクエスト(配達依頼)」が期待できるエリアでもあります。

特に「渋谷エリア」に関しては、「ファーストフード店」が中心になってきます。

また、「配達先」も、同じ「渋谷区」に配達することが多い傾向が見受けられるので、エリアをウロウロ横断することが少なく、効率の良い稼ぎ方が出来ます。

基本的に、「東京都内(23区)」で「配達の仕事」をしていると、暇になったら「渋谷に行ってみるか」という感じで行くことが多く、もちろん、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の初心者にも、「渋谷での配達」は、おすすめです。

また、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」にとって1番重要な「坂道」の有無ですが、「渋谷区」にも、「道玄坂」や「宮益坂」を筆頭に「坂道」はあるのですが、「坂道ばかりでキツいエリア」と比べると、「まだ、配達はしやすい」という感じで、比較的、体力を消耗せずに配達が出来ます。

個人的第3位:大都会で配達リクエストが多い「新宿区」

「港区」「渋谷区」に比べると、「ブースト倍率」が下がりますが、「新宿区」も安定した配達の高需要があり、飲食店も集中しているので、おすすめです。

ただし、「四谷・市ヶ谷・神楽坂」辺りは、とにかく坂道が多く配達が大変なので、比較的、配達のしやすい「新宿駅」周辺や「高田馬場」周辺などで待機し、結構な頻度で流れてくる「配達リクエスト(配達依頼)」を捌いていくのがベストです。(※配達先で四谷・市ヶ谷・神楽坂あたりに飛ばされることもありますが・・・)

東京都内23区稼げるエリア:まとめ

東京都内(23区)の稼げるエリアとしては、特に需要の高いエリアだと「渋谷」「六本木」「恵比寿」「麻布十番」周辺の注文数は、常に多いため、この近辺で待機できれば、初心者の人は稼ぎやすいかと思います。

また、実際に「六本木」「渋谷」「新宿」などの「注文数」が多いエリアでは、原付バイクだと「配達リクエスト」を待っているスペースを確保するのが大変なので、「自転車」が、やはり効率的です。

東京都内23区の配達のコツ・稼ぐ方法
  • 原付バイクよりも「自転車」で登録する
  • 小型で小回りが効き、タイヤが大きめの自転車
  • 電動アシスト付きの自転車なら、坂道でも配達が楽に
  • 「六本木」を中心に「渋谷」「恵比寿」「麻布十番」「新宿」「新橋」などの高需要エリアで待機して待つ

東京都内23区であれば、上記のスタイルで、動き回るのが、稼ぐための一番良い条件と言えそうです。

UberEats「配達パートナー登録」

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア地域・配達員登録・配達のコツ・配達のやり方・稼げる時間帯

ここからは「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としての「配達のコツ」と「配達のやり方」を、簡単に解説していきたいと思います。

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「効率よく稼ぐ」ためには、「ブースト」や「インセンティブ」をいかに絡めて配達の仕事をしていくかにかかっています。

「時間帯ブースト」がかかる時は、「お昼のランチタイム」や「夜のディナータイム」などの「ピークタイム」と呼ばれる、混雑時の時間帯が多くあります。

これからの時間帯は、店舗への注文数が多くなり、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の人手が足りなくなる時間帯となるため、どうしても「配達員の人数」が欲しい時に、「時間帯ブースト」がかかりやすくなっていますので、この「時間帯」を狙うと、稼ぎやすくなります。

UberEats(ウーバーイーツ)東京都内23区稼げるエリア|配達のコツ・配達のやり方・営業時間・稼げる時間帯

「UberEats(ウーバーイーツ)」には「サービスエリア毎」の「営業時間」が決められており、この「営業時間」外の時刻では、「お店側」でも配達をしてもらうことができないことになっていますので、注意して下さい。

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「システム自体」の「営業時間」は、「サービスエリア毎」に異なっており、例えば「東京エリア」の「営業時間」は、以下の通りとなっています。

営業時間 8:00~25:00

東京エリア(東京都内23区)
東京都豊島区文京区新宿区台東区
千代田区渋谷区港区目黒区
中央区墨田区江東区品川区

営業時間 9:00~24:00

東京エリア(東京都内23区)
東京都中野区北区杉並区板橋区
練馬区世田谷区大田区足立区
荒川区江戸川区葛飾区
東京エリア(都内23区以外)
東京都

武蔵野市調布市三鷹市狛江市
西東京市東久留米市小金井市府中市
国分寺市立川市小平市東村山市
日野市八王子市町田市国立市
東大和市昭島市羽村市福生市
武蔵村山市稲城市多摩市

注文の需要が高いエリアが、営業時間8:00~25:00に設定されていますので、このエリアを狙って「配達エリア」を決めるのも、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としては「合理的」だと思います。

UberEats「最新のサービスエリア」一覧リスト

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア地域・配達員登録

まず、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、効率よく稼ぐためには、「稼げるエリア」=「注文数が多いエリア」で、通常の配達の回数を増やしながら、「ブースト」「クエスト」などの「インセンティブ(追加ボーナス報酬)」が追加される特別な配達をして、報酬を上乗せしていくのが、1番効果的な「稼ぎ方」となります。

UberEats「インセンティブ報酬」について

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|配達員の配達料の計算方法

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が「配達の仕事」をして貰える、基本的な「報酬の計算方法」は以下の通りとなります。

ウーバーイーツ 配達パートナーの報酬の基本料金

報酬「受取料金+受渡料金+距離料金」+「追加ボーナス」ー「ウーバーイーツへの手数料10%」

例えば、東京都で、「配達距離2km」の「1回の配達」を完了すると、「265円+125円+(60円×2)=510円」となり、そこから「サービス手数料10%」が差し引かれるため、「510円ー51=459円」が「2km」の配達を1回した時の、平均的な「報酬」となります。

次に、この459円を稼ぐためにかかる「所要時間」を計算していきます。

ちなみに、ママチャリを含む一般的な「自転車」を使った場合の速度は、「約時速12km~18km」だと言われています。

例えば、間を取って、平均時速15kmくらいで、自転車を使って走るとすると、「自転車1kmにかかる平均時間」は、「60分÷時速15km=4分/1km」となり、1km走るためにかかる自転車の所要時間は「約4分程度」だと分かります。

自転車でかかるおおよその所要時間(距離・時間・報酬)

自転車で走る距離おおよその所要時間東京エリアの報酬※1
1km4分405円
1.5km6分432円
2,0km8分459円
2.5km10分486円
3.0km12分513円
3.5km14分540円
4.0km16分567円
4.5km18分594円
5.0km20分621円
5.5km22分648円
6.0km24分675円

※1:計算式は、「受取料金+受渡料金+距離料金」「ウーバーイーツへの手数料10%」で計算しており、「インセンティブ」などの「追加ボーナス」は考慮していません。

例えば、自転車で走ること以外にかかる時間として、「配達リクエストの待機時間」+「お店への移動距離」+「調理待ちの時間」を、全て合計して「約10分」と仮定すると、「自転車で5km走った場合が約20分の所要時間となるので、+10分をして、5kmの配達を1回行うと、約30分の時間が取られることになります。(稼げる金額は621円/30分)

これを単純に2倍にすると、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「1時間あたりの稼げる金額は、1,242円」となります。

そして、重要なのは、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」であるため、この「時給換算」した「金額」がそのまま手に入るわけではなく、ここから「確定申告」をして、「所得税」を国に収めなければいけないということなのです。

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「パートナーガイド」によると、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼いだ所得は、基本的には「個人」の場合は「事業所得」または「雑所得」に該当するようになるので、「総合課税(累進課税)」が適用され、日本では以下の税率がかかってきます。

年間の所得金額課税される税率控除額
195万円以下5%(住民税10%と合算すると15%)0円
195万円を超え、330万円以下10%(住民税10%と合算すると20%)97,500円
330万円を超え、695万円以下20%(住民税10%と合算すると30%)427,500円
695万円を超え、900万円以下23%(住民税10%と合算すると33%)636,000円
900万円を超え、1,800万円以下33%(住民税10%と合算すると43%)1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下40%(住民税10%と合算すると50%)2,796,000円
4,000万円超45%(住民税10%と合算すると55%)4,796,000円

例えば、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」を副業でやる場合は、「年間195万円以下の稼ぎになることが、ほとんど」だと思うので、「所得税の税率は5%」だと仮定すると、先ほどの「時給換算1,242円ー所得税62円(5%)=手取り報酬1,180円/1時間」くらいが、実際に手に入る金額となるのです。

また「専業」で、会社員並みの「195万円を超え、330万円以下」の所得をあげてしまうと、「所得税率10%」がかかるため、先ほどの「時給換算1,242円ー所得税124円(10%)=手取り報酬1,118円/1時間」ほどの手取り時給となります。

ここまで計算してきたのは、あくまで「改定」となり、おおまかな計算となりますので、参考までに、頭に入れておいてください。

ですので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が、通常のアルバイトよりも稼げるかと言えば、必ずしもそうではないと思いますし、時給換算した単価に関して言うと、通常のアルバイトと、そこまで変わらない水準になっています。

ただし、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」なので、「シフト」や「勤務日」「勤務時間」などがなく、スキマ時間を使って働くことができる「メリット」がある点を考えると、やはり「副業」としてやる分には、かなり「自由度が高く・時間的制約もない・融通の利く副業」として、お小遣いを得るためには、効果的だと言えます。

【解説】所得税とは?

ウーバーイーツ東京都内稼げるエリア|Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア地域・配達員登録【まとめ】

今回は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「東京都内23区」で稼げるエリアを解説してきました。

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用して、「商品の注文」をしたい人は、下にリンクを貼った関連記事に「商品の頼み方・注文方法」を記載しましたので、興味がある人は、あわせてチェックしてみて下さい。

UberEats「商品の注文方法・頼み方」

注意
紹介している情報は、2020年2月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。
評判 口コミ アースカー 登録方法 オープンカー 高級外車 カーシェアリング 予約方法 FC契約 始め方 アプリ 使い方 副業 利用方法 オーナー 登録 駐車場 シェアサービス 特P 特ピーアースカー評判・口コミ|カーシェアリング登録方法・高級外車予約・オープンカー・FC始め方・使い方・オーナー登録・副業利用方法

「OYO LIFE」口コミ・評判|オヨライフ賃貸不動産物件

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録