【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ウーバーイーツ配達区域・配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外

ウーバーイーツ 配達区域 配達圏内 サービスエリア 対象外 範囲外 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」を利用するには、「アカウント登録(ユーザー登録)」が必須となってきます。

これから、「配達パートナー(配達員)」として「配達の業務」をしたい人や、「注文者」として「商品の注文」をしたい人は、まずは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アカウント登録(ユーザー登録)」を完了させるようにして下さい。

UberEats「ユーザー登録」

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・配達員・注文方法

uber eatsとは ウーバーイーツとは

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」として認定されている「地域」や「エリア」について、解説していきます。

具体的に、どこの「地域」や「都道府県の市区町村」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」として認定されているのかを、調べましたので、興味がある人は確認してみて下さい。

どこの「都道府県の市区町村」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」に認定されているのかの「結論」を知りたい人は、下にリンクを貼った関連記事を、チェックしてみて下さい。

UberEatsサービスエリア「市区町村の一覧リスト」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、アメリカの「個人タクシーの配車プラットフォーマー」である「ウーバーテクノロジーズ(Uberと呼ばれています)」が開発した「自動車配車アプリケーション」から派生する形で誕生した「注文アプリケーション」が活用されている「フードデリバリー・サービス(出前サービス)」となります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に「アカウント登録(ユーザー登録)」を行い、「ログイン」をした「公式サイト」や「公式アプリ」から、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に加盟している「レストランパートナー(飲食店)」に、商品の注文が出来たり、「配達パートナー(配達ドライバー)」として「配達の業務」が出来たりします。

UberEats「商品の頼み方・注文方法」

Uber Eats(ウーバーイーツ)サービスの特徴

  1. 「UberEats」では「GPS機能」があるので「外出先からの注文が可能」
  2. 「UberEats」には忙しい人の為の「事前予約機能」が搭載されている
  3. 「UberEats」では「アプリ」から、リアルタイムの「配送状況」を確認できる
  4. 「UberEats」では「機械学習(AI)」による「あなたへのおすすめ料理」を提案してくれる
  5. 「UberEats」は「クレジットカード払い」なので、現金払いの煩わしさがない

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・始め方・使い方

Uber Eats UberEats ウーバーイーツ エリア 地域 京都府 京都市

基本的に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文」や「配達」は、どこの場所でも出来るわけではなく、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「運営サイド」が認定した「サービスエリア(対象エリア)」と呼ばれる「対応地域」でのみ、「商品の注文」や「商品の配達」が出来るようになっております。

つまり、この「サービスエリア(対象エリア)」の中に、「配達パートナー(配達ドライバー)」や「注文者(ユーザー)」本人が入っていないと、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」を利用することができないようになっているのです。

2016年9月に「東京エリア」でスタートした「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」は、最近になって徐々に増え始めており、2020年2月には「広島市の一部地域」も、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」として認定されました。(※東京都内の23区に関しては、2020年2月現在、全ての区で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスが利用可能になりました)

ただし、まだまだ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」は、「大都市近郊」や「都市部」に固まっているため、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」を利用したくても利用できない人の方が、多いのが現状です。

今後、日本でも「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」は拡大していく予定ですが、自分が今住んでいる「地域」や「エリア」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア外」である人は、これから「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」として認定されるようになる日を、気長に待つようにしましょう。

なお、現在の「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「最新のサービスエリア」については、下にリンクを貼った関連記事に、「一覧リスト」を掲載しておりますので、興味がある人は、そちらをチェックしてみて下さい。

「一覧リスト」には、「都道府県別」に「サービスエリアとして認定されている市区町村」と「サービスエリア外の市区町村」を分けて記載しています。

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・配達員・注文方法

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」には、「①注文者(ユーザー)」「②レストランパートナー(飲食店)」「③配達パートナー(配達員)」の「3者」の存在があり、それら「3者」を「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「システム」がマッチングしてくれる、新しい「フードデリバリーサービス(出前サービス)」となっています。

Uber Eats「仕組み・ビジネスモデル」

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達ドライバー)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」自体に雇用されているわけではありません。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に登録をして「配達の業務」をしている「配達パートナー(配達ドライバー)」の人達は、実は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは雇用関係を結んでおらず、完全に独立した「個人(個人事業主)」として、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が外部委託をする「配達の業務」を、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の代わりに請け負う形で働き、報酬の一部を貰っていることになっています。

⇒「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達員」を会社にバレずに副業としてやる方法

ここで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が手掛ける「フードデリバリーサービス」と、一般的な「出前サービス」の違いを、表で整理してみましたので、知りたい人は、下にリンクを貼った「関連記事」を、確認してみてください。

UberEatsと一般的な出前サービスの違い

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・配達員・注文方法

「UberEats(ウーバーイーツ)」には「システム自体(プラットフォーム)」にも「営業時間」が決められております。

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・エリア拡大予定・対象地域・対応エリア

「UberEats(ウーバーイーツ)」の「システム自体」の「営業時間」は、「サービスエリア毎」に異なっており、例えば「東京エリア」の「営業時間」は、以下の通りとなっています。

営業時間 8:00~25:00

東京エリア
東京都豊島区文京区新宿区台東区
千代田区渋谷区港区目黒区
中央区墨田区江東区品川区

営業時間 9:00~24:00

東京エリア
東京中野区北区杉並区板橋区
練馬区世田谷区大田区足立区
荒川区江戸川区葛飾区

ウーバーイーツ都道府県・都市・配達エリア都内だけ・エリア拡大予定・配達員(配達パートナー)【まとめ】

さて、最後に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」を、自分自身で確認する方法について、説明しておきます。

ただし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文者」としての「アカウント登録(ユーザー登録)」が、まだ完了していない人は、先に「アカウント登録(ユーザー登録)」を完了させて、「公式サイト」や「公式アプリ」から、ご自身の「マイページ」に「ログイン」出来る状態にしておいてください。

uber eats ウーバーイーツ 注文者 ユーザー 登録方法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「登録サイト」から「注文者」としての「アカウント登録(ユーザー登録)」が完了すると、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」や「公式アプリ」から、ご自身の「マイページ」に「ログイン」出来るようになります。

まずは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」や「公式アプリ」から、「マイページ」に「ログイン」を行い、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のトップ画面に表示されている「検索窓」に、「サービスエリア」かどうかを調べたい「都市名」や「住所」を打ち込んで、その住所や都市が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」に認定されているかどうかをチェックしてみましょう。

uber eats ウーバーイーツ ユーザー 注文者 登録

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式アプリ」や「公式サイト」の「検索窓」に、調べたい「都市名」や「住所」を入力して、検索をしてみると、入力した「住所」や「都市名」の地域が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」として認定されている場合は、画面に、その地域で注文が出来る「レストランパートナー(飲食店)」の「一覧リスト」が表示されるようになっています。

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 確認方法

ただし、入力した「都市名」や「住所」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(対象エリア)」に認定されていない場合(サービスエリア外の場合)には、画面に「その地域ではまだサービスを展開しておりません」というような文言が表示されるようになっています。

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 地域 確認する方法

このように、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」や「公式アプリ」の「検索窓」に入力した「住所」や「都市名」により、その「地域」や「エリア」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内」か「サービスエリア外」かを理解できるようになっていますので、確認したい地域がありましたら、試しに上記の方法で、チェックしてみて下さい。

「サービスエリア拡大予定」を確認する

ウーバーイーツ配達区域|UberEats配達圏内・サービスエリア対象外・範囲外・始め方・使い方【まとめ】

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」が利用できる「サービスエリア(対象エリア)」の調べ方について、解説しました。

調べたい「地域」や「エリア」がある人は、是非、チェックしてみて下さいね。

UberEats「アカウント登録」まだの人

注意
紹介している情報は、2020年2月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。
評判 口コミ アースカー 登録方法 オープンカー 高級外車 カーシェアリング 予約方法 FC契約 始め方 アプリ 使い方 副業 利用方法 オーナー 登録 駐車場 シェアサービス 特P 特ピーアースカー評判・口コミ|カーシェアリング登録方法・高級外車予約・オープンカー・FC始め方・使い方・オーナー登録・副業利用方法

「OYO LIFE」口コミ・評判|オヨライフ賃貸不動産物件

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録