これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ベンチャーキャピタルと株式投資型クラウドファンディングの違い

ベンチャーキャピタル クラウドファンディング 違い

ベンチャーキャピタルと株式投資型クラウドファンディングの違い

「ベンチャーキャピタル」と「株式投資型クラウドファンディング」の違いについて、解説していきます。

ベンチャーキャピタルとは

「ベンチャーキャピタル(VC)」とは、「ハイリターン」を狙ったアグレッシブな投資を行う「投資会社(投資ファンド)」のことを呼びます。

「ファンド」とは、「資金」や「基金」という意味があり、「投資ファンド」というと、「投資信託」のことを指します。

一般的な「ファンド(投資信託)」では、不特定多数の投資家から集めた資金を、1つの大きな資金としてまとめ、「運用の専門家」が、「株式」や「債券」などの金融商品を使って運用し、運用成果が、投資家それぞれの投資額に応じて、分配される仕組みになっています。

これに対し、「ベンチャーキャピタル」では、「ファンド」を組成し、投資家からファンドに集まった「資金」を使って、「未上場」の企業へ投資を行います。

そして最終的に、「上場」や「M&Aでの事業売却」によって、回収した資金を、投資家に分配する仕組みになっています。

「ベンチャーキャピタル」は、投資した企業が成長しなかった場合、その投資は失敗となり資金を回収できませんので、そうならないように、ベンチャーキャピタル自身が、投資先企業の成長支援も行います。

成長支援の方法はベンチャーキャピタルごとに異なり、社内メンバーとして「プロの投資家」が参加する場合もあれば、外部で「コンサルティング」を行う場合もあります。

「ベンチャー企業」が、「ベンチャーキャピタル」から「資金提供」を受けるためには、銀行の融資審査のように、ベンチャーキャピタルとの「面談」などの厳しい審査を通過して、将来、「上場」や「事業売却」ができる企業まで成長する企業だということを、「ベンチャーキャピタル」に、認められなければなりません。

株式投資型クラウドファンディングとは

「株式投資型クラウドファンディング」とは、インターネットを介して、不特定多数の「個人投資家」から、少額ずつの資金を集め、まだ上場していない「ベンチャー企業」へ、まとまった資金を出資するサービスのことです。

「個人投資家」は出資した見返りとして、その企業の「未公開株式」を受け取ることが出来ます。

投資した「ベンチャー企業」が「IPO(新規公開株式)」に成功すると、個人投資家は、投資額に応じた「株式の売却益(キャピタルゲイン)」が手に入ります。

「ベンチャー企業」が、「投資型クラウドファンディング」で「資金調達」することは、「ベンチャーキャピタル」から資金を提供してもらうよりは、比較的、簡単です。

「株式投資型クラウドファンディング」の「運営会社」の審査に通過すれば、資金調達が開始されます。

ベンチャーキャピタルと株式投資型クラウドファンディングの違い

「ベンチャーキャピタル」では、「投資家」が「シンジケート(企業により協定・連携)」を組み、投資したベンチャー企業に対して、「経営」や「戦略」などのアドバイスをしたり、「取締役会」を開いたりすることが出来ます。

つまり「お金も出しますが、経営に対しても口を出すのが、ベンチャーキャピタル」ということになります。

また「ベンチャーキャピタル」から「資金調達」を行いたいと考えている「ベンチャー企業」には、「ビジネスの初期段階」で、まとまった「資金」を調達しなければいけないニーズがある企業がほとんどで、さらに、「ベンチャーキャピタル」に所属している「投資家」の「ネームバリュー」を利用して、自分たちが作った「サービス」を宣伝できる「メディア効果」もあると言われています。

一方、少額でも構わないので、すぐに「資金」が欲しい場合は、「株式投資型クラウドファンディング」を利用することになります。

例えば「株式投資型クラウドファンディング」では、「ベンチャー企業」が事業を進めながら、必要に応じて資金調達を行うことが可能です。

「株式投資型クラウドファンディング」を利用すると、ビジネスのフェーズに応じて、段階的に資金調達ができることから、「ベンチャー企業」が、資金調達で失敗してしまうリスクを、下げることが出来ます。

「株式投資型クラウドファンディング」では、「ベンチャーキャピタル」のように、経営に口を出されることはありませんが、不特定多数の投資家に対して、常に「情報開示」や「発信」を行わなければなりません。

「株式投資型クラウドファンディング」は、素早く資金を集めて、不特定多数の株主のリアルな反応を得ながら、事業を進めていきたい時には便利ですし、「ベンチャーキャピタル」は、逆に「プロの投資家」から「アドバイス」を受けながら、死に物狂いで事業を成長させて、「上場」や「事業売却」を達成したい時には、大変便利になります。

ベンチャーキャピタルと株式投資型クラウドファンディングの違い

ベンチャーキャピタルと株式投資型クラウファンディングの違い
手段 ベンチャーキャピタル 株式投資型クラウドファンディング
メリット

・不特定多数の投資家から資金を集めることができる

・プロの投資家からのノウハウやアドバイスが貰える

・多くの資金が集まる

・投資家のネームバリューによる「メディア効果」がある

・不特定多数の投資家から資金を集めることができる

・経営に口出しされずに済む

・素早く資金が集まる

・大多数の末端消費者をターゲットとしたコンシューマー製品に向いている

デメリット

・プロの投資家が経営に口出しするようになる

・上場へのプレッシャーが大きくなる

・経営判断などは、自らが行っていかなければならない

・資金調達の回数が多くなる

投資の出口

・IPO(新規公開株)

・M&Aでの事業売却

IPO(新規公開株)

・M&Aでの事業売却

「ベンチャーキャピタル」と「銀行」の違い

「ベンチャーキャピタル」と「銀行」は、どちらも「資金」を提供するという機能においては、同じ役割を担っていますが、両社には、大きな違いがあります。

「銀行」は「担保」をもとに「融資(返済しなくてはいけないお金)」を行い、借入した「企業」は、最終的には「元本の返済」にプラスして「利息」も返済しなければなりません。

これに対して「ベンチャーキャピタル」は、ベンチャー企業の創業期に、その企業の成長を見込んで、「出資(返済しなくてもよいお金)」をするため、銀行の「融資」と異なり、将来の「返済義務は発生しない」のですが、「利益配当請求権」を行使し、将来的な「配当金」の回収などが行えます。

※利益配当請求権とは、株式会社の株主が持つ権利の1つであり、企業の利益の分配である配当を受け取ることができる権利のことを言います。

ワンポイント
  • 「銀行」は「担保」をとって「融資(返す必要のあるお金)」を行い、将来的に「企業」は、「元本+利息」を返済しなければならない。
  • 「ベンチャーキャピタル」は、「担保」を取らずに「出資(返す必要のないお金)」を行い、将来的に「企業」は、「配当金」や「株式の売却益」で還元しなければならない。

まとめ

今回は「ベンチャーキャピタル」と「株式投資型クラウドファンディング」の違いについて解説しました。

株式投資型クラウドファンディングは、気軽に始めることが出来るので、是非、挑戦してみてください。