【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会・登録方法・始め方

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」を利用して、「注文者」として「商品の注文をしたい人」や、「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事をしたい人」のために、それぞれの「アカウント登録方法」の「登録の仕方」や「流れ」、「サービスの使い方」について、解説していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」始め方

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEatsとは(ウーバーイーツとは)

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

まだ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」を使ったことがない人で、「ウーバーイーツって何?」という人のために、まずは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」の「特徴」について、簡単に説明していきたいと思います。

まず大前提として、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」を使うためには、「注文者」または「配達員」としての「アカウント登録」をしておく必要があるという点です。

ですので、今後、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」を使って、「商品の注文」や「配達の仕事」を始めたい人は、利用したい側(もしくは両方)の「アカウント登録」を、事前に済ませておくようにして下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」って何?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」の「仕組み(ビジネスモデル)」は、「①ユーザー(料理を注文する人」「②レストランパートナー(料理を調理する人)」「③配達パートナー(料理を配達する人)」の「3者」を、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の革新的な「マッチング機能」により、繋ぎ合わせて展開される「フードデリバリーサービス(出前サービス)」となります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」に登録した「①~③」の人々のマッチングを、サービス上で行ってくれるのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「役割」となっています。

  1. ユーザー(注文者)・・・「料理を注文する人」
  2. レストランパートナー(飲食店)・・・「料理を調理する人」
  3. 配達パートナー(配達員)・・・「料理を配達する人」
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)・・・「①~③をシステム上でマッチングするサービス」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」ビジネスモデル

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEatsと一般的な出前サービスの違い

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」と、通常の出前サービスは、どこが違うのでしょうか?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」と、通常の出前サービスが違う点としては、基本的に、通常の出前サービスには、「最低注文金額」として、1度の注文で頼まなければいけない購入金額が定められているのに対して、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」には、「最低注文金額」自体がなく、「商品1個~」でも注文・購入することが出来る点があります。

また、通常の出前サービスであれば、「商品の配達」は、「お店の従業員」か、「出前プラットフォーム」が雇用した「従業員」が行うことが一般的ですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」では、登録した「個人(個人事業主)」が、「配達パートナー(配達員)」として「配達業務」を行ってくれています。

これにより、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」に加盟する「レストランパートナー(飲食店)」も、「配達用の従業員」を雇う必要がなくなるため、今まで「出前」をして来なかった「お店」も、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム(サービス)」に参加するようになり、「お店の種類」や「数」も、一般的な「出前サービス」よりも多様化・差別化することが出来るようになったことが、注文者のニーズと合致するようになってきたのです。

※「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人事業主」であり、「企業に雇用されている従業員」ではありませんので、その点は注意して下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」仕組み

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEatsの「配達パートナー(配達員)」とは

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録すると、「企業に雇用されている従業員」ではなく、完全に独立した「個人事業主」として、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が外部委託する「配達業務」を請け負う形で、報酬を貰うことになります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人事業主」となりますので、基本的には、自分で「確定申告」をして、「所得税」を納めなければなりません。

例えば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」を「専業」でやる人は、「確定申告」の義務が発生してきますし、「副業」でやる人でも、「給与所得と退職所得の合計金額が年間20万円以上」になると、こちらも「確定申告」をする義務が発生してきます。

このような手間も若干増えますが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になると、好きな場所で、好きな時間だけ、働くことが出来るようになる「メリット」も存在しますので、それらの特徴をしっかり理解した上で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録するようにして下さい。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は、「インターネット」からの「配達パートナーアカウントの作成」と、「パートナーセンターでの作成したいアカウント有効化手続き」の「2段階」の登録作業を、クリアする必要があります。

ですので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達業務」を始めたい人は、まずは「WEB(ウェブ)」から、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、自分専用の「配達パートナーアカウント」を作成するようにして下さい。

自分自身の「配達パートナーアカウント」が作れた人は、次は「パートナーセンター」と呼ばれる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業所へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」を、現場にいるスタッフの方にしてもらうと、後は、自分のタイミングで「配達の仕事」をスタートすることが出来るようになります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナーとは?

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会・登録方法・始め方

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」を利用して、「お店」から「商品を注文してみたい人」は、まず初めに「注文者」としての「アカウント登録」を完了させる必要があります。

この「注文者」としての「アカウント登録」が済むと、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」から、「商品」の「注文」が出来るようになります。

また「注文者」としての「アカウント登録」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になる時の「登録」とは別の「登録方法」になりますので、その点は、注意して下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」商品の注文方法・頼み方

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEatsアカウント登録方法

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文者」としての「アカウント登録」は、簡単に出来ますし、登録作業自体も、全て「インターネット」で完結します。(※アカウント有効化の手続きは、パートナーセンターで行います。)

この「注文者」としての「アカウント登録」が完了すると、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式アプリ」や「公式サイト」から、あなたの「マイページ」に「ログイン」が出来るようになり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス(プラットフォーム)」を利用して、「商品」の注文ができるようになります。

「注文者」としての「アカウント登録」のやり方については、下にリンクを貼った関連記事に、詳細なやり方を説明していますので、興味がある人は、確認してみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」アカウント登録の手順

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats注文者(ユーザー)登録方法

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「注文者」としての「アカウント登録」が、まだ完了していない人は、下に貼ったリンクの関連記事から、「登録サイト」にアクセスをして、まずは「注文者」としての「アカウント登録」を完了させて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」注文者の登録

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達パートナー登録方法

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「注文者」としてではなく、一方の「配達パートナー(配達員)」としての「アカウント登録」に関しても、簡単に説明しておきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって、「配達の仕事」をしていきたい人は、まずは「インターネット」から、「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、自分自身の「配達パートナーアカウント」を作ることから始めて下さい。

「配達パートナーアカウント」が作成できた人は、次は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター」と呼ばれる「事務所」へ行き、作った「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」を、現場にいる「スタッフの人」にしてもらうと、あとは自分のタイミングで「配達の仕事」をスタートすることが可能となります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達員の登録

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会・登録方法・始め方

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

では、ここからは具体的に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナーアカウント」が作れた後の「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化手続き」についても、簡単に説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」を開始したい人は、自分自身の「配達パートナーアカウント」を、「インターネット」から作成した後に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター」と呼ばれる「事務所」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の有効化手続きをしてもらうと、「配達の仕事」をスタートすることが出来ます。

この「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」が完了していないと、「配達の仕事」を始めることが出来ませんので、注意して下さい。

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達パートナーアカウント有効化

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「WEB(ウェブ)」から、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、自分自身の「配達パートナーアカウント」が作成できても、まだそのままの状態では、「アカウントが無効化」されているため、すぐには「配達の仕事」を開始できないようになっています。

ですので、「配達パートナーアカウント」が作れた人は、続けて「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター」と呼ばれる「事務所」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」を、現場にいるスタッフの人に「有効化」してもらって下さい。

この「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化手続き」の時に、同時に「配達の仕事」についての「業務内容の説明(登録説明会)」や、「配達の仕事」で使用する「配達用バッグ」の「貸し出し(レンタル)」も一緒にしてくれますので、「配達パートナーアカウント」を作成したら、なるべく早めに「パートナーセンター(事務所)」へ行き、「アカウントの有効化」をしてもらって下さい。

この「パートナーセンター(事務所)」での「配達パートナーアカウントの有効化手続き」へは、「予約不要」で行くことができ、「所要時間」も「約30分~40分」で完了しますので、「WEB(ウェブ)」から「配達パートナーアカウント」が作れた人は、なるべく早い段階で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター(事務所)」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」を、現場にいるスタッフの方に、有効化してもらって下さい。

「配達パートナーアカウントの有効化手続き+登録説明会」が終了すると、いよいよ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達の仕事」をスタートすることが出来るようになります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」パートナーセンター場所・営業日

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達パートナー登録会場の持ち物

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

100均ショップやAmazonなどで購入できる「サバイバルシート」があれば、「配達用バッグ」の中にできる「隙間」を埋める役目と、「サバイバルシート」自体が持っている「保温・保冷効果」により、商品の温度を一定に保ってくれる効果が期待できます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化&登録説明会」へは、いくつかの「準備物(持ち物)」を用意してもっていく必要があります。

用意する「準備物(持ち物)」については、下にリンクを貼った関連記事でも詳細に書いていますので、「パートナーセンター(事務所)」へ持っていく準備物を知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」登録説明会の持ち物

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達パートナー配達のやり方とコツ

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター(事務所)」へ行き、「アカウント有効化手続き+登録説明会」が完了すると、後は自分自身のタイミングで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達の仕事」を始めることが可能になります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になった後で、「配達の仕事」を始める場合、まずはスマホにインストールした「ドライバー専用アプリ(Uber Driverアプリ)」を起動して「オンライン」にすると、「注文者」からの「配達リクエスト(配達依頼)」が届くようになり、その「配達リクエスト(配達依頼)」を受けると、「配達の仕事」が開始されます。

また、その日の「配達の仕事」を終わらせたい時や、一時休憩したい時などは、起動している「ドライバー専用アプリ(Uber Driverアプリ)」を閉じて「オフライン」にするだけで、「注文者」からの「配達リクエスト」が入ってこなくなるので、「アプリ」を閉じている間は、「配達の仕事」を休むことが出来るようになっています。

また、少々別件とはなりますが、「ドライバー専用アプリ(Uber Driverアプリ)」として「配達の仕事」をする時の、持っていると便利な「アイテム」や「グッズ」を、下にリンクを貼った記事に、まとめていますので、興味がある人は、是非、チェックしてみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達員の持ち物

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会・登録方法・始め方

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達の仕事」をしたい人や、「注文者」として「商品の注文」をしたい人は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「運営側」が決めた「サービスエリア」と呼ばれる「配達可能エリア」の中に、「配達員」や「注文者」本人が入っている必要があります。

日本のサービスエリアは、まだまだ「都市部」や「都市近郊」に集まっていることが多いのですが、徐々に日本のサービスエリアも拡大していく予定ですので、まだ自分の住んでいる「地域」や「エリア」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア外」の場合でも、自分の地域が「サービスエリア」として認定される日を、気長に待つようにしましょう。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」サービスエリア一覧

注意
紹介している情報は、2020年1月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEatsサービスエリア・配達エリア拡大予定

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

ちなみに、日本での「サービスエリア拡大予定」が分かった時点で、下にリンクを貼った記事に、「最新のサービスエリアに指定された地域の情報」を載せていく予定ですので、興味がある人は、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」今後のエリア拡大予定

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達エリア・サービスエリア外

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

あと、自分自身で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリアを確認する方法」も、とても簡単でしので、説明しておきます。

まず、はじめの「注文者」としての「アカウント登録」が終わった時点で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式アプリ」や「公式サイト」から、「マイページ」に「ログイン」をすることが出来るようになりますので、「ログイン」をしてみて下さい。

まだ「注文者」としての「アカウント登録」が終わっていない人は、「マイページ」に「ログイン」が出来ませんので、先に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」から、「注文者」としての「アカウント登録」を済ませて下さい。

あと、自分自身の「マイページ」にログインできるようになったら、トップ画面の「検索窓」や「カテゴリー」から、好きなお店や好きな料理を探して、実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」を利用して、「商品」を注文してみましょう。

「検索窓」に入力した「都市名」や「住所」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内の地域」の場合は、注文可能な「レストラン(飲食店)」の一覧が表示されますが、「サービスエリア外の地域」の場合は、画面に「その地域ではまだサービスを展開しておりません」という文言が表示されるようになっていますので、この方法で、調べたい場所が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア」かどうかを判断することが出来ます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」サービスエリア外の地域

ウーバーイーツ登録の仕方|対応地域・対応エリア・配達範囲・登録会・登録方法・始め方【まとめ】

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達の仕事」を開始したい人や、「注文者」として「商品の注文」がしたい人のための「アカウント登録方法」や「サービスの始め方・使い方」に関して、解説してきました。

まだ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アカウント登録」をしていない人で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービス」を利用してみたい人は、下にリンクを貼った「関連記事」に、「登録サイト」を載せておきますので、確認してみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」アカウント登録

ウーバーイーツ登録の仕方・登録方法|UberEats配達パートナー登録方法

ウーバーイーツ 登録の仕方 対応地域 対応エリア 配達範囲 登録会 UberEats Uber Eats

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「企業に雇用されている従業員(アルバイト・パート・正社員など)」ではなく、企業からは完全に独立した「個人事業主」という立場になります。

「個人事業主」になると、「確定申告」をして、自分で税金を納めることも出てきます。

もし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」を「副業」でやってみたい人は、「本業」の「会社」に、「副業」をバレにくくする方法が存在しますので、こちらのチェックしてみて下さい。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」副業は会社にバレない?

評判 口コミ アースカー 登録方法 オープンカー 高級外車 カーシェアリング 予約方法 FC契約 始め方 アプリ 使い方 副業 利用方法 オーナー 登録 駐車場 シェアサービス 特P 特ピーアースカー評判・口コミ|カーシェアリング登録方法・高級外車予約・オープンカー・FC始め方・使い方・オーナー登録・副業利用方法

「OYO LIFE」口コミ・評判|オヨライフ賃貸不動産物件

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録