これからは「個人で稼ぐ時代」です。

投資型クラウドファンディングのデメリットとは

投資型クラウドファンディング デメリット

投資型クラウドファンディングのデメリットとは

「株式投資型クラウドファンディング」の「デメリット」について、解説していきます。

そもそも「クラウドファンディング」とは、どういう意味なのでしょうか?

クラウドファンディングとは

「クラウドファンディング」とは、「インターネット」を使って、不特定多数の人から、少額ずつの資金を調達する「仕組み」や「サービス」のことです。

「クラウドファンディング」という言葉は、「crowd(群衆)」と「funding(資金調達)」を組み合わせた「造語」になります。

実は、この「クラウドファンディング」は、大きく分類すると、「3種類」に分類され、この「3種類」の中の「1つ」が、「投資型クラウドファンディング」と呼ばれる種類の「クラウドファンディング」となるのです。

クラウドファンディングとは 寄付型クラウドファンディングとは 投資型クラウドファンディングとは 購入型クラウドファンディングとは 図解 ソシャレン

上の図の、赤の塗りつぶし部分が「クラウドファンディング」の「3分類」になります。

クラウドファンディングの3分類

  1. 寄付型クラウドファンディング
  2. 投資型クラウドファンディング
  3. 購入型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディング

「寄付型クラウドファンディング」とは、主に「募金」や「寄付」を行うための「クラウドファンディング」です。

資金提供の「リターン」は、「特にない」のが一般的で、寄付や募金が、主な目的となります。

「Yahooネット基金」などが「寄付型クラウドファンディング」としては、有名です。

購入型クラウドファンディング

「購入型クラウドファンディング」とは、主に、「支援」や「物品の購入」を行うための「クラウドファンディング」です。

資金提供の「リターン」は、「モノ」や「サービス」が、ほとんどです。

「購入型クラウドファンディング」では、「金融商品の取扱い」は一切なく、「支援したいプロジェクト」や「購入したい物品」のために、資金を提供します。

「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」などが「購入型クラウドファンディング」としては、有名です。

投資型クラウドファンディング

「投資型クラウドファンディング」とは、主に「融資」や「貸付」を行うための「クラウドファンディング」です。

資金提供の「リターン」は、「分配金」や「金利」や「株式」などの「金融商品」になります。

「投資型クラウドファンディング」では、唯一、「金融商品」が取り扱われ、「分配金」「金利」「株式」などを得るために、資金を提供します。

「FUNDINO(ファンディーノ)」「SBIソーシャルレンディング」「Funds(ファンズ)」などが「投資型クラウドファンディング」としては、有名です。

投資型クラウドファンディングの特徴とデメリット

では、「投資型クラウドファンディング」について、さらに詳しく見ていきたいと思います。

投資型クラウドファンディングの特徴

「投資型クラウドファンディング」とは、お目当ての「企業」や「プロジェクト」に、個人投資家が「事業者」を介して、間接的に「融資」や「貸付」を行うことで、リターンとして「分配金(配当金)」「金利」「株式」などの見返りが貰える、「クラウドファンディング」サービスです。

「3つ」の「クラウドファンディング」の中では、唯一、「金融商品の取扱いがある」のが、この「投資型クラウドファンディング」となります。

そのため、「クラウドファンディング」の中でも、「投資型クラウドファンディング」だけが、「資産運用」としての意味合いを持っており、上手に運用できれば、利益を上げることも出来ます。

なぜ「投資型クラウドファンディング」が生まれたのか?

世の中には「成長力」があるのに、金融機関から満足できる「融資」が受けられないがために、「継続的」な発展・成長ができない企業が、たくさん存在します。

財務的には、健全でも、「創業年数が浅い企業」や「借り入れが少額、借入期間が短い企業」「十分な担保がない企業」などは、銀行から融資を受けられないことが多いのです。

このような時に、「投資型クラウドファンディング」を使うと、返済利息は若干高くなりますが、「担保がない企業」や「創業年数が浅い企業」など、「金融機関の融資審査が通りにくい企業」でも「事業資金」を「融資(または出資)」してもらうことが出来るのです。

「創業年数」や「担保の有無」に縛られない「融資審査の基準」が「投資型クラウドファンディング」にはあるのです。

投資型クラウドファンディングの3分類

1口に「投資型クラウドファンディング」と言っても、「投資型クラウドファンディング」の中でも、実は、様々な種類に分けることができますので、今回は、代表的な「3種類」の「投資型クラウドファンディング」について、解説していきます。

  1. ファンド投資型クラウドファンディング
  2. 融資型クラウドファンディング
  3. 株式投資型クラウドファンディング

クラウドファンディングとは 寄付型クラウドファンディングとは 投資型クラウドファンディングとは 購入型クラウドファンディングとは ソーシャルレンディング 図解 ソシャレン

ファンド投資型クラウドファンディング

「ファンド投資型クラウドファンディング」とは「事業投資型クラウドファンディング」とも呼ばれています。

「ファンド投資型クラウドファンディング」は、「ビジネス」や「事業」に、「事業者」を通じて「出資」し、出資したビジネスや事業が、「利益」を上げた場合に、「分配金(配当金)」として、出資者に、お金が配られる仕組みとなっています。

また「ファンド投資型クラウドファンディング」では、出資した「ビジネス(事業)」の「実績」や「成果」が上がれば上がるほど、出資者が得られる「分配金(配当金)」の「利率」が、変動して「上昇」していきます。

つまり、出資したビジネスが好調だと、出資者も得をするような仕組みになっているのですが、出資したビジネスが不調に陥ると、「分配金(配当金)」の「利率」も減少し、それが続くようだと、最初に出資した「元本」を割ってしまうリスクも、持ち合わせているのが、「ファンド投資型クラウドファンディング」の特徴です。

ファンド投資型クラウドファンディング 融資型クラウドファンディング ソーシャルレンディング 違い

ファンド投資型クラウドファンディングのデメリット

  • 基本的に「元本」は戻ってこない
  • 貰える「分配金」は、事業の実績で変動する
  • 出資先の利益が悪いと、元本を大きく減らしてしまうリスクがある
  • 出資先が「デフォルト(債務不履行)」になると、その時点で分配金が貰えなくなる

融資型クラウドファンディング

「融資型クラウドファンディング」とは、「ソーシャルレンディング」とも呼ばれています。

「ソーシャルレンディング」という言葉の方が、「融資型クラウドファンディング」よりも、広く知られているので、一般的な呼称となります。

この「ソーシャルレンディング」は、「ビジネス」や「事業」に、「ソーシャルレンディング事業者」を通じて「融資」をし、最初に定められた「利率」の「分配金(配当金)」を、「償還期限」までの間、毎月貰える仕組みとなります。

ファンド投資型クラウドファンディング 融資型クラウドファンディング ソーシャルレンディング 違い 違う

「ファンド投資型クラウドファンディング」と、この「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」は、「ビジネス(事業)」に投資するという点は一緒ですので、よく混同されることが多いのですが、この「2つ」には、以下のような違いがあります。

「ファンド投資型」と「融資型(ソシャレ)」の違い

名前 ファンド投資型クラウドファンディング ソーシャルレンディング
分配金の「利率」 実績により「変動する」 最初から「固定されている」
元本の償還期限 償還期限はない(元本は戻ってこない) 償還期限がある(元本は戻ってくる)
資金提供の形 出資(元本は戻らないという意味) 融資(元本が戻ってくるという意味)
元本保証 元本保証はない(デフォルトの可能性もある) 元本保証はない(デフォルトの可能性もある)
利率が「変動する」か「固定されている」かの違い

上の表を見てもらえばわかるのですが、まず「ファンド投資型クラウドファンディング」と「ソーシャルレンディング」の大きな違いは、「分配金(配当金)」の「利率」が「変動する」か「固定されている」かの違いがあります。

「ファンド投資型クラウドファンディング」の方が、「分配金(配当金)」の「利率」が、変動するので、「大きく利益が上げられる可能性」がある分、「元本を割り込み、大きく損失を出してしまう可能性」もあり、「リターン」も「リスク」も、どちらとも大きくなります。

一方「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」では、「分配金(配当金)」の「利率」は、固定されているので、最初から定められた「利率」で、「分配金(配当金)」が、配られるため、「リターン」も低くはなりますが、「リスク」も、抑えることが出来ます。

資金提供の形が「出資」か「融資」かの違い

「ファンド型クラウドファンディング」での資金提供は「出資」となります。

「出資」とは「返さなくてよいお金」のことです。

一方、「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」での資金提供は「融資」となります。

「融資」とは「返さなくてはいけないお金」のことです。

つまり、基本的に「ファンド型クラウドファンディング」では、償還期限がなく、「元本」が戻ってこないのですが、「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」では、償還期限があり、期限が過ぎると「元本」が戻ってきます。

「償還期限(しょうかんきげん)」とは、「元本が戻ってくる日」のことです。

ですので、リスクの面では「ファンド型クラウドファンディング」の方が「大きく」、「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」の方が「小さい」と言えるでしょう。

共通点は?

「ファンド型クラウドファンディング」では、償還期限がないため、「元本」が戻ってこず、「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」では、償還期限があり、期限が過ぎると「元本」が戻ってくると説明したのですが、実は、両方とも、基本的には、「元本保証」はありません。

「元本保証がない」ということは、「事業者」が、個人投資家から集めたお金を「出資(または融資)」している先の企業の、「担保をとっていない」ということです。

「担保」をとっておくと、万が一、「デフォルト(債務不履行)」してしまった場合は、「担保」を売却して、元本が保証できますが、「投資型クラウドファンディング」では、事業者が「担保を取らずに、資金を提供している」ため、「元本保証」がないのです。

つまり「融資先」や「出資先」が「デフォルト(債務不履行)」になってしまった場合、その時点で、「分配金(配当金)」は停止し、「ソーシャルレンディング」であったとしても、元本は戻ってこなくなります。

以上のことから、これら「投資型クラウドファンディング」の「最大のリスク」は、出資や融資した企業の「倒産」ということになってしまいます。

「投資型クラウドファンディング」では、いかに「倒産」しない企業やプロジェクトを見極められるかが、成功と失敗を分ける、境界線となります。

ソーシャルレンディングのデメリット

  • 貰える「分配金」の「利率」が固定されているため、「リターン」が少ない
  • 出資先が「デフォルト(債務不履行)」になると、分配金と元本がなくなる

株式投資型クラウドファンディング

「株式投資型クラウドファンディング」とは「未公開株式クラウドファンディング」とも呼ばれています。

この「株式投資型クラウドファンディング」は、「上場前(未上場)の企業」へ、「事業者」を通じて「出資」をすることで、資金提供の見返りとして、その会社の「未公開株式(未上場株)」を、貰える仕組みとなります。

日本の株式投資といえば、「東京証券取引所」などに「上場」している「上場企業の株式」を「売買する」のが、一般的ですが、「株式投資型クラウドファンディング」では、まだ「未上場のベンチャー企業」などへ投資をすることで、「分配金(配当金)」の代わりに、「未公開株式(未上場株)」を手に入れることができるのです。

株式投資型クラウドファンディング 投資家 FUNDINNO ファンディーノ 株式

株式投資型クラウドファンディングの特徴

「株式投資型クラウドファンディング」には、「融資型」や「ファンド投資型」にあった「分配金(配当金)」という、直接的な「金銭リターン」はありません。

「株式投資型クラウドファンディング」には、直接的な「金銭のリターン(分配金)」がない代わりに、「未上場企業」の「未公開株式(未上場株)」を、貰うことが出来るのです。

つまり「株式投資型クラウドファンディング」では「株主優待」「配当」「IPO(新規株式公開)による売却益」が、「リターン」となるのです。

※投資する会社は、会社として成熟していない、未上場企業となるために、「株主優待」や「配当」は、まだない企業が、ほとんどです。

特に、「IPO(新規株式公開)による売却益」は、「融資型」や「ファンド投資型」のリターンを、大きく上回る可能性があり、「株式投資型クラウドファンディング」の大きな魅力となっています。

つまり、ベンチャーキャピタルなどが行っている「エンジェル投資」を「個人投資家」の少額資金でも、出来るのが「株式投資型クラウドファンディング」なのです。

ただし、「未上場企業(ベンチャー企業)」の「未公開株式(未上場株)」が、IPO(上場)できるかどうかは、かなり確率が低いです。

株式投資型クラウドファンディングのデメリット

  • 未公開株を売却するマーケットがなく、途中で売却ができない
  • 未上場企業が上場できる確率は、限りなく低いので、難しい
  • ベンチャー企業には「株主優待」「配当」がないところが多い
  • 配当などの定期的な「インカムゲイン」がない
  • 上場までに倒産すれば、取得した株はゴミになってしまう

「株式投資型クラウドファンディング」において、ベンチャー企業が、豊富な資金を持っているとは考えにくいので、そうなると「株式投資型クラウドファンディング」で投資した場合の、主な収益は、やはり「上場時の売却益」となるでしょう。

「株式投資型クラウドファンディング」で投資して得られる「未公開株(未上場株)」は、売買マーケットがないために、「途中売却」が出来ません。

ですので、「株式投資型クラウドファンディング」で投資する場合、取得した会社の「未公開株式(未上場株)」が、将来、本当に上場できるのか?といった視点が、とても重要になってくるのです。

つまり、「株式投資型クラウドファンディング」を行う「個人投資家」は、プロの「ベンチャーキャピタル」と同じ、視座と視点を持って、投資先を選んでいく必要があるのです。